フィギュアスケート語りブログ。男子シングルを羽生選手中心に応援しています。

フィギュアスケートと他の何か

このブログのタイトルを「羽生結弦と他の何か」にした方がいいんじゃないかと思う今日この頃。一応男子シングルメインですが、他ももれなく好きなんですけどねー。なにしろ毎日更新できる環境にないんで、取捨選択していくと「羽生くんと他の何か」になってしまうのですよw

いや、しかし!まだ!まだ足りない!タイトルを変えるにはまだいまいち愛が足りない!愛より睡眠、愛より食事、愛より風呂、愛より金が勝るようじゃ、まだその資格はない!

さて、というわけで8月31日に放送されたラジオ「ANA WORLD AIR CURRENT」の感想です。とりあえず言い訳しておきますけど、やたらと遅くなったのはめちゃくちゃ長くなるからです…。レビューはもうね…極端に短くなるか極端に長くなるかどっちかなんですよ、要するに下手なの!それと同じ理由で先日発売された2冊の感想もなかなか手が出せないのであります。ぜってえ長くなるのがわかる…。

では始めますが、勇敢なチャレンジャーの方…ご武運を祈ります!くじけないで!











まずしょっぱなのストーリーに心底萎えた…。こんなんで「どっかいきたーい」「すてきー私もー」とかなるような純粋培養のお嬢さんがいるのか?「あ、これが恋なんだ…」とかなるより先にまずロックオンしてからメンバー決めるんじゃないのお?とか思っちゃう私は枯れきってるな…。小説とか漫画とかなら「ないないw」とか思いつつ読むくせに、なぜこういうのは鼻で笑うし。

それより早く羽生くん出せや。巻いて!


自分も巻くか。



さてこのラジオ、トロントまでのフライトをごいっしょします…との設定らしい…。本気で機内で収録すれば面白いのに…っていうか生で!生放送で!無理かwww国内の試合ですら生じゃねーからな、え?それとは違いますかwww

葉「えーそもそもスケートを始めたきっかけは何歳の時なんですか」
羽「僕は4歳の時から始めました。姉が家のすぐ近くのリンクで始めてて、自分、けっこうお姉ちゃん子っていうか、姉についてってて」
葉「いくつくらい離れてるの?」
羽「4歳半くらいなんですけど、姉が自転車乗ってたら僕が3輪車で追いかける(笑)そんな感情の流れでスケートをしたくてやったわけではなくて」
葉「お姉ちゃんといたかったっていうのが大きいんだ」



ここの話はすでに既出の話ですがゆづオタのスケオタからは一斉に

「姉さんグッジョブ!」
「よくぞスケートをやってくれた!」
「ある意味奇跡!」

などという感嘆の声があがったに違いない。というか一部では確かに見た。ここでお姉さまがお人形遊びをするようなお子様だったらまず起こりえなかったことですからね…。まあ羽生くんのお姉さまだから、身体能力高そうだしなー。少なくとも私が姉ならまずスケートなんぞ選ばないぞ。そういう風に考えると色々人生というか運命って不思議なもんですね。
しかし兄弟っていいですねえ。一人っ子な自分は憧れですわwそういうとけっこう「どこが?」と言われるんですが、羽生姉弟はそういうことはなさそうだな。

葉「一回もやめたいって思ったことない?」
羽「いや、僕…すっごいありますよ。あははっ!」



これは皆さんそう言うね。やめたいって思っても実際はやめないところがミソなんだろうな。思うだけですんじゃうというか。うまくいかなかったりすると「あーやめてー」「なんでこんな思いしてやってんだろ」とかそりゃ思うよね。もっとも「思うだけー」じゃないとこのクラスまであがれないだろうけれど。


葉「逆に言うとやめなかった理由もわかる?自分で明確に」
羽「今はわかりますね。結局スケートが好きでした」



スポーツ選手が実はドMなんじゃないかと思うのがこういう瞬間。

だってさ、辛くてやめたい!とか思うわけでしょ!?うまくいかなかったりとかさ!そういうのをそもそも好きだと思えるのが私には分からないわ!うまくいくから楽しいんであってうまくいかなかったら楽しくないじゃない!スキーなんて1回しかやったことなかったけどこけまくりで、もうやだ!とか思ったけどうまく滑れるようになったら「もう1回くらいやってもいいかな///」って思ったもん!

まあ世界トップレベルのお方と運動音痴の思考を合致させようって方が間違ってるんですけけどね、こういう心理ってちょっと理解できないけど、でも分析は楽しそうだな…。他のサンプルと一緒に研究してみたいです。

羽「難しいことってやればやるほど達成感っていうのがものすごくあって、それをできたとき、もちろんジャンプだとかそういうのが明確に飛べた飛べないっていうのがあると思うんですけれども、一つ一つ自分ができるようになっていく感覚がものすごく好きで、僕が一番スケートが好きな理由なんじゃないかなって思います」



できるからでしょ!?
っていうか根っこの部分で「できる!」って信じてると思うんだよね!
できる!と思ってるから頑張る→頑張ってできるようになる→達成感→やっぱスケートって好き!という正の連鎖!
やっぱできねーわ→できないと思うから諦める→やらないから一生できない→スケート?うまくできないから嫌いっていう負の連鎖!
自分は間違いなく後者です!でも私は身体能力が低いので、その判断は間違ってないと思う。そういう風に考えると、性格・能力・精神力とか色々併せ持たないと、世界トップレベルまでいかないんだろうな、とも思うわけですよ。つくづくどこかで諦めて「野球にしよ」とか思わなくてよかったです、羽生くん!

葉「誤解を恐れずに言うと、たとえばさ、ロールプレイングゲームってやつでさ、きついとこくると…燃えるじゃん」
羽「そうです、それはあります、レベルあげとか」
葉「レベルあげ、がーっとやって、そしてクリアしたときに「よっしゃあ」みたいな」



レベルあげが燃える…だ…と…。
変態よ!ここに二人も変態がいるわー!!
あんな萎えるものはねえだろうがアアアアアア!!!!特に後半LV33超えたあたりからのひたすらレベルあげなんて辛いなんてもんじゃない!もうつまんない!
戻るに戻れず、っていうか戻ってもモンスターレベル低いから足しになんないし、かといって同じとこでぐるぐるぐるぐる回るのってちょー疲れる!
短気でこらえ性のない私はついつい攻略本を見て、あと幾つでレベルあがんのかな…とか確認して「…やめよ」となるパターンがほとんどでした。
え?攻略本見なきゃいいじゃんって?最近のゲームは無駄に難しくて攻略本がないと私は無理!でもそうすると早くクリアしすぎて後半レベル足りなくなってひたすらレベルあげになってつまらなくなってやめる、というパターンに何度も突入しました。まあ馬鹿なんですけど。

いつか羽生くんに質問したいな。

「攻略本見ますか?」
「レベルあげそんなに楽しいですか?自分で変態だと思いませんか?」
「お好きなモンスターいます?」
「FFシリーズはどれが好きですか?」
「19歳になったらエロゲー解禁ですか?」

最後のはやめとこうな。
RPGをやったことあるならドラクエとFFはやったことあると思うんだけどなあ…。あーでも年齢的に…古いかwww。イメージ的に格ゲーやってそうだけど。個人的に最近はオンラインが多くてちょっとやだ。ああいうのって好きな時間に没頭してやりたいよね。

まあいずれにしてもこういうのを楽しめる変態だから、このお二人は大成できたりするのね…。変態すぎて私には理解できないけれど…好きな人を理解できないって辛いわー。
ところで誤解を恐れずにってなんの誤解でらっしゃるの?誤解なんてこれっぽっちもしてませんわよ。あなたがたふたりは変態だと正しく認識いたしました!全く誤解はしておりません!

羽「ちっちゃい頃から学芸会だとかそういうもので主人公になりたいタイプで」
葉「はははっ!けっこう目立ちたがりやだったんだ。小さい時から」
羽「はい。フィギュアスケートってあれだけ大きなリンクで一人だけで滑れるっていうのがあるじゃないですか」



サッカーだったらFWタイプかな…。でもまず選ばないね。なぜならばサッカーは一人が目立つってあんまないし。GK目立つけど、やたらとテレビで映るときは猛攻撃受けて大ピンチなときという理不尽なポジション!勝ってる時は映らず目立たず影薄い!
GKはないな。
サッカーやる羽生くんは全く想像できませんが、少なくとも羽生くんのようなメンタルならば「俺が決めてやる!」的なFWになれるだろうな。少なくともゴール前でパスはせんだろう…。ちょっとメンタルわけてあげてください。
まあ最近は代表の攻撃陣も変わってきたけれども。

羽「やっぱりそうやって自分が色々できなくなった状況を知ることによって、練習の大事さっていうか、練習がこんなに楽しかったんだなって思えることは何回かありました」


練習がしんどくて嫌い…でも…という話からこの流れですね。それにしても言葉選びのせいだろうか…内容が18歳じゃない…。「状況を知ることによって」とかめっちゃ客観的目線で語ってるやんけ。やだ…怖いわーこの18歳。サバ読んでないよね?

葉「子供の頃憧れてた選手っているんですか」
羽「エフゲニー・プルシェンコ選手ってロシアの選手なんですけれども、今年もう30過ぎてるけど、まだ今年のソチオリンピック目指すって言ってるんで、もしかしたら戦うことになるかもしれないんですけれども、ものすごく緊張の方が強いですね、はい」



ソチのときだけプル様のこと忘れて!
まるであれだなwww昔のトレンディドラマに出てくる、あれですよ。女のいる男ともにょもにょする時に「今だけは彼女のこと忘れて!」とか言うじゃないですか。なんか気分的にはあれに近いね!


ソチの女神たん「あなたがプルシェンコのこと愛してるのはわかってるの…。でも今だけは…あたしのことだけ考えて!あたしのことだけ見つめて!じゃないと…あたし…あたし…!」


いや真面目な話だからこれ。
いつかのインタにありましたよね?Pチャンにばっかり気を取られちゃったっていう話が。凄い選手だとはわかってるけれど、特に憧れというわけでもないPチャンでさえこれですからねえ…羽生ファンは恐らくそこのところも気が気でないでしょう。
まだお互い代表は決まってませんから、まあ今から心配してても仕方ないんですけどねw「ああああやっぱりいいい」なんてことにはならないことを祈るわ…。まあ忘れるなんて無理なのはわかってるんでwwwコントロールできればそれでいいんですけどね…。うーん。

プル様がジャンプで転ばない。まず失敗しない。だから音楽とスケートが途切れない。という話をしてましたが、ちょっと興味深いな…と。というのも回転不足とかエッジエラーとかあるじゃないですか。まあ、プル様は回転不足ほとんどない(らしい)し、エッジエラー喰らう率高いフリップは今は外してるらしいですが、羽生くんはフリップエラーくらっても外さないしなーとか、回転不足より回りきってからの転倒の方が点数的には高いわけで、でも見た目とかは回転不足の方がいいから、割と観客は騙されるよなーとか。そういうところはどうなんだろう…とかちょっと疑問が。
私も過去すべてのインタや発言覚えてるわけじゃないですし、知らないこともあると思うのでそういうところの話とかしてたらごめんなさい、ですが、ちょっと気になった。







ところで「くじけないで!」とか書いといて私が最初にくじけました。1回ここで切りますね。これでもかなり抜粋してるんですけどwwwなげえよ!やっぱ!
続きは別記事になります。




やだ…これ3回くらい連載になったらどうしよう…。








人気ブログランキングへ



スポンサーサイト

テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(羽生結弦)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0



※コメントについて   
◎記事に関係ないコメントはご遠慮ください。ただしフィギュアに関する情報・雑談コメントはいつでも歓迎しています。   
◎コメント返信は気まぐれに行っています。また、書きこまれたコメントは記事内で引用する場合があります。   
◎住人同士の意見交換(要するに喧嘩)は1対1でお願いします。
◎誰のものであろうとアンチコメントはお断りします。私判断で削除します。   
◎HNは必ず書き込んでください。また、HNは一つのみ。ネームと判断できないコメントも削除します。   
◎いやーんなコメントはスルーし隊の方々へ   
あまりに耐えられなかったら非公開でぐちってください。それでも耐えられなかったらコメント欄は読まないようにしましょう。   
◎いやーんなコメントは蹴散らし隊の方々へ   
火事と喧嘩は江戸の華、ではありませんが管理人も(あらゆる方法で)楽しませていただきます。土足で踏み入れるお客様に文句を言う資格はなし。聞きいれる義務もなし。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

神無月

Author:神無月
超にわか。記事内でジャンプの間違いをすることもしばしば。間違いは優しく指摘してくださると嬉しいです。

→ このブログについて

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ツイッター

コメント

データ取得中...

月別アーカイブ(タブ)

カウンター