ルーヴル美術館展に行ってきました。

神無月

雨に降られたらどうしようかと思いましたが大丈夫でした。
というわけで上野の東京都美術館に行ってきました。


blog13-9-4-2.jpg

っていうか上野公園内で迷った私です。
毎回毎回迷う迷うってネタじゃねーの?って思いの方がいらっしゃるかと思いますが、マジでネタじゃねーの?って思うような迷い方をするのが生粋の方向音痴なのです、ご理解ください。好きで迷ってるんじゃないんだよ!

というかそもそもの始まりが悪いw西洋美術館だとばっかり思ってたんです。ところがかの美術館の前に行っても、ミケさんの紹介看板しかない(ミケさんとは進撃の人ではありませんよ!)。
あれ、やばい、どこだっけ、とチケット見たら「東京都美術館」と書いてある。どこだよ、それ!?まさか六本木…とか一瞬焦りましたが「上野公園内」って書いてあった。あーよかった、はいいものの、東京都美術館は初めてです。とりあえず園内地図を頼りに歩きましたが、見事に迷いましたとさ!このくそ暑いのにwww

まあなんとか無事についたので良しとしましょう。

混んでるかなーと思っていたんですがそうでもなかった…。というか空いてましたね、正直。まあその方がいいですw皆さんマナーのよろしい方ばっかりで、少なくとも私が訪れたときは携帯鳴らす方もハイヒールをカンカン鳴らして歩く人もいなかったし(まあ下がカーペットだったから鳴らそうとしても鳴らなかったかもしれんがw)。おかげさんでじっくり観れました。(私比で)

ただ…なんとなく小粒感が否めかったなー。過去に行ったツタンカーメン展とかラファエロ展は「これ!」というメインがあったんですが、この美術展のメインはアルテミス通称「ギャビーのディアナ」らしい…。正直知らんかった。
ルーヴルには二度ほど行ったことがありますが、少なくともツアーの見学コースには入ってなかったぞwルーブルっていったらやっぱ「サモトラケのニケ」「ミロのヴィーナス」「モナ・リザ」「ルイ14世の肖像」「7月28日ー民衆を導く自由の女神」あたりがメインかと。あとはエジプト関連ですね。

もちろん悪くはないけれど、少なくとも一般大衆は釣れないだろーなwwwというお話。マニアじゃないとちょっと…。お前はどうなのよ?って。私も別にそこまでマニアじゃないです。「ルーヴル」の4文字で即ポチっただけですのでwwwでも歴史好きなので割と楽しめましたね。ケースに入ってなかった碑文とかあったので、象形文字をじっくり見てしまったwww象形文字美しいよ…象形文字最高。楔形文字も生で見た。だがあまり美しくはなかった…。美しさは象形文字がダントツなんだぜ…。

ルーヴル美術館も全部回るとしたら1日じゃとても足らないと言いますからね。私もツアーの最短コースでメインどころをざっと回っただけですので、もちろんそれはそれでいいんですが、さすがに象形文字をじーっくり眺める時間なぞないわけです。そういう意味では逆にこういう、メインどころがなかったからこそじっくりと眺めることができたという面がありますね。

何が言いたいかというと結局行ってよかったってことだ!うむ!

一つだけ文句があるとすれば…。
出口付近でアンケート用紙を渡されたのです。反射的に受け取ってしまい「しゃーねーな」と思いながら「協力してやるか…」とペンをとったわけです。
すると何やら「モニター募集」とか「フランス8日間」とかちょろっと書いてあるじゃありませんか。これはあれか!アンケートにお答えした方から抽選で…というやつかしらね、わくわく。とか思って意気揚々とアンケートにお答えし、住所を書こうとして…ふと思った。

なぜにツアーの値段が書いてあるのだろうか、と。

抽選で当たります!ならタダのはず。値段なぞ必要ない…。なんだこれは、と思ってよーーーーっく読むとこういうツアーがあってモニター募集してます!アンケートにお答えして住所を書いてくださった方にパンフレットをお届けします!ということ、らしい…。


要するに旅行会社のチラシみてーなもんじゃねーか!あぶねーだろ!紛らわしい書き方しやがって!!


別にパンフレット送られてきたからって即決定なわけじゃないが気分の問題!っていうかパリは大好きだけど、ここで行くくらいならエリック・ボンパール杯行って羽生くん観るんだよ!!そのついでにルーブル行くの!わかったか!

あ、もちろん住所氏名は書かずに投函しました、ほんとあぶねーなwww気を付けないとな…甘い話には裏がある。世の中、そんなうまい話なんて転がっていないのです…。皆さんも気をつけましょうね…。













スポンサーサイト
Posted by神無月

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply