FC2ブログ

改めまして、金メダルおめでとう!

神無月


読者対応をしてください、というリクエストをいただいたので、改めて書いてみようかとw
元々、書こうとは思ってましたが…どう構成練ろうかと思案中でした。
一夜明け会見についてはまた改めて書きますが…。

色々、テレビを見ていて、そうですね…特に報ステかな。
凄く幸せそうだな~満ち足りてるな~と感じて、改めて「取れてよかったね」としみじみ思いました。

振り返れば「羽生劇場」だったわけですが、でも、幸せそうだからそれでいいじゃん、となるのが最終的にはファンなのではないかと。
勝ちは勝ち金メダルは金メダルです。
ギリギリの状態でどんなことになっても欲しかったものを取れて、それを幸せと評して実際に幸せそうにしてるんですからねえ。
ソチの時だって「モノ申す!」とか思いましたがwwwあの幸せそうな顔を見てすべてが吹っ飛びましたwww演技に関しては何も言えないが幸せそうにしている、それだけで十分なんですよ、さすがに涙は出ないけど。

これは盲目ではなくてアガペーです。無償の愛です。言葉を正しく使いましょう!まあワシもなけなしの知識で書いてるからたまに失敗するけどな!

今日のメドベを見ていて本当に切なかったです。ここ数年無敵だったのに最後の最後で取れなかった。
本人はそれでも笑顔を見せていますけど。
そして不思議なことにそういう姿ほど胸を打ってしまいます。
勝てるはずだった人が勝てない姿を見るのはとても辛いです。真央ちゃんやネイサンもそうでしたが。
そういう人はけっこう多いと思う。

その裏で勝ち切った羽生くんにはけっこうひどい発言を見ます。
結局、嫉妬なのか、それとも勝つはずの人が負ける姿を見て優越感に浸りたいだけなのかな、と感じます。
ハッピーエンドより悲劇を見たいのかな、と。
それに対して「かわいそうに」ということで、優越感を得たいのかな、と。
ハッピーエンドか悲劇かの違いだけで劇場には違いないと思うのですがね。スポーツには時々ドラマがある。羽生くんはちと多すぎなのは否定しない…w

とまあこういうことをいちいち考えてしまうのが私の悪い癖なんですけどねえ…。

ソチの時はそのがむしゃらなひたむきさに惹かれた人がいたと思います。今もそういう人たちが多いのではないかな。
でも、成長して勝てる選手になってきたらがむしゃらじゃなくても勝てるようになる。計算を練って考えに考えつくした方法を取ることができるようになります。
勝つことに邁進することに変わりはなくても方法が変化してきてしまう。その姿が「なんか思ったのと違うんだけど」となる人たちがいたと思います。

そして、今回、満足してしまったことによって、また変化してしまうと思う。
勝ちたいことに変わりはないと思うのでw競技する人は何につけても「一位がいい」というのは変わらないwでも今までと同じ、というわけにはいかないと思うんですよね。
その姿を見て「なんか違うんだけど」と思う人たちはどうしても出てきてしまうだろうなと思っています。
でもそれは、羽生くんのせいではなく、全ては受け取る側の責任であると思うので、あんまり気にしないでほしいですけどね…。

で、私なんですけど、また違った姿が見られるかなと楽しみにしています。
感情のままに滑る人なので、今までとは違った演技になるんじゃないかなあと。演技だけじゃなくて考え方とかもね。
まーその結果、やっぱ勝ちにこだわらない羽生くんなんてつまんないわwってなるかもしれませんが。

私自身はあんまり勝ちにこだわる気質ではないですが、私が面白いとか楽しんだり印象に残ったりする部分は、羽生くんが勝ちにこだわるその心から全て生まれたものなのは間違いなので、それを否定することだけは絶対にできないですわー。

これから先の羽生くんも楽しみにしています。
まずはエキシのスワンかな?(たぶん)
いいものが見られそうだから楽しみにしています。キレッキレだったらいじるけどwww

改めて金メダルおめでとう!二連覇おめでとう!




スポンサーサイト
Posted by神無月

Comments 11

There are no comments yet.
藍  
ゆづが稀有な存在である理由

どんな状況であろうと、ここぞで勝つ人間であるということ

あのー 五輪好きな人間から言わせると、五輪はまず勝ってなんぼなんですよ。
金メダルを期待される人間が勝つこと。これって尋常なことじゃない。
そういうのを見るドラマでもあるんだよね。

実力が例え世界イチと言われようと簡単に勝つことができないのが五輪という世界で、
ここに全てを賭けてきました。という勝負の場だからこそ、真剣勝負が観れるし、真剣勝負では勝った者も負けた者も、ある意味美しいんだよね。

ゆづは日本中で観ている人やファンの期待に報いることができる稀有な存在ですよね。
えーと、こんなアスリートは、過去のアスリートを見ても数えるほどしかいないと思う。
実力や才能はあったのに、勝利を逃してきた選手が今までどれだけいたかですよぅ。
真央ちゃんとか真央ちゃんとか真央ちゃんみたいな、、、

ワシはゆづが勝ってくれた時、幸せでしたね。
あんな気分、日常生活ではないですーw ありえない快感でしたーw

しかし、ゆづの幸せ、満足感は続くのかな?
なんか昨日、ちょっと悔しい気持ちが芽生えてきて、、、とか言ってたけどw
まあ、競技続けて行くってことは、一瞬満足しても「まだだ、まだだ、もっとだ!」
と思うことでしょうからね。
ワシは、ゆづに少しでも長く続けてもらって、「やっぱり北京までやっちゃいました」
「三連覇しちゃいました」をそっと夢として持ち続けたいと思います。
…野望、ワシのひそかな野望…全然ひそかじゃないけど

えーと、これからも感動すれば、感動したと言うと思うし、
ひどい演技の時は、ナニコレおいしいの?と言ってしまうと思いますが、
ファンです、ワシはゆづのずーっとファンです。
こんな最高の思いさせてくれる選手がいるかい?いねーわ!

アンチと呼ばれる人々も、今最高に盛り上がっているみたいですが、
アンチにひとこと言えるとすれば、、、

アンチざまあ!くやしいのう、くやしいのうw

こんなカンジ?








2018/02/24 (Sat) 08:06 | EDIT | REPLY |   
まる  

フィンランドの世界選手権でつきものがとれた感じでしたがね
TESの暴力いわれたり羽生選手だけクローズアップされて少しかわいそうでしたね

四回転おさまるかとおもいましたが夏のクリケットであんなきれいな4Lz飛んでたらそりゃ試したくもなりましたね
ただそのために怪我だらけになりましたが

少ない武器でもみなもう一度クリーンな演技をみたかったをこたえてくれてる気はしました
勝ちたいはあったとしても

とりあえずできる範囲の演技を本番でやってくれたところには最大級の拍手を

バラード1のように美しく
SEIMEIのように疾風怒涛にでしたね
情感ある演技よりはさわやかにやってくれたほうがあう気はしますので今後もできる範囲でクリーン目指してください
つなぎあれど美しいジャンプ跳べ点がでない選手じゃないのですから

2018/02/24 (Sat) 08:35 | EDIT | REPLY |   
じゃむし  
五輪は良いなあ・・

トップアスリートのファンになるって、素敵な技術や演技を見せてもらうほかに、天才たちの生の軌跡も見させていただけるところに醍醐味の一つがあるのだと思っているのですけれど。
はっきり口に出したのは誰かさんくらいだったかもしれませんが、いつも五輪には選手達が己の人生をかけてぶつかってくるドラマがあり、文字通り命がけで来るから見る方の心が打たれるのかと。その姿はオタ以外の全世界・世代の記憶にも残る、まさに夢舞台ですからね。
フィギュアは私得なことに羽生劇場が突出してはいましたけど、ボーヤンの涙とか・さっとんのガッツポーズやメドベの涙とか・テサモエのオーラとか、五輪前で言えばわかばちゃんの涙とか無良くんの心意気とか、私が心動かされたものは沢山ありました。五輪では芸術ガー表現ガーという視点ではなく、彼らの心そのものに感動させられます。
人の心ですから成長と状況により変化するものはあるだろうし・それを見る方の好き好きはそれこそ千差万別ですよね。それこそ受け手の問題ですが、勝手に他人の人生垣間見させてもらってるのに何か言う人いるんですか?(見ないようにしてるのであまり知らん)そういうのは一度自分が何者であるか考えた方がよろしいのでは。

羽生劇場は「空前の強い心」でしたね。新しいクワド入れたいとか・最高得点上回りたいとか、余計な欲を全部あきらめ、この人が勝つことを唯一の目的にしてやってきたら誰にも止められないという凄まじさに圧倒されました。
・・・・とはいうものの、SP直前公式練習で4Sがはまらなかったのを見て私でさえ口からイロンナモノが出てしまいそうでしたから、本人はさぞ怖かったろうと思います。あの恐怖を完全にねじ伏せることができる強さに感動したんですけど。
。。。ど。。。

小さな幸せあきらめてきた →ゲーム断ちしてた
今は幸せです →悔しい気持ちが出てきました  悔しいって言いやがった
全部獲ったから →4CC忘れてる
ショートトラックの練習にいたずらに・・ →足首大事にするはずじゃ?

・・いえ、いいんです、彼の心は彼だけのもの、私は見させてもらってるだけなので。ただ、先週流した私の涙返せよおりゃ、な気持ちになりつつあるのはどうしたことか・・・

2018/02/24 (Sat) 14:10 | EDIT | REPLY |   
ごまだんご  
羽生君、五輪連覇本当におめでとうございます。

コメント欄をお借りしてこの言葉を書ける事を神無月さんに本当に感謝します。ありがとうございます。

ここにお邪魔するようになってから、羽生君がオリンピック連覇した記事にコメントするのを夢見ていたのですが、いざそれが叶うとなるとなんか怖いような、全てが終わってしまうような気がして、まだオリンピックは終わってないから…と、今日まで現実逃避してましたw

男子フリーの日は自分がどれほど取り乱すか予想がつかず、一人で心置きなく叫んだり泣いたりできるよう画策してたのですが自分の凡ミスで叶わず自宅観戦。
でも結局、最終グループはじっと息を殺して見る事しかできず、金メダルが決まった瞬間、ただ大きな長いため息が出ただけでした。

羽生君の演技はパーフェクトでは無かったので、それがもしかしたら羽生君の心を曇らせるのでは、また悔しい思いを味わってしまうのではと心配したのですが、心からやり切った会心の雄叫びを見て「あぁ、全て出し切ったんだ!」って、本当にホッとしました。
その顔を見ていたら、もうメダルの色なんて何色でもいいよと思いつつも、決まるまでは「金が欲しい!金をくれ!」と願ってしまいましたが。

あんなにギラギラと剥き出しのナイフを振り回すようだった人が、鞘に収めた名刀で的確に敵を仕留め、また静かに鞘に収めるような…こんな演技が出来るようになったんだなぁって感無量です。

心配なのはHDD容量と五輪が終わってしまった喪失感ですが、前者はニュースとかワイドショーはもういいやと捨ててるんで、思ったより大丈夫。
後者の方も、また時間がたったら変わるのかもしれませんが、今のところ大丈夫w
私もこれからの羽生君が楽しみです。
もう記録更新とか勝ち負けとかそういった事は気にせず楽しめると思います。
それからまだワールドも残ってるし、来シーズンはみんなどんな曲、どんな衣装、どんなプログラムかワクワクしています。
もちろん引退・解散ラッシュはあるだろうし、予想外の引退なんかもあるという事は学習しましたが、悲喜こもごも織り交ぜながらも、私のフィギュアスケートを楽しむ気持ちはまだまだ続きそうです。


2018/02/26 (Mon) 10:28 | EDIT | REPLY |   
ぴなこたん  
藍を叫ぶ部屋はこちらですか?

平昌五輪が終わりました。
ソチ五輪が終わった次の日から始まった4年間が、終わりました。
そこそこ生きてきて、五輪も何度も見てるわけですが
こんなに熱中できて、
大きな歓喜と、様々な感動や感傷が湧き上がった五輪は初めてだったし
たぶんきっと最後かも、という気もします。

自分の理想をいつも高く掲げ、壁の先に壁がある日々を過ごし、
図らずもいつも逆境に飛び込んでしまう若きアスリートが
初めてあんなに満足そうな顔をした。その瞬間を見ることができました。
いろんなスポーツを観てきたつもりですが
こんなに熱くなれるアスリートは、羽生結弦だけです。
心からの「おめでとう」と、それ以上の「ありがとう」を言いたいです。

私が思ったのと違う、許せない!という方々は
どうぞどうぞ、自分の家庭とか近所とかで
自分の思った通りの人材をお育てになればよろしいかと。
なんならご自身がまず「自分の理想通りの自分」になってみろやと。
できるならなw…ま、できないでしょうね。
自分が理想通りの自分じゃないから、
そういうこと言う大人になってるわけだから。

全員が全員、羽生くんを讃えるべき!とはまったく思いませんし
みんなが彼を好きになる必要はないし
私は他の選手を応援したい!という人だって、たくさんいてほしい。
そうでないと、フィギュアスケートが盛り上がらないです。

でも、そう言いながら
私はやっぱり羽生くんが一番好きだし、これからもずっと応援していきたい。
そう思いました。

…で、アイスダンス藍についても書きたいんですけどw
記事はいつ上がりますかね?www

2018/02/26 (Mon) 12:13 | EDIT | REPLY |   
mizuki  

平昌入りした時から、あ、金メダルだなと思ったほど、羽生君は覚悟が決まっていた、腹が据わっていた、という印象です。そこからの流れは、誰かシナリオを書いているんですか?と聞きたくなるほどwww
特にショートのバラ1は圧巻でした。そして、このマンガの主人公になれないほどの出来過ぎの設定こそ、まさに羽生結弦という選手なのだと改めて思いました。
これからの羽生君も応援することに変わりはありませんが、応援の仕方が変わってくると思います。実はソチ前とソチ後も自分の中で変わっています。だから、羽生君の戦い方や考え方が変わっても、私も応援するスタンスが変わるだけで、特に何かを思うことはありません。
だって、結局、羽生君は羽生君で、私は私でしょう?しょーまの面白発言もそうですが、批判とかよくわかりません。なぜ他人を自分の思い通りの人に仕立て上げたいのか?未だによくわかりません。なぞです。
確かに悲劇や悲運のほうが胸を打つのは、わかります。今でも、メドべや真央ちゃん、ネイサンに対しては切ないですもん。でも、一度として、そうなって欲しいと願ったことはないですよ。一生懸命やっている選手に対して、失礼ですから。

という訳でwww羽生君、改めて、二連覇おめでとうございます!
あ、神無月さん、今更で、すいません!

2018/02/26 (Mon) 19:19 | EDIT | REPLY |   
くすのき  
祝・金メダル

こんばんは。
色々な記事、ありがとうございます。
やっぱり神無月さんの記事は面白くて、とても興味深く読ませていただいています。

羽生選手の金メダルが決まってからは、じわじわと嬉しく思う日々を過ごしていました。
エキシで大トリとして「オリンピックチャンピオン」とコールされるのを聞いて、今回の結果を実感しました。

ヤグプル時代からゆるく男子フィギュアを見てきた自分にとっては、羽生選手は今まで見た中で最高の選手です。(個人の主観です💦)
ジャンプが、スケーティングが、スピンが上手いというのはもちろんありますが、高い技術に加えて、なによりも「王者のメンタル」が備わっているのがその理由かなと思います。
今回のオリンピックでそれをまざまざと感じました。

プル様がインタビューで「たくさんのオリンピックに出たけれど、その中でもっと勝ちたかった。すべての試合を征服したかった」という趣旨のことを言っていたのですが、これが王者のメンタルなのかなと思いました。
羽生選手にもこのメンタルがあるからこそ、ここまで技術を磨けたし、結果を取ることができた。
そして、このメンタルが氷上での吸引力を生むのかなと。
自分にとっては、高い技術に強い気持ちが宿る羽生選手のスケートが本当に魅力的です。
これからも競技を続けてくれるとのことで、嬉しいです。

2018/02/27 (Tue) 03:25 | EDIT | REPLY |   
ラナ  

だいぶ前にコメントさせてもらったことのある者です。
私も羽生くんの金メダルは、とても嬉しかったです。
と同時に、彼のメンタルが、他のどの選手にも当てはまらない、全くお手本にならない存在だとも思ってしまいました。女子の結果を受けて、日本の現役選手や元選手たちから、自分たちは点数の為にやってるわけではない、芸術の競技なのに、戦略をたてたり、点数があること自体疑問だ、フィギュアは技じゃない、心を動かせるかどうかだ、などといった意見が散見されました。
羽生くんなら全く言わないし考えてないことです。
日本のフィギュア界の選手は、表現力の代表みたいな高橋さん、町田さんをみんなリスペクトしているので、点数よりも、自分の表現を大事にしたい、結果より中身、と考える選手が圧倒的です。羽生くんのように、あんなに強く勝負欲、勝利欲がドバドバ出まくってる人は、全く参考にならないうえに、むしろ疎ましいとさえ思うんじゃないでしょうか。あまりにガツガツし過ぎていて、外国選手さえ、コーチさえ引いてしまうくらいなのですから、異端と言わざるをえません。
決してアンチではない普通のフィギュアファンの方が、羽生くんを苦手な理由として、普通の選手なら、段々体の衰えと共に、技術じゃなく表現を大事にし、深みを感じさせる演技に変わっていくのをみるのがフィギュアの喜びであるのに、中堅にもなったのに彼にはそれが全くなく、いつまでたっても好戦的で苦手だ、と言っておられました。
昔からの羽生くんのファンだった方達が、中国杯でもボストンワールドでもなく、プログラムを2つとも再演m再再演にしたことで離れていった人が多いのは、自分が愛するフィギュアの美学みたいなものに、羽生くんは反したのだと考えたのではないかな、と思いました。
私は羽生くんの純粋さも邪悪さもスケートに投影されていて、戦略練ったわりに最後根性力技でもぎ取るところとかもすごい好きです。二連覇したら、今度はジャンプにこだわらず表現に力を入れますってならず、クワドアクセルやりたいとか、ほんとに羽生くんらしい。もう好きにしなはれ!という気持ちです。
嫌われボタンを自ら押しにいってるような不器用な羽生くんですが、最近の、団体戦回避がどうの、インチキだの叩かれまくってる様をみると、さすがに気の毒で、オリンピック前は羽生ファンにも変なん出てきたなぁと辟易してたのですが、やっぱり老舗は違うなぁ〜と感心してしまいましたw
羽生くんの超個性的な魅力は、現役時代しか味わえない刹那的なものかもしれないし、プロになったら違う魅力が出てくるのかもしれないし、まったくそうではないかもしれない。どうなるかはわかりませんが、現役の羽生くんはめちゃくちゃ面白いので、これからも応援したいな、と思えたオリンピックでした。

2018/02/28 (Wed) 11:49 | EDIT | REPLY |   
KAO  
圧倒的に勝ちましたね

「勝つのならば、圧倒的な差をつけて勝つのがよい」

競争においては、かろうじて相手に勝つというのはあまりよろしくない。

勝つのならば、僅差ではなく、圧倒的な差をつけて勝つのがよい。
そうすれば、相手は「もう少しだったのに」という悔しい思いも自責の念を持つこともない。
それどころか、かえって清々しい気持ちで素直に相手の勝利を讃えることができる。

相手をはずかしめるようなきわどい勝利や、微妙な勝ち方、遺恨を生むような勝ち方は良くない。
それが勝利者のマナーというものだ。

(ニーチェ『人間的な、あまりに人間的な』より)

これ、有名な言葉なのかな? 私は知りませんでしたが。

勝利者のマナー ←ここに注目しました

怪我をする前の言葉ではありますが、
本人が言っていた「圧倒的に勝ちたい」って、こういうことだったんですかね。
と、ようやく落ち着いてきた今日ふと思いました。
少し苦いコーヒーを飲みながら、仕事中のデスクで。

今回の戦いは、単に他選手だけではなく、世論やメディア、関係者各位・お得意様(賛否共々)各位、
五輪に勝った後の世の中のフィーバー(古いw)、その後やってくる(かもしれない)定番の持ち上げた後の下げ・そのほか猫や杓子、そんなものが対戦相手。

で、いろんなモノまるめて、圧倒的に勝っちゃった。

やっぱ すげーよ!!羽生結弦。
マナー良すぎですもん!!
ま、知ってたけどね!!

ラナさん(こんにちは!)のコメント興味深く拝読しました。
羽生くんが苦手なファンの方の話、なんかニヤニヤしちゃいました。
本当に楽しませてくれるアスリートですよね。

神無月さん同様、私も今回を機に彼の変わった姿が見れたら楽しいと思います。
もし全く変わらなくても、引き続き楽しいからこれまた無問題です。

改めておめでとう!ありがとう!の言葉をおくりたいです。

2018/02/28 (Wed) 17:20 | EDIT | REPLY |   
ラナ  

KAOさんこんにちは!いつもコメント読ませて頂いてました。よろしくお願いします。
ニヤニヤ、、しちゃいました?www
そういう意見もあって全然いいし、フィギュアの魅力は多様性ですし、個性的過ぎる羽生くんが万人に受け入れられるわけないですよね。
でも今回のオリンピックで、羽生くんがプルに憧れたように、羽生くんがヒーローになったチビッコはいると思います!

2018/02/28 (Wed) 19:11 | EDIT | REPLY |   
GOTO  
おめでとう&ありがとう・・しかないです。

ようやく、こちらにコメできる時が来たような。一世一代に近い羽生さん二連覇お祝いコメなので時間が必要でした。

神無月も仰っていたように、試合終了後の羽生さんの口から出た数々の幸せワード。
疑い深い私めは、どうにもこうにも信じられなくって…
本当に満ち足りているの⁉︎演技に不満はなかったの⁉︎と

でも、その後の数々のインタビューをみると、どうも本当らしい。本当と捉えることにしました(悔しい発言もあったのでしょうか……⁉︎)。
で、私の平昌への道は完結ということで。まさしく、彼が満足であれば、私も幸せ‼︎
今までの数々の試合でも、いつもどこかに彼なりの課題を残していたようだったので、こちらも嬉しかったけど、無条件に幸せにはなれなかったような気がします。
ようやく、肩の荷が下りた〜〜

直後、今後はスケートを楽しみながら、みたいな発言もしてましたよね。彼に限っては、勝負に拘らない訳がないのだから、純粋に楽しむという事ではないとは思いますがね〜〜
今回の様々な発言で1番おやっと思ったのは、「誇れる肩書きを得られた」発言。
聞いた時、そんな事を考えていたなんてと正直オドロキました。
1度の金ではダメで、2度目にしてやっと彼の描いていた物が手に入れられ、これで楽しむという域に達したというのでしょうか。
(肩書きなんかなくても、エラソーにしている、しょうもない人間なもので…ハンセイ)

それと、だからゆづるが好きなのよーーと思ったのは、スケートに対する考え方を述べた件。「正しい技術を使い、それを芸術として見せることが1番大切な事だと思っている」。高難度ジャンプを飛んでも美しく見せる事・・云云とも言っていた。
こんなに、はっきりと人前で見解を述べた事ってあったかしら⁉︎
もしや、これが肩書きを得たことでの発信力⁉︎
だとしたら、それは彼の自信にも繋がっているのですね。

平昌への道は完結したけど、皆様同様(ですよね⁉︎)新たな道にもついて行く気満々です。足を治して一歩踏み出して欲しい。
最後に、痛み止めまで飲んで、この闘いに臨んだ羽生結弦に敬意を表して、終了とさせていただきます。

2018/03/02 (Fri) 18:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply