羽生くんが爽やかなアスリート…だ…と…。

神無月



9月某日。関東のどこか。


「審議を始める」
「議題は」
「羽生結弦が博報堂のアスリートイメージ調査の「爽やかなアスリート」で第5位に入った」

ざわ…ざわ…。

「なんと…」
「それは…しかし…」
「うむ。確かにあくまで”イメージ”ということならば…だが…」
「ああ、だが…あまりにも…」
「そもそも爽やかの意味とは…そこから始めねばなるまい。そこの君、答えたまえ」
「は。爽やか…とは1 気分が晴れ晴れとして快いさま。さっぱりとして気持ちがよいさま。」「2 はっきりとしていて聞きやすいさま。」「3 思い切りのよいさま。」「4 きれいで鮮やかなさま」goo辞書より引用)となっております」
「…」
「…」
「…」
問題ありませんな」
「うむ、案外問題はない」
「ぴったりである」
「かけ離れているような気がしたが」
「さっぱりしてそうですし」
「ねちっこくはなさそうじゃ」
「はっきりしていますからな」
「もう少しオブラートに包んでも良いとたまに思う」
「思い切りは良いですな!」
「ブレーキを設置したくはなりますなあ」
「きれいで鮮やか…ま、これは…」
「イメージではありますが、ま、雰囲気はありますな」
「では皆さん、この度の議題「羽生結弦が博報堂のアスリートイメージ調査の「爽やかなアスリート」で第5位」これは是か否か…審議は…」
「是!」
「是!」
「是である」
「是じゃ」
「是です」
「満場一致で是のようですね。もう少しもめるかと思いましたが、どうやらスムーズに議決できたようです」





羽生結弦さんは爽やかなアスリートで問題なし!











何を遊んでるんだwwwという感じですかね。いやーちょっと驚いて。羽生くんが博報堂のアスリートイメージ調査の「爽やかなアスリート」で第5位に入りました。

っていうかこれってしょっちゅうやってるのねwwwあれ、これじゃねー。ん?違う…なんてことを繰り返して4回目辺りで獲物を捕らえました。まあ、ちゃんと見ない自分が悪いw

おかげさまで総合の顔ぶれはあんまり変わらないんだな、というのを認識しました。イチロー、真央ちゃんはよく見るねー。さすがです。あとはその時々に活躍した選手の名前が出るね。ちょっと前まで世界水泳やってたから水泳選手が多かった。そしてサッカー。テニスの錦織くん。

面白いのはプロ野球選手が入ってねーことだwwwあ、マー様は入ってましたね、マー様は別格だからwwwこういうのは知名度の勝負だったりするからなー。詳しい人たちは「いや!こっちの方が!」ってなるのでしょうが。そんな中、冬スポーツでまだ一般的な知名度はまだまだ(だと思ってる)羽生くんが5位にランクインは大健闘じゃないかと。これが冬ならわかるんですけどね。この季節だものー。素直に凄いことじゃないかと思います。

ですが「爽やか…?爽やか?!」とちょっと思ったんですが、いやー爽やかっていうかバリバリ体育会系やでえ…。暑苦しいぜえ。中身は少年ジャンプとはまさにいい得て妙だわwwwと思ったんですが、意味を調べてみたら「案外いけるじゃない!問題なし!」ということに落ち着いたw


ちなみに他の顔ぶれ↓

1位錦織圭(テニス)
2位入江陵介(水泳)
3位石川遼(ゴルフ)
4位瀬戸大也(水泳)
5位羽生結弦(フィギュアスケート)


……。

まあイメージですからね、イメージ。あくまでイメージ。この画像はイメージ画像で実際のものではありません!とかあるじゃない。あれと一緒あれと一緒。だから無問題よ問題ないわ。

あくまでイメージです。実際のものではありません!

ん、問題ない。

大丈夫だって!意味も外してないから!


大丈夫!



ほんとに大丈夫だって!









人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Posted by神無月

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply