フィギュアスケート語りブログ。男子シングルを羽生選手中心に応援しています。

フィギュアスケートと他の何か



今頃!?

と画面前で驚いた皆様…今頃です!どうだ!驚いただろ!すみません。調子に乗りました。
私、前にも書きましたがこのテのレビューは長くなる傾向があるので、たっぷりと時間があるときじゃないと書けないのですよ。このくらいで驚いちゃ困ります。まだまだ控えてるんですからね…。お友達と何か、とかね!

これからもどんどん雑誌が発売されるし、試合もあるし…で追いつくのかこれwとか我ながら思いますが、まったりといきたいと思いますのでお付き合いのほどよろしくお願いします。

というわけでレビューいきまーす。

なるべく表紙から目を逸らしつつ(萌えちゃうからw萌えつきちゃうから!)表紙をめくり次のページをめくって、超びびった!

blog13-9-30-2.jpgこれとこれがblog13-9-30-1.jpg

同一人物とか!結弦、恐ろしい子…!

見開き羽生くんに恐怖を覚えつつさらにページをめくり、女子力高すぎな羽生くんの笑顔に「女子力高い男子って地味に女子の生きる価値を奪ってるな!」とさらに恐怖を覚えました。では女子は男子力を高めなくてはいけないわけですね、人間ってなんて面倒なんでしょうか、次に生まれ変わったら羽生くんが履くスケート靴になりたいです。

・6月(ドリーム・オン・アイス公演後のインタビュー)

○世界選手権のこと、すっごい悔しかったですし
○でも、悔しかったです。本当に!悔しかったです。
○そのことを実感して、悔しくて、悔しくて



冒頭でこれだけ悔しがっている…しかも世界選手権の話です。3ヶ月前の。ということは当時はすっっっごく悔しかったんだろうなあ、たぶん見えないところで…。

「ねえ!プーさん聞いて!もう~~~~~俺!本当に悔しくって悔しくって!!悔しくって、もう~~~~~本当に悔しくって!!プーさん聞いてる!?」

とか安定感ありまくりなプーさんに当たりまくってたかもしれません。しかしそこはさすがにプーさん、あの不変な表情で悔しがる羽生くんを受け止めるわけです。やっぱり私、スケート靴よりプーさんになりたいです。全てを受け止めてあげる…!かかってこいや!

以前の「全力」は、「全力でやろう!」と考えてやったものではなく、ただ本当に一生懸命やってきて、ずっとやってきて、いつの間にかこんな風になってたんです。


だからと言って「命をかけるような」全力や「体力使い果たすような」全力はやらなくていいんですよ!そこは具体的にしなくていいですから!
まあ、でも「流す」ということも必要だとは感じますね。ただフィギュアというスポーツの性質上、ちょっと難しいところがあるのは否めない。陸上競技でたとえば勝利を確信したボルトが最後流したとしても叩かれないませんが、勝利を確信したからといってフィギュアでそれをやったら……。怖いわー色々と。

去年のシーズンは色々な経験をしたから、今年はきっとそれらが活かされると信じています。やっぱり苦労って大事よ。もっとも苦労だけして学習能力なくちゃだめだけどw

大学生になったら、なんだかさらに疲れるようになったんですよ。


気のせいです。少なくとも大学生になったらとかは関係ないと思うよ!もし疲れるとしたら違う要素だと思います!

そういえば「ゆづる」という動詞があるとか「ゆづる」→「バテる」という意味で使ってるらしい。ちなみに「明子る」→「頑張る」「大輔る」→「チキンになる」という意味らしい。…最後の大丈夫なの?といらん心配をしてしまうわね!ところでこれらは日本女子ファンブック2013に載ってるらしいです。でも女子の方までは手を出さないわよ!意地よ!たとえ見開き羽生くんが載ってても断固買わないわよ!意地よ!

もちろん、「初めてのオリンピック」だねって見方もあるかもしれない。でも僕の中では、初めても2回目も関係なく、オリンピックはオリンピック!


2回目も出られるなんて保証はないからね!羽生くんの実力はファンが一番信頼しているところですが、未来は誰にもわかりません。その時その時を全力で生きるだけです。うわ、イイこと言った、私!その時その時を怠惰で生きる私が言っちゃった!

・中庭健介VS田村岳斗~日本男子黄金時代を読む(前編)~

前編かい!と突っ込みたいね!全く足元見やがって…みたいな。さてこちらのお二人の対談は面白かったですよ~。突っ込み甲斐あってネタにできて嬉しいわ~。指田さんの記事は真面目すぎてネタにできるところがないの…。真面目な人って迂闊にいじれないから困っちゃうわ、まさか記事のレビューにまでそれが適用されるなんて想定外よ!

さてこのお二人、前半シーズンの印象は高橋VS羽生だそうです。まあ確かに印象深かったわ…。今年はもっと凄まじいことになりそうですがね…。
特に印象深かったのが全日本選手権。あれはね~!色々な意味で忘れらないわ!先輩の演技はもう最高でしたが今だってリピりますからね、でもどうもフィギュアという競技の順位の決め方知らない人達が多くて!そして過去の試合を忘れてる人たちも多いようで!無知と健忘症の恐ろしさをまざまざと思い知らされました。私も気をつけなくっちゃ!

個人的に印象的だったのは羽生くんの演技が終わった後の、先輩のカメラに抜かれた表情かな…。あの表情は「これはやばいかな…」と言っていたと個人的に思ったんですけどね。
フリーで完璧な演技をしたのにショートで点差をつけられて僅差で巻き返せませんでした。先輩のショートの変更はこのことも大分影響したんじゃないかと個人的には思います。その判断が正解かだったかどうかは分かりませんが。

中庭「これをここでできるって、ゆづはいくつなんだ?18歳か!と」


ここでも年齢詐称疑惑が語られておる…!話が合いそうですね、今度居酒屋でそこのところをじっくり語り明かしませんか。断りますか、そうですか。

好敵手と書いてライバルと呼びます。全日本男子の快進撃の影には、競い合うライバルの存在は欠かせないと思うのです。ところがこれが世界でトップを狙うとなると弱点になるのよね~。っていうか日本選手は不器用すぎんのよね!もっとうまくやってもいいと思うの!でも世論が許さんわなw男女の世界王者が少し嫌われ気味なのはこういうところかも。
でもトップを狙うってどこの世界でも多かれ少なかれそういう部分があると思うんだけどな。綺麗なものばかり見ていたい気持ちは分かるけどさあ…。

※羽生選手も、日野選手と田中選手に「早く4回転跳べよ!」とけしかけてましたよ。
中「そうだよ、翔べよ、あいつら!」
田「そうだよ、翔べばいいんだよ!」


んな簡単に飛べるもんじゃないんじゃないの…?と言いたいんですが。しかし羽生くんは危ないな…なんかマリーアントワネット発言しそうで。

?「4回転がなかなかうまくいかなくて…」
羽「トゥループが?だったらサルコウにすればいいじゃない!」
?「…」


まあさすがにそれはないと思うけどwww難しさはよっく挑戦してる方が知ってると思いますからね。でも「早く跳んじゃえYO!」発言聞いたらマリーたんを思い出した。ところで史実のマリーたんはこんなこと言ってないとかなんとか。

このお二人の対談面白かったです!先輩の「ガラスの心臓」発言とかね!でもまあ羽生くん絡みのところで引用させていただきました。
私は個人的に山本草太くんも楽しみなんですよね~。JSCで観た時にちょっとびっくりした。別にサンダーバードだったからではないw

・町田樹VS小塚崇彦VS羽生結弦~スケートアメリカ表彰台独占記念~

結弦…私、あの日が忘れらないのよ…。覚えてる…?あの日のこと…。きっと覚えてるよね、私だって忘れられないもの…。え?忘れた…?そんな…!あの日よ!忘れたなんて、そんなそんな…そんなことあるはずないわ!
私、あの日を忘れない。スケートアメリカ…ショートで世界記録を更新した次の日…、

「今日は何点とるのかな!優勝よね!」と思ってパソコンを開いて確認した時の衝撃を忘れないわーーーーー!!

本当にびっくりしたんだから!っていうか勝負事の怖さを思い知ったね!そして深く反省しました。ショートとフリーは別物!ということを頭に叩き込みましたとも!
ちなみにこの演技1回しか観てないのw痛々しくってリピートできないのよ!それは世界選手権のショートも一緒なんですが。
ところでこのインタビューはフリーの翌日だったそうですね。ちょwww一晩で立ち直ったの?羽生くん…。まあ取り繕っただけかもしれませんが、悔しかっただろうにまあ…尊敬するメンタルだわ。

さて、このインタビュー、3枚の国旗の話からアスリートは頭がいいという話になり、小塚くんが「5回転の研究をしている」という話で、

おっ!俺が5回転とぶ!


名乗りをあげる羽生くん、っていうか4Aとか本当に飛べそうで怖い。怖いけど観たい。なんという複雑な心理だ。

※真面目な話が続いている今回。3選手は普段からこんなにまじめ?
~中略~
町「この大会は接する機会も比較的少なくて、たくさん話はできなかったな」
小「それぞれに集中して、という感じでしたね。」
羽「でも、僕はけっこう大会中、うるさかったかな。」
小「僕は結弦くらい勢いがあったほうがいいと思うよ」
町「そう、結弦がいて楽しい楽しい」



先輩たちのフォロー感がパねえ……!
だって「うるさい」のと「勢いがある」って全然違うぞ!どううるさかったのか個人的に気になるね。

小「(俺の滑走は何番目だから…あれやってこれやって…)」
羽「タカちゃん!ねえ!あれ凄くない!?見て見て!」
小「(えー?)」


集中してる時にこんな感じだったらうざくないですかね。私だったら「るせえな」と顔に出す自信あります。そうか、羽生くんは可愛いから問題ないんですね、分かります。え?お前の性格が悪いだけだって?失礼ですね!本当のこと言われると傷つくんですからそっとしておいてくださいな!

この座談会って日本男子の仲の良さが伺えてほのぼのしました。トップレベル選手だともっとギスギスしそうだけどね、え?ロシアの話は別にしてませんよ?
今年のGPシリーズも楽しみです!

・田中刑事VS日野龍樹

GPファイナルの時のインタビューだそうです。
初めて見たのはJSCだったかな…。日野くんのあのネガティブなオーラにびっくりした覚えがある。そしてそれはこの座談会でも如何なく発揮されていました…。文章でも伝わってくるこのネガっぷりは書き起こした方を褒めればいいのか、文章でもはっきりとわかるネガっぷりを突っ込めばいいのかどっちだろうかw

※同世代にひとり怪物がいますからね。今日ダウンしちゃった彼、ファイナルも凄かったですよ。ショートの記者会見の後、「明日もここに来ます!」宣言して帰っちゃった。
田「さすがゆづ、惚れてまうな!」
~中略~
※自分から言っちゃえば失敗できなくなるから。、言ったほうがいいんだ、と結弦くんは。
日「これは失敗できないと思うと、僕は失敗しちゃうんです…」



そこにシビレるゥ!アコガレるゥ!こうですか田中さん!だがこの強き発言、サッカーの本田△に通じるものがありますね!退路を断つ!これは割と効果的だったりしますが、基本的に自分に自信がある人じゃないと逆効果です。
ですから日野くんにそれを求めるのはいけません。人には向き不向きというのがあるのです、分かりましたか羽生くん!返事が聞こえませんね、分かりましたか!

※結弦選手も、きっとふたりが追いついてくるのを待ってますよ。
田「待ってないですって!あいつはずっと先のほうで、ダッシュしてますから」
日「待ってるって口では言うけれど、お先に!って感じですよ」



ああいるよね。マラソンとかでさ「一緒に走ろうね!」とか言っておいて、結局先に行っちゃう子。
女子だけの話かと思いましたが男子でもあるんですね、しかも日本トップレベルのアスリート同士で。勉強になります。

田「結弦のカレンダー、出たの知ってる?コンビニで見たけど、意外に高かったんだよ。「お、ゆづのが出た、大ちゃんと同じ値段だ!」って



いつも思うんですけど、こういうカレンダー出て、買うのが彼らから見ればずっと年上の女性たちとか、そういうのを見て実際のところどう思ってるんですかねえ?
そりゃあ同年代とかもいるでしょうが、会場を埋め尽くすのはかなり上の年齢の女性陣が多いわけですから。当然、そういうものを買うのもそれくらいの層の女性たちというのは想像できてると思うんですが。
これが芸能人とかなら別にいいんですけど、アスリートですからねえ。純粋に疑問が沸くんですが。でもカレンダー出してくれれば嬉しいっぽいのでwwwまあそりゃそうかwww人気のバロメーターだもんねwww











と、とりあえずここまで…。長かった…!読まれた方々もお疲れ様でした!
他にも羽生くん以外で面白い記事あったんですがそこは割愛。無理!しかし全体的に読み応えありましたねー。
まだまだこれからも雑誌発売されますし、試合もありますし、マイペースに更新していきたいと思います。
雑誌発売から半年後とか放送されたから半年後とかあると思いますが、どうか見捨てないでください!









スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(羽生結弦)
  2. / trackback:0
  3. / comment:2

管理人のみ閲覧できます

  1. 2013/10/01(火) 09:25:22 |
  2. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: はじめまして

  1. 2013/10/04(金) 23:11:34 |
  2. URL |
  3. 神無月
はじめまして藍さん!コメントありがとうございます!楽しまれてくれて何よりです~。色々ありがちなフィギュアスケートの世界のなので、せめてブログの中だけでも楽しく…と心がけています。たまには真面目にやりたい時もあるんですけど向かないことはやめた方がいいですよね(笑)。
フィンランディア杯…本当、落ち着かないですよね!私もそわそわしております。あー本当に楽しみだー!



※コメントについて   
◎記事に関係ないコメントはご遠慮ください。ただしフィギュアに関する情報・雑談コメントはいつでも歓迎しています。   
◎コメント返信は気まぐれに行っています。また、書きこまれたコメントは記事内で引用する場合があります。   
◎住人同士の意見交換(要するに喧嘩)は1対1でお願いします。
◎誰のものであろうとアンチコメントはお断りします。私判断で削除します。   
◎HNは必ず書き込んでください。また、HNは一つのみ。ネームと判断できないコメントも削除します。   
◎いやーんなコメントはスルーし隊の方々へ   
あまりに耐えられなかったら非公開でぐちってください。それでも耐えられなかったらコメント欄は読まないようにしましょう。   
◎いやーんなコメントは蹴散らし隊の方々へ   
火事と喧嘩は江戸の華、ではありませんが管理人も(あらゆる方法で)楽しませていただきます。土足で踏み入れるお客様に文句を言う資格はなし。聞きいれる義務もなし。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

神無月

Author:神無月
超にわか。記事内でジャンプの間違いをすることもしばしば。間違いは優しく指摘してくださると嬉しいです。

→ このブログについて

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ツイッター

コメント

データ取得中...

月別アーカイブ(タブ)

カウンター