ソチに向けて割と重要なネーベルホルン杯

神無月


羽生萌えばかりではなくたまには真面目に語ってみましょう。


マスゴミは美姫たん美姫たんうるさいですが、はっきりとぶっちゃけ彼女個人の事情で大変なだけで、ファン以外はさほど注目するようなものでもない、と私は思うわけなんですけどね。

ちなみに女子シングルで注目してるのは、ロシアのラジオノワ選手とフィンランドのトゥルッキラ選手ですね。ラジオノワ選手は有望株らしく、どこまでやれるのか…というところ。トゥルッキラ選手はフィンランドのオリンピック出場権がかかってるのでちょっと注目。本来はここにコルピ選手だったわけなんですが、彼女は怪我で欠場。そしてそこに安藤選手が招待という形で滑り込んだ…ということらしいですが。

安藤選手に関しては応援してるか、と言われれば「いまいち」としか言い様がないですが、3人娘に思い入れが強いのでね、ですがここまで戻してきたのには素直に感嘆します。出産半年ですよ?そこだけは本当にすごいと思うね。

男子シングルは出場枠の話なども交えて別枠で話したいので割愛。

ペアは日本から高橋なるみ・木原龍一組が出場しています。アイスダンスはキャシー・リード/クリス・リード組が出場。この2組はこの大会で五輪出場権をかけて争うことになります。
そしてこの2組が出場権を取れるかどうかが、まず団体戦出場の第一関門になるわけです。この2組のどちらかが五輪出場権を決める。
男女シングル・ペアアイスダンス各1組の、GPFまでの1大会最大獲得ポイントの合計で上位10カ国に入る。
もしペアが出場権を獲得してポイント合計で上位10カ国に入った場合、アイスダンスもミニマムスコアさえクリアしていれば団体戦に出場できる。

ということらしいですが、頭が混乱してきますね。細かい規約を見るともっと混乱してきます。
要するにペアとアイスダンスに注目せよ!ということを言いたいだけなんですが…。

この文体で書くの疲れたんでちょっとここからもっと自然に書きます。やっぱり真面目に書くの疲れちゃう!

個人の出場権獲得については応援してますが、ぶっちゃけ団体戦は……と思うのは私だけか?と国別に行ったことのある私が言ってみる。冬季の五輪は夏季の五輪と違い競技数が少ないので、競技を増やす傾向があるようなことを聞いたことがあります。まあそれはそれで構いやしませんが、フィギュアの団体ってさあ…とか突っ込みたくなるね。

金メダルが有力なのはやっぱカナダか?と思いつつ、ちょっと女子シングルが弱いしな!だし、アメリカか?と思いつつ、男子シングルがちょっと弱いしな!とか思うし。ロシアが案外目玉なのか?しかしな…となるし、こうしてみるとちょっと読めなくて面白いかもしんない。

いいんじゃないでしょうか団体戦!と言いたいが、とりあえずネーベルホルン杯の結果を待ってみようと思います。明日は男子シングルを偵察だぜ…ふふ…。













スポンサーサイト
Posted by神無月

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply