FC2ブログ

それでも朝はやってくる

神無月


うーん…何から書いたらいいのか…ちょっと考えています。
あらかじめ書くことを決めるのは苦手で、いつも書きながら考えていくのですけど…。

そう…ですね…とりあえず丸一日はかなり凹んでました。はい。
何度も書きますが私は割と薄情でして「人間は必ず死ぬから」というのがあるので、驚くし悲しむし残念に思うけど、あまり引きずりはしないタチなのですけど。
ずっと考えてて、私はとにかく納得いかないんだな、と気づきました。

納得いかなくて、割り切れなくて、やりきれない…。

死ぬにしても死にざまというのがある。なんで、こんな死に方をしなくてはならなかったのか…。
まだ若いのに…。

重傷だと聞いた時も「また足なの!?スケート大丈夫なのかな…」という感じで、死ぬなんて思いもよらなかった。
引退した後も振付師やコーチとして働いたりして、キスクラでもしかしたら見かけたりして、それともIOCの偉い人になんかなったりして、そんな未来が当たり前のようにあるものだと、当たり前すぎて、空気がそこにあるなんて意識しないように、当たり前すぎていちいち考えることもしなかった。それくらい当然のようにそんな未来があるはずだったんです、私の中で。

それでも時間は流れて、朝はやってきて日常がやってきて、そこではいつも通りに頭に来たりイラついたり、もちろん笑ったり、
でもまた空き時間ができるとネットを見て悲しみに沈んだり、夜が来て眠って朝がやってきて、そしてまた日常がくる…という繰り返しで、まあ、嫌でも沈んだりはしていられないというか…。

そんな中、しょーまがディズニーオンアイスに出るとかなんとか流れてきて、トークの様子とかも流れてきて…まあ、なんだ…。あいっかわらずだな!というか、いつも通りだな!というか…、まあとにかくですね、その相変わらずないつも通りのしょーまになんだか凄くほっとしたんです。本当にいつも通りかはわからないですけど…。

私自身はやっぱり疲れてたんだろうな、と思います。悲しみも負の感情だから。負の感情に浸らせると疲れるんですよね。日常はいつも通りですが、フィギュアの世界に入るといつも通りではなくなっていたので…、そこで「いつも通り」に触れて安心したんだと思います。
そういう疲れとかを感じなくなってきて麻痺して、むしろ楽しめるようになってきたりしてると文字通り「人でなし」になるのかなと思いました。まあ、これはまた別の話ですが…とりあえず、しょーまには礼を言っておきます、ありがとう。

そして、今日、たまたま休みだったので献花に行ってきました。
行こうかどうしようか迷ったんですけどね…。
私が行ったときは夕方でしたが仕事帰りでもなかったので、室内で待つことはできました。それでもかなり長い列ができていて、後から後からひっきりなしにやってきてましたね。長い長い列だったのに、誰一人言葉を発せずに静まりかえってました。時々すすり泣きが聞こえるくらいでした。
私が出るときは外にまで長い列ができていて、神谷町駅へ向かう道すがらでは、何人も花を持った方々とすれ違いました。

いざ、記帳に向かう時はもしかしたら泣いちゃうかも…とか思ったんですが、案外涙は出ませんでした。記帳に何を書こうかけっこう悩んだせいかもしれませんけど、遺影とか献花台に置かれた花々を見て、妙に腹が据わったというか…諦めがついたというか…吹っ切れたというか…。

忘却は神からのギフトだと言いました。でもそれは忘れる方にとって、で、忘れられる方にとっては、場合によっては悲しい罰でもあります。テンくんは…殿下は…そんな罰を下されるようなことはしていない。でも、生者と死者の間の遠い隔たりはどうしようもないものです。死者の時は止まり、その瞬間から生者にとっては過去になっていく。そうして過去が遠くなればなるほど忘れ去っていくんです。

私は、たぶん、そのために行ったんだろうな。
今日、7月23日、都心で観測史上初めて40度を超えたそうですね。今後もこの日付は夏が来るたびに見かけるでしょう。
そして、そんな暑さの中、セミの声を聞きながら、赤いカーネーションを持って、石段を上ったことを忘れないでしょう。
連想ゲームではありませんが、もしかしたら暑い夏が来るたびに、赤い花を見るたびに思い出すかもしれない。
どのような形であっても弔いをすることで、これから先も記憶に残るのかもしれませんね。

スケーターの皆さんもいろいろな形で弔いをしていますね。そうやって折り合いをつけてってるんだろうな、とも思いますが、そういう風に考えると羽生くんは大丈夫なのかな、とも思います。どのような形でも弔いができてればいいですが…。

そうそうまっちーが殿下のPIW日光公演の動画を見られるようにしてくれました。
このために色々奔走したんだろうなあ…全く大した男ですわwww

http://tatsuki-machida.com/news/index.html#20180722_denisten

よろしければまっちーの追悼文と合わせて、殿下の日本での最後の公演をご覧ください。
と言ってる私もまだ観てないんですがwww

殿下は初めて見た時から、オールラウンドの選手だなと思って注目していましたし、アーティストやカルーソ、そして忘れちゃならない2015四大陸のシルクロード、EXで言うならば雨に唄えば、やエミネムなども記憶に残ってます。
ずっとケガで苦しんでいて辛い思いもしていたでしょうし、競技者としてはもう厳しかったかもしれませんが、それでも一時代を築いた素晴らしい選手であったことは疑いようもありません。選手としてキャリアを終わらせても、まだ違う道があったはずなのに…本当に…本当に…残念です…。

でももう区切りをつけなくてはね。

哀しむのはここで最後にします。
殿下への言葉は記帳してきたのでここでは書きません。

明日からはいつも通りの記事に戻ります。
まあ便宜上明日からと書きましたけど、明日はないんじゃないかな…たぶんないなwこづのあの発言の記事ここで書いたらさすがにKYだよねwwwたぶんTHEICE…あ、B級の話…うーん、まあ、考えますw

blog18-07-23-1.jpg

殿下の写真を貼りたかったのですが、ワシのコレクションにはなかった…。
ので、せめて国花のチューリップです…。

コメントされる方へのお願いなのですが、この記事のコメントは非公開でお願いしたいと思います。
 このような記事をあげると、コメントが半強制になってしまうのでそれは本意ではありません。
 私以外が読むことがないコメントになってしまいますし、返信もできかねますが、それでもかまわないという方だけコメントなさってください。
 コメント欄の(□Secret)という部分にチェックを入れれば非公開になります。


スポンサーサイト



Posted by神無月

Comments 11

There are no comments yet.
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/24 (Tue) 02:46 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/24 (Tue) 04:48 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/24 (Tue) 06:51 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/24 (Tue) 10:18 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/24 (Tue) 15:44 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/24 (Tue) 18:56 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/24 (Tue) 20:49 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/24 (Tue) 22:14 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/25 (Wed) 09:13 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/25 (Wed) 09:24 | EDIT | REPLY |   
-  
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/07/25 (Wed) 21:36 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply