FC2ブログ

ハンターの心得

神無月


blog19-01-06-01.jpg
https://www.buzzfeed.com/jp/aihinishi/inoshishi

全く挨拶をしないのもなんなので…今年もよろしくお願いします!
ではではお約束のえぶりいネタです。
ちなみに今年の名フェス代はパソコン代に消えました…。チケット発売前日にパソコンぶっこわれるとか運命だろ?としか言いようがない。神は信じないが運命は信じてます!

というわけでさくっと本題いきますね~。
まあ、タイトルなんぞ?という感じだと思いますが…。
だって見てて思ったんですよ。


「標的を定めろ。銃口は逸らすな」


という格言?を…。どこで読んだかは忘れた…。ネット探ったけど出てこなかった…。
まあその話はおいおい…ということで、冒頭から順々にいきましょう。

※冒頭からマネキン泣かせの羽生さん
「SEIMEI衣装をお借りしてきましたが、羽生選手があまりに細すぎるために…」という説明から入る事態に。
マネキンは泣かないっ!とは申しますな。服を着られないマネキンとかマネキンの意味なかろう…。ワシがマネキンなら存在意義を見失っちゃうところですよ…。なんてかわいそうなマネキン…。

※金メダルを弄びながら語る羽生さん

blog19-01-06-02.jpg

こういうのを見てると、メダルというのは結局のところ「思い出の縁(よすが)」というやつなんだろうな~と思いますね。
写真とかとお土産とかと似たような感じなんだろう。一番大事なのは記憶とかその他もろもろなんだろうが、それを補うため…と申しますか、確かなものとして形として欲しいタイプなんですかね。
別にメダル自体にそんなに価値はないですからね。たまに金メダルが、24金でできてると勘違いしてるような人々を見かけますけどw

ルッツ転倒の映像は何度見てもいてえ…。
そしてそれからオリンピックまでの間。

「正直、不安につぶされていたと思う」
「氷上にのぼれない自分が凄く怖かった」



それでも陸上でやれることはないかと模索し…。
データ分析や陸上トレーニングの勉強・・・などなど…。

「不安な時ほどちゃんと勉強しないといけないと思った」
「絶対それが平昌につながると思いながら不安と戦えた」



ところが。

「色々やっていたにも関わらず」
(中略)
「自分のイメージとのギャップが激しかった」
「本当に戻るのかな…ろいう不安感と戦いながら過ごしてた」



陸上トレーニングでは氷上での感覚は取り戻せなかった…。と。
しかしですね…まあ終わった後だからこそ淡々としてるのかもしれないが、やってきたことが無駄だったということですよね?でもそれについては特になんの感情も感じないのよね…。
糧になると信じてやったことが徒労に終わるとか…。なんかそのことについてがっかりしちゃいそうじゃないですか。でも、本質的に「そこじゃねえ」的なことに気が付いてるんだろうなあ、と。
それともそれは「不安につぶされないための行動」だっただけで、その役割は氷上に戻れた時点で終えてるから、ということなのかもしれませんね。

「勝てない状態だったら棄権しようと最初から思っていた」



はい出ましたー!アンチが騒ぎそうな冷酷無比な発言!!
ワシの中の「情」の部分は「待って!だったら補欠に…補欠に…!」と思うが、特に無良くんの「結弦がオリンピックに出た時点で僕の役目は終わった」というあれを知ってるだけにな…。だが、ワシの中の「理」の部分は……えー…世界平和のためと自分のためと格好いい提督のためにノーコメントを貫かせていただきますが…。
まあいずれにしても冷酷冷徹冷静冷淡冷血怜悧ですよ。とりあえず思いつく限りの「冷」を並べてみた。シックスクウウウウウウウウル!!
ごめん羽生くん、言っていいかな?


嫌いな人は嫌いだと思うのよ…。


さすがに大きく書く勇気はなかったから小さくしといた。ま、だからっちゅーて、ないことないことヒステリックにわめきたてるのはまた別の話で見苦しいが…。
だが安心してくれ、ワシはむしろたまんなぁい♡♡♡とハート乱舞するから!

この、余計な情とか悔恨とかそういうのに一切囚われない、ただただ標的だけを見据える、この場合は「オリンピックでの金メダル」ですが、狙いは逸らさない!というこの感じがすげえな…と思いましてん。
だってさ、ほんと情に囚われていたら、ギリギリまで待てないですよね…。棄権か出場か、の2択だけを考えていたからできたわけで…。けっこうな覚悟がないとできないと思いますけどねーとワシは好意的に見ているけれど。
ケガがなければそもそもそういう選択肢すらも起こりえなかったわけですから、ね。

ライバルたちの画像でなぜハビがないのか…解せぬ…。
やっぱ四回転の本数かすら…。

「思ったよりもショートで点数を開くことができた」
「ループは必要ないかなって」



ちなみに2位のハビとは約4点差…3位のしょーまとは約8点差…。
ハビとはそれほど離れてるとは言えない、よなあ、ということは、しょーまとの点差っぽいですね。え?ネイサン?

…。

今思い出してもあれは震えが来ますね…。
いえ、あの滑走順ですよ…出た瞬間に「ネイサンオワタ」と思ったもんな…。完璧に自爆フラグや…って。で、案の定だったしいいいいいいいい!!こういうさ、瞬間に「キタコレ」みたいなのあるじゃないですかー!ネイサンが羽生くんの次というのも、もう「あ」でしたわよ!
羽生くんが一番警戒してたのもネイサンだっただろうと思われるので…。いやあもう…怖い怖い…。

サルコウがなかなか決まらなかったんでしたっけ。6分間練習とか覚えてないし…!

「本当にすがるような感じで」
「ジスランコーチの知識と他の視点を借りて、それだけを信じてそれだけに集中して」



基本、自分自分な感じなんですけどね、でも、自分だけじゃダメだと思ったら、すぐに切り替えて他に頼れる。他の考えを聞くことができる。もっともその相手が信頼できる人、というのが一番大きいですが…。
この一連の行動も「標的だけを見ている」状態ですからねえ。

「自分の頭の中で3Dの映像として」
「最初に跳んだサルコウの映像に自分の体を重ねて跳びに行った」



理系の脳みそはついていけない。以上。


こんなもんかな…。
もう、ハンターだろ?狙いは金メダルだけどwww生き物じゃないけどwww
まあお題が「連覇の舞台裏」だから当たり前かもしれませんけど、しかし、この徹底っぷりが凄いな…って思いましてん。
余計な感情が一切入らないところがね…。
たぶんプロ意識に近いんだと思いますね。プロというのは結果を追い求めて、結果を出すためになら非常にクールな選択もしますから…。それこそ余計な感情は一切入れませんからね、じゃないと無理だから。
全日本を見た後だったから余計にそう思ったのかもしれません。いや、アマチュアですからね。アマチュアはアマチュアの良さがあるのでな。しかしまあ、恐らくこういうところなのかな、足りないのは…とも思ったなあ。

まあ全日本の話はまた雑感として改めて。こっちもまた長くなりそうですが…。
というわけでえぶりいネタは以上です!
いつもいい特集ありがたいですよね。これからもよろしくお願いしたいところですw

View this post on Instagram

The boys are back! #teamcricket

Tracy Wilson-Kinsellaさん(@tracywilsonk)がシェアした投稿 -



ちょーうれしそーな羽生さん来ましたー!
どんだけハビ好きなわけーどんだけーどんだけー!



スポンサーサイト



Posted by神無月

Comments 26

There are no comments yet.
ちいこ  
ヘイお待ち!

エブリーねたをお待ちしておりました~。面白かったです!
神無月さんの記事はやっぱり面白いなあ~。。。正月早々プライベートでいろいろございまして意気消沈していたところに初笑い(?)を有り難うございます~。
ちなみにネイサン君、現地でオリンピックの公式練習をみましたが、練習の時点でいるの?いないの?なくらい印象がなかったでしたわ。。。ちなみにパトリックも同様。。。もしかして同じ系。。。おっと誰か来たようだ。それを見て「たぶんアカンだろうなあ」と思いましたですよ。
羽生君はこれほどまでにギリギリだったとはと驚きでした。
まさにガッキッペだったんだろうなあ、なんだかんだ言って特に男子は金メダルをとる覚悟がある人が金メダルをとっているような気がしますです。

2019/01/06 (Sun) 23:45 | EDIT | REPLY |   
じゃむし  
よろしくお願いいたします~~

・・・・去年の干支が今年の干支追い回してよいのか?とまず思ったのは秘密にしておこう・・・瓜坊かわいい、どっからこんな画像探してくるの主様ったら。

six coolが主様のツボを連打しちゃったみたいですけど、いやもうこんなの見慣れちゃって私はいつもの合理性だとしか思わなかった、慣れって怖いっす。
アマチュア選手の試合ってトップほど一期一会・ワンチャンに人生かけてきてますから、自分がいける可能性があれば行くでしょう。他の現役選手見回してももうこれで引退とかいう際でもない限り代表譲るとかないですよね、現役で・選ばれてて・出る能力あるのに他人にどうぞなんて甘いオキモチで競技やってる選手なんかいるんですかね、、??・・・いないですよね・・・?

ただ本当にぎりぎりだったので完全に出られるようにスタンバってなければいけなかったむらむらの葛藤を思うと泣けますが、でもナニも言わなかったし辛いそぶりも見せなかった、男気だと思いました。
むらむらだけでない、蔭で流された涙の数を知ってれば羽生君負けるわけにはいかなかったでしょうね。男気に酬いることができるのは勝利しかなかったのでは。イヤ真面目な話、当時この人もし負けたら二度と日本の地を踏まないのではないか・生きていけないのではないか、と思った節が何度もありましたもの、裏話を聞くとなるほどなあと。
こんなのにロックオンされたネイサンはそりゃお気の毒でした。既に事前の情報戦(クリケえげつなあいv-238)で相当消耗してたようでしたがSPの滑走順でとどめ刺されてましたよね、あれは私もおおう・・・となりましたわ。

とりあえずeveryみてワタシの懺悔・・・(あんなに時間あったのに卒論・・?)と昨年春に思って大変申し訳ありませんでした、でした。

そういえば金メダル取る覚悟・・・パトリックぇ・・・・

2019/01/07 (Mon) 12:50 | EDIT | REPLY |   
藍  
ハンターだハンターだ!スケーターというよりハンターだ!

「勝てない状態だったら棄権しようと最初から思っていた」

あったりめぇよ、勝ちか死かどっちかだろ!と思ったワシは相当な盲目信者。乙!
(死んじゃだめ。そんなことで死んじゃだめ!)

はいはい、そうですよね、相当な覚悟だったと思いますわ。
下手したら相当な大恥もんと紙一重だったんだよなぁ。
「人生をかけての大勝負」だったんだよう!
普通の人間だったら逃げてるか、ちびってましゅ。。。

「ループは必要ないかなって」

↑ここがさ。ここがゆづと真央たそと違うとこですよねw
こういうとこが、狂ったマオタからすると許せないのかもなwww
冷静に計算できるとこ。策士なとこ。ワシは大好きなとこですけどもwww

滑走順、、、ワシもマジでぶるっときましたよう。
こういう所もなんか神がかっててこわしいのよね。
点数開くことができたっていうのは、やはりしょーまさんとねいさんさんのことでしょうね、、、
狙った獲物は若手であろうと逃さない。ハンターや、やっぱりハンターや。

「最初に跳んだサルコウの映像に自分の体を重ねて跳びに行った」

これはわかります。ワシはわかります。
ワシもゆづの映像に自分の体を重ねて跳びましたから。頭の中で。。。
吐きそうになってたのも同化してましたからね。(なにを威張ってるんだか)

ハビ帰ってきて、ほんっとにゆづも父さん母さんもうれしそうですね。
TLがね、ちょっと異様な感じなんですぉ。
(腐女子の浮かれようどうにかしてほしい)

遅くなりましたが、神無月さん、あけおめ、ことよろでございます。
次記事も楽しみでございます。

2019/01/07 (Mon) 13:17 | EDIT | REPLY |   
いさき  
明けましておめでとうとございます。

昨年は沢山の読み応えのある記事ありがとうございました!
すみません…年末にすべきご挨拶をここでさせて頂きました。

エブリィなかなかの内容でしたね。
私的には何と言っても「勝てないなら棄権」のとこのインパクトがすごかったです。実際に「ヒィッッ…」って声が出てしまいましたw
私去年の神無月さんの「羽生君は乙女」説にも深く納得してたはずなんですけど…
改めて「一方羽生結弦とはこういうお方でもありましたな!」というずっしりと重い感覚が後に残りましたw

でも仰る通りこれは本当プロの世界にいる人間の考え方ですよね。私にしても他の熱中して見てるどのプロスポーツの選手が言ったところで「ヒィッッ…」とはならない。お金払った人間からの批判非難はまあ当然あるやろけどなーって感じ。

なので今回の神無月さんの記事を拝見して羽生君はプロスポーツの世界で持つべき合理性と冷徹さを既にもう持っていて使おうと思えば使う胆力があるんだなあと納得できました。
これってすごいことですよね。
アスリートが社会に出て何かを作っていく上ですごく大きな影響を及ぼす能力でもあると思います。

ところで実際のプロはこの合理性や冷徹さを目的なしにはそうそう口にしないズルさがあるわけですが(プロはそれも仕事のうちだから)羽生君も本当に引退して年を重ねたら変わっていくのかなぁとぼんやり考えています。
共感を集めるために必要という「理」が勝つのかそれとも共感など役に立たないという「理」が勝つのか…あれ?結局「情」に勝ち目はないのか?
でも「羽生君は乙女」説にも深く頷けたのは「情」の人でもあると納得できたからなんですけども…うーん。
考えれば考えるほど羽生君は深くて魅力的なアスリートであると思います。
今年もこちらの記事と色々な方のコメントで色んな角度からその魅力を味わえるのが幸せです。

次の全日本の記事も楽しみにお待ちしてます。


2019/01/07 (Mon) 17:01 | EDIT | REPLY |   
くすのき  
まさにハンター

こんばんは。
今回も、読みごたえがあって、面白い記事をありがとうございます。

「勝てない状態だったら棄権しようと最初から思っていた」
この言葉を聞いても、「そうだよね。それぐらいの思いがあってこその金メダルだよね」と、深くうなずくだけの自分はどうなのか・・。
大学では理系だったのですが、自分の理と情に少し疑問が出つつ、羽生選手のそういうところが好きなファンです。
冷静に自分の立場と目的を理解して、行動に移せる。
これぐらいの覚悟とメンタリティがないと、オリンピック連覇はできないと、しみじみと思いました。

それにしても、こういう言葉をテレビで正直に言えるのがすごいと思いました。
おそらく、どの分野でも卓越した結果を出している人は、このぐらいのことを考えていると思うのですが、それを公の場で言えるかというと・・、なので。

神無月さんの「ハンター」に、すごく納得しました。
獲物を狙うハンターは、野生の象徴。
野生と理性は同義語なのかしら、などと、勝手に脱線しました。

「思ったよりもショートで点数を開くことができた」
「ループは必要ないかなって」
ここのところ、私はネイサン選手を思い浮かべました。
直近で羽生選手に勝っていたのはネイサン選手だったし、羽生選手を追い詰める点数を出せるような爆発力があるのは、ネイサン選手だと思っていたので。

サルコウ、こんなにぎりぎりだったとは・・。
最近の安定感のある美麗サルコウに慣れていたので、こんなにぎりぎりだと思って見ていませんでした。
今回の特集を見て、フィギュアスケートはやっぱりスポーツなんだなと、当たり前のことを、しみじみと思いました。

2019/01/09 (Wed) 00:10 | EDIT | REPLY |   
KAO  
金か棄権って。

すっかり 申し遅れましたが、金が信念!去年も言ったな、これ。

冒頭のマネキン話ですけど、普通体型の男性トルソーに入らないという予測がつけば良かったですねー。
まぁ普通にマネキン手配しちゃいますよね。誰か言ってあげてw
これ、今後は衣装を貸し出す側が特注マネキンもセットで貸し出すべきかと。今後も衣装の貸し出しや展示の機会多々あるでしょうから…。
アレだアレ、羽生結弦展で使用したあのほっそいの。買い取りとかしてないのかな?どうせ他のことには使えないんだし。まぁ余計なお世話ですが。

で、内容、、今だから言えたかんじですかね。言えて良かった。
テレビ放送を録画してタイトル編集など普段しないんですが、思わず今回のevery.には「金か棄権か」とタイトルつけちゃいました。
キャッチーですよね。
極論カッケー。
その血も涙もないかんじ。冷酷無比なマッドハンター。そしてそんな時は三白眼。たまりませんね!ま、嫌いな人は嫌いで結構かと。。

データ読み漁ったり効率的なトレーニングを模索した様子も伺え、またそれが氷上でフィットしない現実なども含めてホントに「必死こいた」んだなー、と。
放送内で読んでいた論文、むっちゃ難しそうでアレがわかるってしゅごい!!と思ってしまいました(理系は無理)。吉岡伸彦教授のものらしいですね。
そういえば以前、吉岡教授の講演会に行きましたが、目の覚めるようなと言いますか ほとばしってしまう頭脳明晰ぶりが素晴らしく印象的だったと同時に、いく度となく出る「ゆづ」呼びになんとも萌えを感じたことを思い出しました。。

てなわけで、私も理系の脳みそにはついていけましぇん。

こんな私ですが本年もよろしくお願いしまーす。

2019/01/09 (Wed) 00:45 | EDIT | REPLY |   
なると  
チャンピオンの資質


平昌はループを外した時点で羽生くんの勝ちだと思いました。
一見リスクをとらない様に見えますが、実は勇気ある冷静な選択ですよね。これ。
世界一綺麗な4Tと4Sを持つ彼ならこれで充分でした。
本音は最高難度で勝負したかったのかも知れませんが、そんな見栄もかなぐり捨てて勝ちに行った。

クリケコーチの一人ダグラス・ホウ氏が言ってましたが、チャンピオンになる人間は、まず勝利に貪欲であり、その為の犠牲を厭わず、他人より一段階パワーを上げれる特別なギヤを持っているらしいです。
技術だけではなく重要なのはマインドセットだと。
健康とか情とか色々と犠牲にできない人はチャンピオンになれないのかも。

子供の選手がよく将来の夢を尋ねられて、「オリンピックで金メダル」と答えてますが、羽生くんは本気でそう答えてた。
そのアグレッシブさはニースのロミジュリで証明されて、日本にもこんな選手キターーー!と喜んだものです。
そのハンターの姿勢を貫き通した結果のオリンピック二連覇ですね。

「勝てなければ棄権」は実にしっくり来ます。だって彼が金メダル以外に興味あるとは思えませんし。

個人的にオリンピック前からネイサンの構成に口を出していたらしい彼のタイガーマミーとラファ間の攻防戦、オリンピックの結果を迎えての阿鼻叫喚から、勘弁してくれとイエール大学へ逃亡。までのネイサンの舞台裏にも興味があります。

2019/01/09 (Wed) 01:37 | EDIT | REPLY |   
藍  
根拠なき自信

はい、また来ましたー!(暇人乙!)
あのですね、every.の特集の中で、神無月さんが記事にされてないとこで、ワシ、結構気になったところがあったんですよ。
「移動日前日にループが跳べた時点で、僕は勝てる」
↑ここ見てね。やっぱりおかしいな羽生結弦はw、って思いましたね。
移動日前日に4Lo跳べたから、勝てるって思うかね、普通。。。スゲー思考って思いましたw
(神無月さんは、思いませんでした?。。。思ってないから記事になってない。と、ハイすいませんw)

しかしね、ワシはコレ見てね、ほんとうに勝負強いやつって、こんな思考なのかなーと。
根拠なき自信がものすごく強いというか、この場合、その根拠薄くね?って客観的にみて、ワシは思っちゃうんですよ。

えーと、よく日本の選手から聞くのは、その自信の根拠を強くするために
「たくさん練習してきました(成功率も高いから大丈夫)」って言うじゃないですか。
でも、今回の場合、ループ成功したの移動日の前日。成功したばっかり、、、
練習もそんなできてない中で、よくそんな「根拠なき自信」持てたなって思うんですけど、、、

まあ、ゆづの中でなんかカチッとハマるもんがあったんでしょうね。
うんうん。いやわかんないけどw、すごいなとwww

フィギュアの選手でもイケイケの状態の時って、これはまま、あると思うんですよ。
「根拠はないけど、なんか勝てる」という思いこみwというか、勢いでいける時というか、、、
大ちゃんも以前そんなこと言ってましたよね「根拠のない自信でいける時代はあるんだけど」とか。
でも、そういう時って長くは続かないんだよな、普通。
しかし、ゆづの場合そういう時代を過ぎても、その「根拠なき自信」みたいなものを、普通の人より持ってるのかなーと。


「最初に跳んだサルコウの映像に自分の体を重ねて跳びに行った」
これは、例えば、高跳びするとするじゃないですか。
跳ぶ前に、軌道とかここで踏み込んで、腕を振り上げてとか頭の中に絵を描いてから跳んだりするじゃないですか、
その進化系みたいなもんじゃないの? あれ?違うの?www
空手の型とかもそうなんですけど、自分のイメージの型(形)に自分をはめこんでいく作業していくんですよね。

うーん、しかしね、五輪みたいな大舞台の裏側って、いろいろあるんだなって。
4Sが直前までハマらなかったとか、、、ギリギリまで結構すったもんだあるもんですね。
終わってこんな話が聞けるのも興味深いですよね。こういう特集が見たかったんだよなぁ。

2019/01/09 (Wed) 12:34 | EDIT | REPLY |   
こふね  
決定事項

藍さんが引っかかった部分、もれなく私も不思議に思っていました。

(トロント)4Loが跳べたから勝てる→(平昌)みんなー大丈夫だから安心して!

凡人で小心者の自分にはこの思考回路が意味不明なんですが
もう羽生くんが変態なことに慣れてしまって深く考えてなかったんですね。

で、昨日ふと某会員誌を読み直していました。
今年のFaOI中のインタみたいですがそこに

"平昌で勝つというのは自分の中では決定事項だった。今となればレール通りになったが未来として見ている時はどうなるか分からないので必死だった。"

決定事項て!
もはや次元が違いすぎて何を言ってるのか分からないですが( ^_^ ;)

これって深く自分を信じているからこそ出来るのかなぁ、と。
ここまで強く自分を信じることが出来る才能って稀有ですよね。
シェイがoriginインタでもそのことについて語ってましたよね。

"彼は心から自分を信じている、決してブレない精神的な強さがある、恐怖心に邪魔されることなく、ただ、そこに向かって行動する。"

このメンタリティこそ羽生結弦が羽生結弦たらしめる所以だろうとぞわぞわしました。
いやぁ面白い人だなぁ~(唸)

2019/01/09 (Wed) 19:04 | EDIT | REPLY |   
藍  
予言者かっ?!

こふねさん、面白いお話ありがとうございます。
決定事項www
有言実行、、、なんだけどさ、、、
ことばにすると簡単だけど、あの状況でやはりすごいなとしみじみ子ですわ。

2019/01/10 (Thu) 12:02 | EDIT | REPLY |   
駒  
初コメ

ここ、面白い。
基本、羽生(はぶ)のファンなんすが、変に流れて羽生(はにゅー)に至る。

フィギュアファンは気持ち悪いっす。
気持ち悪くないブログ見つけた。

羽生の平昌への道、将棋でしたわ。
桂馬、銀、金...ドンドン捨て駒に。
最後は飛車も角も躊躇なく捨てましたな。
持ち駒が歩1つになっても、打つべき場所を捉えたなら勝てるんですわ。
それが勝負ですわ。
羽生は勝負師ですわ。






2019/01/10 (Thu) 18:35 | EDIT | REPLY |   
こふね  
五輪は卒論

2度目ですみません!
結構突っ込んだ内容なのでNGでしたら削除して下さいm(_ _)m

羽生くんは周囲からのプレッシャーや足の不安より過去の自分(ソチ?)からのプレッシャーの方が強かったみたいですね。

結果的に自分との対峙になって余計な感情が削がれ、平昌でのあの空気感だったんでしょうか。

平昌でのあの冷静さについては大意ですが

"怪我で練習が出来ない時に陸上·氷上で出来ることは色々あることを学んだからだと思う。だからこそ追い込まれた平昌でも公式練習や6分間練習、ひとつひとつ本当に冷静にプラン立てができた。"

神無月さんが記事で触れられてましたが氷上練習再開時には戸惑った事も試合ではきちんと生きていた模様です。
その糧があることも全方位不安なはずの羽生くんを支えていたのかなー。

あと五輪は卒論に似ているとも。
怪我の影響で積み重ねる期間を短くされ、1から全て作り直すことになったので大変だったと。

卒論を最短ルートで作成するには正攻法では完成しなかったでしょうね。
余計な物を削ぎ落とし、奇想天外な発想、強い意志、正に勝負師として挑んだ1週間だったんだな、と。

2019/01/10 (Thu) 22:24 | EDIT | REPLY |   
ガブリエル  
世界規模の公務員、それが結弦。

神無月様、皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします♥️


>「勝てない状態だったら棄権しようと最初から思っていた」

>冷酷冷徹冷静冷淡冷血怜悧

昔あるゆづファンのブロガーさんが、戦闘モードに入ったゆづをキャプってブログに貼り付けたところ、安置さんが作った歴代世界チャンプと称した顔写真表に使われたそうです。他のチャンピオンは晴れやかな笑顔なのにゆづだけ怖い顔(しかもご丁寧に白黒に変換)。安置さんは明らかに悪意で作って拡散したのですが、あちらの意に反してゆづファンは「この表情たまらん♥️♥️」と大喜びだったとかw

ワシもたまらんです!大好物ですよ!そしてこの言葉には鳥肌立ちました。
だって、国外では結構「羽生オワタ」言われてたけど国内は一部を除いて羽生金!金!モードでしたもんね。来日したプル様は圧倒的ゆづ推し、織田くんも著書で凄く期待寄せてたし、こづも早くから内定出せ言ってくれてましたから。惨敗したら各方面に大恥かかせることになるしぶっ叩かれる、こりゃ優勝しか道は残されてない、ワシなら絶対逃げ出すと思ってましたよ。


>たぶんプロ意識に近いんだと思いますね。プロというのは結果を追い求めて、結果を出すためになら非常にクールな選択もしますから…。それこそ余計な感情は一切入れませんからね、じゃないと無理だから。

これな。。プロ意識すごい強いですよね。色んなところでそれは感じる。良くも悪くも厳格と言っていいくらい。CwWの時も、ゲストを立てる時は見事にオーラを消しててビックリしましたよ。

ワシ星読み好きなんで、色んな星読みさんのゆづ評をチェックするんですが、ある方が
「凄く強烈な面もあるけど逆にひっそり暮らしていても不思議じゃない。公務員気質。」
と評していて、その時は???と思ったのですが、うん、多分こういうところがそうなのかな、と。
でなかったら3期も同じプロなんて耐えられないだろうし。金メダルへの執着を我が儘と見る人もいるけどある意味任務のために自分を殺せる。
で、目立たないはずの公務員も、規模が大きくなると逆に大変目立つという。陰を極めれば陽に転じるといった具合かな?
いやあ本当に興味深いお方です。


そして、駒さま、はじめまして!
うん、フィギュアファン、気持ち悪いっすよね。。。

2019/01/11 (Fri) 00:12 | EDIT | REPLY |   
KAO  
天才だからで片付けるわけじゃないけど

うんうん、同じく
「ループ跳べた時勝てると思った」
ここ、同様に私も引っかかりましたよー。
しかも前日って!でもなんか納得出来る気もしました。

思うに 天才肌の人って、直感力に優れていて、まず「こう」と結果がわかったら、あとはその答え合わせをしていく作業をしてるんじゃないですかね?
見えてる結果はぼんやりしてたりはっきりしてたりすることありそうだけど。
日頃から血のにじむ身体鍛錬していて、 しかも手負い状態…。直感力もより研ぎ澄まされてそうだし。

そう思うと、こふねさんの「決定事項」というワードが違和感ない感じがします。
まぁ万事がそういうわけではないでしょうが、羽生くんの人生見てるとそう感じる。
ただ、その答え合わせの過程がとんでもない試練を伴ってるんだよね。

そういえばソチのフリーをリベンジ出来た的なことも言ってましたね。
怪我の経過 構成などのディテールも大事だけど、もっと大きな集大成の勝負で「勝ち」を感じたんでしょうね。いや、でも根拠聞けば詳細説明しそうな気もしなくもない。。。

まぁワシら凡人にはわかりませんが!!

で、駒様 こんにちは。
羽生さん、結構羽生ファンにも人気ありますよね(意味不明)!
将棋への例えが興味深いですね。
フィギュアファンは気持ち悪い…ほんとキモイです。
こちらは気持ち悪くないと私も思ってますww

2019/01/11 (Fri) 14:05 | EDIT | REPLY |   
駒  
おお!

おおおおぉ!
ここは初コメするとコメ欄仲間の方々が挨拶してくれるのですか!
なんと礼儀正しい、淑女が集う大人の空間ですな。
ブログ主もカッケーお方ですが、集う方々も男前ですわ。

フィギュアに関してはニワカもニワカ、アイスショーは何度か見ましたが試合はお茶の間専門、大して語れませんので読み専ですが、気持ちのいい場所なのでチョコチョコお邪魔するやもしれませぬ。

将棋は「定跡の徹底」の果ての「定跡崩し」が魅力、快感なんすよ。
同じ快感をフィギュアの羽生氏にも感じるんですな。演技にも、その演技に至る過程にも。

ソチで「ん?このスゲー気持ちいいジャンプする美少年はハブじゃなくてハニューと読むんかいな!?」と気になってから早5年弱。今や「フィギュア>>>将棋」ですわ。

これからも楽しく読ませていただきます。


2019/01/11 (Fri) 18:16 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: ちいこさん

> 神無月さんの記事はやっぱり面白いなあ~。。。正月早々プライベートでいろいろございまして意気消沈していたところに初笑い(?)を有り難うございます~。

 少しはお役に立ちましたでしょうか?プラベで色々あると大変ですよね…ほんと…。

> まさにガッキッペだったんだろうなあ、なんだかんだ言って特に男子は金メダルをとる覚悟がある人が金メダルをとっているような気がしますです。

 パ、パトリックのことは言わないであげて…!(震え声)

2019/01/14 (Mon) 22:53 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: じゃむしさん

> ・・・・去年の干支が今年の干支追い回してよいのか?とまず思ったのは秘密にしておこう・・・瓜坊かわいい、どっからこんな画像探してくるの主様ったら。

 書いてる時点で全然秘密じゃない!こういうのは解釈次第なんですよ!解釈は広く柔軟に!

> six coolが主様のツボを連打しちゃったみたいですけど、いやもうこんなの見慣れちゃって私はいつもの合理性だとしか思わなかった、慣れって怖いっす。

 ちなみにsix coolじゃなかったっすわ…。痛恨の失態…!だけどまあいっか、言いたいことは伝わってるからな。

> むらむらだけでない、蔭で流された涙の数を知ってれば羽生君負けるわけにはいかなかったでしょうね。男気に酬いることができるのは勝利しかなかったのでは。

 男気…!?あ、ああ…無良くんの男気ですよね…。あーびっくりした!

> こんなのにロックオンされたネイサンはそりゃお気の毒でした。既に事前の情報戦(クリケえげつなあいv-238)で相当消耗してたようでしたがSPの滑走順でとどめ刺されてましたよね、あれは私もおおう・・・となりましたわ。

 羽生さんにロックオンされた男は残らず倒れていくんですけど…。怖いわあ…色々な意味で怖いわあ…。

> そういえば金メダル取る覚悟・・・パトリックぇ・・・・

 だからパトリックのことは…(震え声)。

2019/01/14 (Mon) 22:58 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: 藍さん

> こういうとこが、狂ったマオタからすると許せないのかもなwww
> 冷静に計算できるとこ。策士なとこ。ワシは大好きなとこですけどもwww

 私も大好きですことよ♡マオタもしつこいよな…3Aにこだわるのが真央なんだから!とか言うなら、勝てなくたってしょうがないだろ、と思うんですけどね。

> 滑走順、、、ワシもマジでぶるっときましたよう。
> こういう所もなんか神がかっててこわしいのよね。

 ですよねえ?絶対強力なの憑いてるよ…。もう、ほんと、未来が見えるようだったわ…。

> ハビ帰ってきて、ほんっとにゆづも父さん母さんもうれしそうですね。
> TLがね、ちょっと異様な感じなんですぉ。
> (腐女子の浮かれようどうにかしてほしい)

 私、ハビと羽生くんじゃ萌えないのよね…全然…。私的萌え要素がないんですよね~。片方に興味がないとだめなのかしら?

> 遅くなりましたが、神無月さん、あけおめ、ことよろでございます。
> 次記事も楽しみでございます。

 あけおめ、ことよろでーす!だいぶ遅くなってますがwww次記事は今週中にはなんとかwww

2019/01/14 (Mon) 23:05 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: いさきさん

> 昨年は沢山の読み応えのある記事ありがとうございました!
> すみません…年末にすべきご挨拶をここでさせて頂きました。

 いえいえ、こちらこそありがとうございました!今年もよろしくお願いします!

> 私去年の神無月さんの「羽生君は乙女」説にも深く納得してたはずなんですけど…
> 改めて「一方羽生結弦とはこういうお方でもありましたな!」というずっしりと重い感覚が後に残りましたw

 両方持ってるのがいいんですよwww乙女なだけだったらファンになってないwwwうざいだけwww

> なので今回の神無月さんの記事を拝見して羽生君はプロスポーツの世界で持つべき合理性と冷徹さを既にもう持っていて使おうと思えば使う胆力があるんだなあと納得できました。

 たぶんですけど、本質的には好きじゃないタイプだとは思うんですよね。あ、そういう冷徹さとかね。ただ、使おうと思えば使えてしまう、好悪を完璧に分けられる。そこが凄いな、と思うんですよね。

> 共感を集めるために必要という「理」が勝つのかそれとも共感など役に立たないという「理」が勝つのか…あれ?結局「情」に勝ち目はないのか?

 これは私見ですけど、本来であれば「情」というのは、勝負や損得を考えるものではないから「情」なのではないか、と思います。ですから「情」で生きる人は凄く損をしているように見える。でも本人はそれでいいと思っている…。
 羽生くんは大きな「情」のために「理」を貫いてるように私には見えるので、だから、納得してしまうわけなんですけどね。
 ですけど、中には「損して得とれ」みたいな、「情」を利用する人もいるわけで…。「情」の方がいいとも一概には言えないなあ、と思いますね。
 使い方次第だと思います。
 

2019/01/14 (Mon) 23:17 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: くすのきさん

> こんばんは。
> 今回も、読みごたえがあって、面白い記事をありがとうございます。

 こんばんは~。ありがとうございます!

> おそらく、どの分野でも卓越した結果を出している人は、このぐらいのことを考えていると思うのですが、それを公の場で言えるかというと・・、なので。

 ええまあ…私もびっくらこいたwww

> 直近で羽生選手に勝っていたのはネイサン選手だったし、羽生選手を追い詰める点数を出せるような爆発力があるのは、ネイサン選手だと思っていたので。

 そ、そうか…!ネイサンがあまりにもやらかしたから「思っていたより点差が開いた」じゃすまないよね~と思っていたんですが、そういうの抜きにして確かに「思っていたより」開きましたよね!!忖度か…!私もまだまだですわ…。

2019/01/14 (Mon) 23:22 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: KAOさん

> すっかり 申し遅れましたが、金が信念!去年も言ったな、これ。

金が信念!

> アレだアレ、羽生結弦展で使用したあのほっそいの。買い取りとかしてないのかな?どうせ他のことには使えないんだし。まぁ余計なお世話ですが。

 余計なお世話重々承知で言いたくなることってありますよねwwwまあ、私はこっち系はさっぱりなんでこれはあれですけどwwwこれはあれってなんだwww

> その血も涙もないかんじ。冷酷無比なマッドハンター。そしてそんな時は三白眼。たまりませんね!ま、嫌いな人は嫌いで結構かと。。

 私も嫌いな人は嫌いでいいと思うんですけどー。本人が納得してないからあwww無理やってwww諦めろ!そこまでの合理性は人によっては受け入れられなくても仕方ない!と思うんですけどねーwww
 私はオチシンですからwwwそういうとこも大好物ですけどwwwちなみにオチシンは落合信者という意味ねwww

> 放送内で読んでいた論文、むっちゃ難しそうでアレがわかるってしゅごい!!と思ってしまいました(理系は無理)。吉岡伸彦教授のものらしいですね。

 ワシも無理。見た瞬間投げ捨てる…。

> こんな私ですが本年もよろしくお願いしまーす。

 よろしくお願いします!

2019/01/14 (Mon) 23:28 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: なるとさん

> 世界一綺麗な4Tと4Sを持つ彼ならこれで充分でした。
> 本音は最高難度で勝負したかったのかも知れませんが、そんな見栄もかなぐり捨てて勝ちに行った。

 勝つために必要なのは運を味方につけること。あとはつまらなく感じるくらいの合理性かなーと思いますねえ。

> 技術だけではなく重要なのはマインドセットだと。
> 健康とか情とか色々と犠牲にできない人はチャンピオンになれないのかも。

 健康は犠牲にしてほしくな…。ただですね、ほんと覚悟は必要だよなと。
 羽生くんはもともと合理的な頭脳を持っている人ですが、それと同じくらい情もあるんだよなーと。そういうのも全部投げ捨てて勝ちにいってるわけだけなんですけどねー。
 
> 個人的にオリンピック前からネイサンの構成に口を出していたらしい彼のタイガーマミーとラファ間の攻防戦、オリンピックの結果を迎えての阿鼻叫喚から、勘弁してくれとイエール大学へ逃亡。までのネイサンの舞台裏にも興味があります。

 ああ、そこのところは私もちょっと興味あるwww身内も賢くないとダメだよね…とこっそり思いましたわ…。

2019/01/14 (Mon) 23:36 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: 藍さん

> 移動日前日に4Lo跳べたから、勝てるって思うかね、普通。。。スゲー思考って思いましたw
> (神無月さんは、思いませんでした?。。。思ってないから記事になってない。と、ハイすいませんw)

 ああこれですかwww私はなんとも思わなかったけど、そうですねえ…。
 あえて語るとするならば。

 「勝ちに不思議の勝ちあり。負けに不思議の負けなし」

 というやつですかね…。もともとノムカツで知ったんですけどwww江戸時代の剣豪の言葉らしく。
 要するに負けるときは負けるべくして負ける、というやつで。
 推察ですけど、まあルッツはともかくとして、勝つためには3種の四回転が必要だと考えていたんだろうと。それが揃わなければ無理だと考えていた中で、ループが跳べた。その時点で「負ける要素はなくなった」ので「勝てる」と考えたのだろうと…。
 実際は使う必要はありませんでしたが、精神的なものは大きかったのではないかと。なんやかんや言うても精神の重要性は高いんだろうなーと思います。

2019/01/14 (Mon) 23:44 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: こふねさん

> 凡人で小心者の自分にはこの思考回路が意味不明なんですが
> もう羽生くんが変態なことに慣れてしまって深く考えてなかったんですね。

 ああ…それもありますね…。

> "平昌で勝つというのは自分の中では決定事項だった。今となればレール通りになったが未来として見ている時はどうなるか分からないので必死だった。"

 あ、これ読んだわwwwワシひねてるもんだから、一回くらいは決定事項通りにならなくて焦りまくるようなの見たいのうwwwと思ったもんですわwww

2019/01/14 (Mon) 23:46 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: 駒さん


 コメントありがとうございます!

> フィギュアファンは気持ち悪いっす。
> 気持ち悪くないブログ見つけた。

 フィギュアファンは気持ち悪いには同意ですけど…ここも気持ち悪い時はありますよ…?
 たまに「ああん可愛い♡」「萌えー!」とか叫んでるんですけど大丈夫かなあ…。「やっぱ気持ち悪かった」と思ったら、そっと抜けられてくださいね…。さすがに言われると傷ついちゃうから…(震え声)。

 将棋は興味はあるんですけど全く詳しくなくwww
 とても面白かったのでぜひまたコメントお寄せください~。

2019/01/14 (Mon) 23:51 | EDIT | REPLY |   
神無月  
Re: ガブリエルさん

> 神無月様、皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします♥️

 よろしくお願いいたします!

> >冷酷冷徹冷静冷淡冷血怜悧

 あ、痛恨の失態が貼られてるwww

> 他のチャンピオンは晴れやかな笑顔なのにゆづだけ怖い顔(しかもご丁寧に白黒に変換)。安置さんは明らかに悪意で作って拡散したのですが、あちらの意に反してゆづファンは「この表情たまらん♥️♥️」と大喜びだったとかw

 まー今となってはわかりませんけど、そういうとこが好きなファンいっぱいいると思いますよ。ワシの好みとしては、戦闘モードの方がかわい子ぶりっこしてるのよりもずっとよくてですね…。かわいこぶりっこしてるの見ると「あざといわあ」としか思わないし、そもそも可愛いと全く思わないんですよね…。困ったもんですよ…。

> これな。。プロ意識すごい強いですよね。色んなところでそれは感じる。良くも悪くも厳格と言っていいくらい。CwWの時も、ゲストを立てる時は見事にオーラを消しててビックリしましたよ。

 あ、わかります。ゲストもきちんと立ててましたもんね。あれでまたワシの羽生株がぐっとあがったわw

> 金メダルへの執着を我が儘と見る人もいるけどある意味任務のために自分を殺せる。

 あ、そうそう、それ!自分を殺せる!あの「自分」の塊がねwww必要となったらやれちゃうwwwまあ、自分のためと言えば確かにそうなんですけど、でもその自分のためというのが、スケートのためであったり、故郷のためであったりとか。まあ、自分のためであっても私はここまでできないからなあwww
 自分を省みるとすげーなあ、としかほんと思わないですwww

2019/01/15 (Tue) 00:04 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply