フィギュアスケート語りブログ。男子シングルを羽生選手中心に応援しています。

フィギュアスケートと他の何か


アサインでそわそわしてそれどころじゃないっすか?
私、もう~~このプロ楽しみ過ぎるんですよね、色々な意味で。
というわけでちょっと色々考察をば。

映画の陰陽師の音楽なので、私も単純に晴明を演じるんかと思っていたんですが、どうも羽生氏の言動にそういう感じがしないんですな。
ファントムの時は「僕なりのファントム」とか言ってくださって…。

「あ?」
「僕なりだ?」
「逃げてんじゃねえぞ?」
「ああん?」

という気分にさせられたものですけどねwwwやあん、怒んないでえ、過去の話よ、時効よお。
空気読んでちゃんと黙ってたでしょ?www許してえんwww
このプロに関しては「安倍晴明」を表現したい」とか「演じたい」とは言ってない。むしろ「和」の持つ世界観を表現することにこだわってるようなので、そのモチーフがたまたまこれだった…というだけでしょう。

そもそも「和」とは何かな?と思いました。「和」とは「倭」すなわち日本。「和」というとどこか曖昧ですが、「日本そのもの」を表現したいといえば凄くしっくりくるな。
では「日本」とはなんだろうと。何を持って「日本」というのだろうかと。

これは後にして「SEIMEI」の方を考えていこうかと。ただなにしろ全部観たわけではないから、あとから見当違いのあまり床をローリングするかもしれんけどwwwそれはまあ想像することの楽しさを味わうということでwww

「SEIMEI」は「生命」かな、と思いますよね。ここは単純に考えました。
陰陽師といえば悪霊などを浄霊したり…などするわけで、コレオなどはあのハイドロがその部分で、イナが天へ向かう魂を表しているとしたら、元々悪霊も生きた人間、一つの生命だったわけで…と考えるのもありかな。

しかし私は「SEIMEI」を「生命」だと思った瞬間、なんというかもう「晴明」とか文字通り吹っ飛んじゃったんでwww

http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/2015/06/13/post_499/index4.php

しかも読み進めてるうちに面白くって色々考えてしまいました。
陰陽道の世界観を表現してるのか?と。それの文字通り「憑代」「形代」が「陰陽師=安倍晴明」であるわけで。
ですから「安倍晴明」を演じるというとちょっと違う。でも間違いではない。

そしてこの陰陽道の世界観に魅かれた理由が、まさに「日本」そのものに一番近いからかな。
いわゆる陰陽五行(木・火・土・金・水)ですね。
これはもともと大陸から伝わって独自の文化を遂げたようですけど、そもそもなぜ定着したかといえば、まさにこの島国の風土にあったからだろうな、と勝手に思っています。すなわち自然を敬い自然を恐れ自然と共に生きるという日本の風土。

全ての事象が(陰陽)五行から成り立っているとされます、すなわちこれがなければ生命を育むことができないわけです。
五行の木の穏やかさ、火の激しさ、土の広さ、金の輝き、水のあたたかさとか、そういうものを感じるようなプログラムかなあ?とか想像しています。
「日本」を表現できるものって限られていますよね。大河ドラマも時代劇もそういうものは感じない。

そもそも民族音楽というのを私は全てを知っているわけではないですし、民族音楽とは限りませんけども、故郷やその国を思い起こす時に何を思い起こすかといえば、故郷の自然ではないでしょうか。
ざっと思い起こしても色々な音楽がありますよね。「モルダウ」も「ブエノスアイレスの四季」もそう。

どんなに厳しい風土でも、離れていて思い起こすのは故郷の自然であり、その国の人々であり…。

そこまで意識していたかわかりませんが、そういう意味ではこのモチーフはもっとも日本らしくあるもので、いい曲を選んだなと思います。まあ私観たことないですけどね!
そして自然も生命ですよね、人間も草も花も動物も。

んーっと!なんか!ここまで書くと!単なる考察なんですけど!
こういう風に考えるとなんか…うーん…うーん…、大震災は相当影響を与えてるんだなあ、とか思ったりしましたね…。
いや、勝手に考えてるだけなんですけどね…。

で、まあ、ジャッジ受けはまあ…それこそ色々楽しみにしている方には悪いけど、それこそ「安倍晴明やります!」じゃなければいけるのではないかと。
感想聞いてると自然を感じた方々が多いようなので、元々、キリスト教に取り込まれる前の各地の神々には自然の神々がいたことを考えると、それこそ世界観を表現できれば感じるものは絶対あるはずです。

ところで、テンポがいいところってどこですか?

ステップシークエンスですか?
ステップシークエンスですか?
ステップシークエンスですか?

期待していいんでしょうかね!
期待しちゃうぞ、こんちくしょー。

さ、そろそろ、アサインですね!


スポンサーサイト

  1. フィギュアスケート(羽生結弦)
  2. / trackback:0
  3. / comment:32

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/06/16(火) 08:53:39 |
  2. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/06/16(火) 09:14:42 |
  2. URL |
  3. ゆにこ
誰もコメントしてないんですね。どーしよー。
と言いつつコメしてますが。
私は現地で見ていないのであんまり言えないんですが。
今までの自分のコメントが、このプロに否定的に見えたかな、と思ってちょっと釈明に。

和プロって、絶対合いますよね。彼の顔立ち(スタイルは日本人離れしてるけど)、佇まい、所作、全部が和だと思います。生ける「和」。
だから意外だったというか、もっと、苦手を克服するようなプロが来るかと思っていたので。
晴明は、本人もイメージが合ってると思うと言っていましたが、晴明を知っている人はそのイメージで演技を見られるし、知らない人は和のイメージで見られるし(それには衣装も大事)。誰が見てもしっくりくるプロになると思います。
終盤疲れて素が出ちゃっても、本人のイメージに近いので違和感がない。むしろ全力な感じが「生命」とか「自然への畏怖」を連想させるかも。
ということで、まだプロを見ていない私の中では、新たな面を発掘、というよりは、持っているものを更に磨き上げる、という印象です。
だから、演技そのものにはとっても期待しています。

ただ・・・昨年も一昨年も、夏に公開練習の映像見て期待していたら、試合になって「あれ?」だったもので~。
加速しそうな期待にちょっとブレーキかけとこうかな、と・・・。


  1. 2015/06/16(火) 10:07:41 |
  2. URL |
  3. mizuki
実は、最初に「SEIMEI」って見たとき、「生命」と思いました。同じように、震災の影響はかなりあるんだなと。
で、前回のコメで、風のような躍動感と書きましたが、脳裏には谷間を流れる川の上を走る風が浮かんでいました。憶測ではありますが、これが本来のテーマであるなら、旧ロミジュリを超える好きなプログラムになりそうな予感がしますww
何度も言いますが、大丈夫ですって、伝わります♪なので、ジャパニーズ・ミステリアス・スマイルをお忘れなくwwwww

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/06/16(火) 10:59:35 |
  2. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

大好物の神無月さん考察

  1. 2015/06/16(火) 11:05:18 |
  2. URL |
  3. アナベル
お久しぶりです。
アサインも出たし、こそっと再びお邪魔しまーす。

神無月さんの考察、大大大好物です。
SEIMEIと、あえてのローマ字表記にした由来を聞いてまず浮かんだのは私も「生命」でした。
それと神無月さん考察の震災の与えた影響。
それゆえの「僕にしかできない和」ということなのでしょうか。

とにかく、SEIMEI楽しみで仕方ありません!!
ビッグハットの仁義なきチケ取り合戦、残された現役生活を考えると家族に後ろ指差されても参戦するしかないですね。
昨年以上に取れる気がしませんが…。

青龍 白虎 朱雀 玄武 ( ̄ト ̄) う~えいっ!

  1. 2015/06/16(火) 11:43:19 |
  2. URL |
うちの物の怪ワンコを相手に陰陽師ごっこをする自称27歳・・・ややアブナイシトである。

えっ?安倍晴明を演じるんじゃないんかーい、かーい、かーい…(こだま)


うむ、神無月さんの仰るように「和」の持つ世界観を表現することに重きを置いているんでしょう!

というか、安倍晴明を演じるということは、ファントムみたいなキャラモノを演じるのとは全く違うと思うんだな。

日本文化、和文化。例えばゆづも取り入れたという能ですが、主にシテとワキといった二人が登場します。

能ではこの二人の会話がピークに達した時に、ふたりの心情でも、二人自身のことでもなく情景や風景が謡われる。。会話する二人の間の境界がなくなり、さらに二人は風景や自然と一体化してしまう。

で、観客は囃子方(後ろで音楽やってる人達)の謡いの風景の中に、二人の思いを感じる。

・・・と、以前読んだ能楽の本に書いてあったそうな。


うん、我々日本人は風景や自然の中に「思い」を感じるものなんだよね。そういう日本人の感性が「和」の世界観には流れているんじゃないかと思う。

だから神無月さんの仰る「安倍晴明を演じるというとちょっと違う。でも間違いではない・・・」という考察のは、よくわかる。

安倍晴明を演じるというのは、その情景や自然を演じるということでもあると思うので。


>「SEIMEI」を「生命」だと思った。

私も思い浮かべましたw
そしてたぶん、ゆづもそれを意図してるんじゃまいか。すごい男だよなーあの若さでwww

初めてこの曲で滑るゆづを観た時、ある自然の情景が浮かんでくるとともに、和プロを超えた広がりのある曲というか。宇宙的な広がりも感じる曲だなぁ。って思ったんですよね。

まあ、こじつけると宇宙=生命の起源であるからして…

「和プロ選ぶんだったら、どうしてもっと違う曲を」って言う意見も読んだけど、私はなかなか良いチョイスだと思いました。

曲聴いてみたらア~アアアァ~ッ♪入ってるし ←コレ重要!アアアーッ好きだからっ

ジャッジ受けは、私もいけるんじゃないかと思いました。かえって日本人の観客の方がうるさいんじゃないかとw だって、日本人の専門分野だもんね。皆、一家言あるわけだからしてw

長々と失礼致した・・・悪霊退散っ!!! ていっ!

陰陽師…!

  1. 2015/06/16(火) 12:01:57 |
  2. URL |
  3. とらり
すっごく興味深い考察記事ありがとうございます!何となく考えていたようなあのプロの受け止め方を更に素敵な言葉に纏めて戴いて溜息をつきました。

陰陽師。映画も含めあらゆる媒体で若い時か読み耽りました。一貫しているのは日本人の本質と云うより人間の本質と自然や理との関わり?
これを日本独特の音と世界観で見目麗しい羽生くんが彼の解釈として極めてくれるのであれば、本当に期待しかないですよね( ´-` ).。oO
昨夜、陰陽師Ⅱを昨日観ましたが、野村萬斎さんにアイスショーが無い今週に弟子入りしてくれないかと思わず妄想してしまいました(笑)

あーありがとうございます

  1. 2015/06/16(火) 12:30:07 |
  2. URL |
  3. じゃむし
自己分析力がイマイチなので、最初『陰陽師』と聞いたときの落胆と・実際に見て感じた期待感・安心感との落差に自分でもビックリしたのですが。
ああ、そーゆーことですよね、『陰陽師の世界観を用いて和の国に古来から息づく生命の息吹を演じてるよう』だから私は安心して期待することができたのだろう、と腑に落ちました、ありがとうございました。

彼らはスケーターですから、本来バレエ音楽使ってもバレリーナになる必要はないし、能役者が演じた映画音楽使っても役者になる必要はないんです。もちろん、まっちーのように曲の背景や原作に深い造詣を持って、ある意味曲そのものに忠実に表現するスケーターもすばらしいわけですけど、それは表現型の一つでしかなくって、曲の世界観を一部借りるかたちで自分が表現したいものを表現するスケーターもまたすばらしいと思うのです。でもって、はぬう氏は後者の型の表現者だと思うのです。

言葉は違うかもしれませんが、原作に忠実でない表現型である分原作に左右されない表現であるといえるので、『能』『オンミョージ』なるものを全然知らない異文化のジャッジに伝わる伝わらないの心配をする必要はないと思いました。無論、万人受けするプロではないですけど、こういうプロは今ここでやっとかないともうできないな、と思えたので、その心意気やよし!!と応援する気になりました。

いやあ、最初、『僕なりの安部清明やります』で、皆殺し陰陽師でリンク百鬼夜行にするつもりか、とgkbrだったんですけど、現物見たらそうじゃないと感じられたのですごくすごく嬉しかったんです。成長したんだな、と思って。どういう結果になるかは10月以降にならないと???ですが、『SEIMEI』が『僕なりの安部清明』に化けてしまわない限り、全力応援の気持ちで今はいます。

期待膨らむばかり

  1. 2015/06/16(火) 13:04:47 |
  2. URL |
  3. つっちー
私もはじめ、このフリーの情報を知った時は、安倍晴明という人物を通して、日本の美を表現するのかなと思ってましたが、このインタ記事を見て、おおっ!となりました。
陰陽師にとらわれることなかれかな?

「その子二十…おごりの春のうつくしきかな」という歌がありますが、

今、まさに生命を謳歌している感じの二十歳。
晴れやかで明るいのも、SEIMEIですね。
力強く、美しく、その存在だけでキラキラと輝いていてる。
生命讃歌みたいなものになるのでしょうか? まぶしすぎますね(>_<)

今の結弦様にまさにぴったり!

白の装束で、穢れなんか寄せつけず、風となって疾走。
時に荒ぶったりしても、それはそれでオッケイな気が。
とにかくエネルギーに満ちて、 繊細かつスケール大きく、神々しい作品になりますように(^^)

床をローリングする時はお供します。

色々考えてます・・・楽しくて!

  1. 2015/06/16(火) 16:43:52 |
  2. URL |
  3. ルカ
DOIの演技を実際に観ていない私が何か言うのはちがうのかも知れませんが、ニュースで断片的に紹介されたDOIの演技+インタビュー、Sportivaの記事、昨日今日のNHKのインタビューを見て、色々楽しみで想像膨らましてます。
さらにそこに神無月さんのこの記事でしょ!?楽しくたまらないです^_^

「陰陽師」は、私も一般常識(?)として知っている程度で観たことなかったのですが、ようつべでサントラの音源を探していたら映画そのものがあったので観ちゃいました。

安倍晴明が予想以上に艶っぽいキャラとして描かれていて・・・
これは、羽生君すっかり男の色気に目覚めたのか?!
・・・というのは、ジョークというか、そんなに重要なことではないです ^^;

楽しめる映画でしたが、ストーリーを再現しようとか、安倍晴明を演じたいとか感じるようなものではない、あくまでもこの主題をきっかけとして、日本の精神性とか風土とかを表現したいんだろうなと想像しました。

「SEIMEI」というタイトルをネットの第一報で見た時、私は安倍「晴明」とは分からなくて、即座に「生命」だと思いました。
「晴明」意外の「SEIMEI」の意味、おそらく殆どの人が「生命」を思うことだろうし、それが意図されているのではないでしょうか?
今後本人が語ってくれることもあるかと思いますが。
「生命」を育む日本の自然、風土、精神性、etc.・・・そういうものが表わされるプログラムになったら・・・壮大なロマンですかね!?

「SEIMEI」が出てくる前から思っていたことなのですが、羽生君って日本的アニミズムを内面に強く持ってる人なんじゃないかなぁ。
氷に触れて挨拶し、シーズンを通して足を守ってくれた靴に感謝し、演技後自分の身体の部位一つ一つに触れて感謝し・・・
そういう羽生君を見ていて、とても日本的なものを感じていました。
そんな部分もプログラムに反映されたら素敵だなぁ・・・♪

神無月さんがおっしゃるように、

>、元々、キリスト教に取り込まれる前の各地の神々には自然の神々がいたことを考えると、それこそ世界観を表現できれば感じるものは絶対あるはずです。

ジャッジの方々にも伝わるものがあると期待したいですね!

そして、本人も言っているように「曲からの挑戦」も、成功するところを観たいです。
今までのように曲に後押ししてもらうことは期待できないだろうから・・・。
チャレンジであると同時に、曲に頼る必要はないという自信だったら嬉しいですね!


色々取りとめないですが・・・


主の結弦愛が炸裂www

  1. 2015/06/16(火) 17:20:00 |
  2. URL |
  3. ぴなこたん
いやーぁ、もう『SEIMEI』の何がいいって
まだ全容が明らかになる前に、ここまでの考察を主様にさせちゃうとことかwww
でもホントいいですよねー、観る側に深読みさせるプログラムって。

これまでの映画音楽シリーズはすべて有名なストーリー(しかも悲恋モノ)であるため
万人に理解されやすい反面、羽生くんの表現を狭めているのでは、と思っていました。
ドラマティックだけど、そのドラマに制限される、と言うか。
だから「誰か」を演じるのではなく「何か」を体現する、という方向性には大賛成です。
その方が向いてるとも思うしね。

そもそも悲恋モノで表現される感情って、解釈の幅がせまい恋心なんですよね-。
恋、というとイコール男女間の恋愛と捉えがちですけど
本来「恋う」と言う感情の向く先は恋愛対象とは限りませんよね。
羽生くんの中にある故郷を「恋う」気持ちはとても強いのだから
それを表現できるプロがあればいいのに、と思っていたので
『SEIMEI』がそうなってくれれば本当にうれしいです。

とにかくこの曲、聴けば聴くほどかっこいいので今はホント期待しかない!
観たい!ステップシークエンスが観たい!!
そのためには血みどろの戦いを経てNHK杯のチケットを取るしかない!…のか?
よーし!新記事行ってこよ!!

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/06/16(火) 18:29:31 |
  2. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは

  1. 2015/06/16(火) 18:31:29 |
  2. URL |
  3. nakanaka
SEIMEIは生命、晴明。
他の漢字は浮かびません。
テレビのちょびっとしか見てないので
何とも言えませんが。
何かを演じているのを見るのでなく、見る人に何かを感じ取ってと言われてるのかなぁと
今までのプログラムよりももっと、見る人によって感じ方が違う様な気がします。

海外のジャッジや観客の方でも感じ方は国や個人の環境によってきっとまちまちでしょうけど今までの羽生さんじゃないところを見つけて貰えそう&私も見つけたいです。
神無月さんの考察じっくり拝見させて頂きました。ありがとうございます。

私もそこ気になってました

  1. 2015/06/16(火) 18:37:45 |
  2. URL |
  3. 朱里
安倍晴明を演じたいのであれば「ONMYOJI」でイイはずなんですよね。
わざわざ自分でタイトルつけるとかうぉっ中二‼(褒めてます)とか思ったんですけど、調べてみると色んな意味があって興味深いです。

生命…私も最初にそれが浮かびました。今までの羽生くんの人生を思うと、とても深くて重いです。
彼はたぶん、あえて意識してとかではなく、日常的に命とか自然とか故郷とかそういうことをいつも考えてる人なのかな、そして普段思ってることをこのプロで表現したいのかな…て。まだ経験してないような(決めつけ)濃ゆい恋愛を想像するよりもずっとずっと苦しいかもしれない。彼の半端ない覚悟を感じます。
まぁもしかしたら「オレってサムライよりは陰陽師とかそっち系じゃね?」位の気持ちでチョイスしたのかもしれませんがwきっかけはそれでも、普段の彼の思いに寄り添うように自然に導かれてるのかな…なんてね。あくまで私の想像です。

私はお茶の間組なのでニュースの断片でしか見てませんが、和風ヒャッハー→でもジャッジ受けとか大丈夫?→まぁ何とかなんじゃね?の流れを一通り辿った今、とても楽しみで仕方ないです(*´ω`*)
でも衣装がどうしても宇宙服に見える…(最初の一報で妄想のハードル上げすぎた自分のせいです、ハイ)

最初題名聞いた時。

  1. 2015/06/16(火) 22:07:32 |
  2. URL |
  3. ちいこ
セイメイの考察、ありがとうございます♪
神無月さんたちの目の前、DOI・ワールド・プレミアで結弦様の新プロが披露されるであろう直前?に海外のジャーナリストからツッターで、新プロの題名が「SEIMEI」だと知りました~。
その時は、やはり「SEIMEI?生命?」という言葉しか思い浮かびませんでした!
頭の中にはNHKの特集番組のテーマソングが流れ、え~まさかああいうエンヤ系ですか?と見当違いな心配をしておりましたwww

羽生君は今はカナダ在住ですから、日本の国の自然の美しさとか、文化の美しさというのを外から見て、より客観的に捉えているんではないかなと。
日本の文化とか自然って、やはり瑞々しさかな。
カナダには行ったことはないですけど、中国や韓国に行って感じたのは、同じアジアでも、日本の風景は「水」を感じさせるような気がします。
羽生君の演技は、個人的にはw見ていると目の前に風景が浮かんでくるような鮮やかさがある。。。。スケールが大きいと思います。
なので、オペラ座とかノートルダムとかは、そのスケールの大きさを無理矢理押し込めたようなww気もします。
まあ、なんでもできるのがトップ中のトップでしょ、と言われればそうですがww
その辺りの進化はまあ、プロになってからでもできるのでww

こういうスケールの大きい、スケートそのものでイメージを氷の上に浮かび上がらせていくのは、挑戦的でもあり、彼の本来持っているポテンシャルを十分に生かせる方向性だと思います!
表現面の苦手分野を克服するのもいいけど、得意分野。。。本当の得意分野って、苦労しなくてもできちゃって、どんどん伸びていくのですよね。
その部分を伸ばす時期でもあるのかなと。
伸ばすというよりも、解放かな~。

とにかく、このプロでは、大ちゃんの伝説の「ヒップホップ白鳥」ばりに大冒険してほしいです。特に振付!コレオ、ステップ!
白鳥も覚えています。。。あまりの斬新さに、当時は首をひねられ、最初は評価も割れて点数もあまり出なかったのです~。
それが最後には最高の評価、今でも語り草になる伝説のプログラムになりましたお。

もう、カブいてカブいてカブきまくったプロに思い切ってしてくださいまし♪

しかし、神無月さん、ルール改正が出ましたが、私は4回転転倒のGOEが-3から-4になったこともですが、それより!
ステップのレベル判定が恐ろしく厳格化がされているうううう!
これは、レベル4をとろうとするなら、多くの選手が、すでにできあがったプログラムを見直すのではと思ってます~。
そして、セイメイのステップシークエンスが超かっこいいものだったのが、今回のルール改正で内容変更して、レベルをとろうとするあまりにイマイチなものになりませんように!と思うばかりです。
シェイさんのことだから大丈夫とは思いますが~。

長々と失礼しますた。

挑戦を応援するのみです

  1. 2015/06/16(火) 23:53:32 |
  2. URL |
  3. ふふっち
 神無月さんの深い考察をじっくり読んで いつも自分でうまく言葉にできない思いを沢山文字にしていただけていることに感激していいます。ありがとうございます(^^)

 私は最初にキャラのことでつい興奮してしまいましたが
 陰陽師は自然から宇宙の理についてや 日本人の心の奥底に持っている 自然との係わりや宗教観、死生観のようなものも含まれた作品で すごく深いテーマをどこまで追求するのか興味もあり、不安もありで新プロ発表から漫画もまた改めて眺めながらいろいろ考えています。
 
 実際に見に行かれた方の感想で 今までのプログラムの中で皆さんがちょっと物足りなく感じていた部分も色々変えてきているようですし 羽生選手のインタビューを見て来季のプロに懸ける決意のようなものを感じたので 今はショーバージョンがちゃんと見られて全体像が完成した姿を見られる日を楽しみにしたいと思っています。

 平安時代の頃も日本は多くの災厄に見舞われていて そういう中にあって都や国を剣や力では無いかたちで護っていた主人公に共通する想いを感じたり 陰陽師の中で 楽を奏で舞を踊ることは神事であって祈りが込められていたので そういうところにもひかれたのではないかなと勝手に思っています。 

 『日進日歩』と書いていた羽生選手にゆっくりする時間は無いだろうけれどせっかく関西に来る機会があるので 是非ゆかりの地として貴船神社に立ち寄ってほしいなあ。
 常に清涼な流れが豊かにあって生命力に満ち溢れた場所です。
 7月上旬だったら夜は蛍も見られるし 観光地化してしまっている晴明神社より…おススメ(罰当たり(^^;;)。

 そういえばインタビューで「和のプログラムが見たいとファンから沢山お手紙をいただく。」と言っていました。お手紙、やはり効果絶大のようですね(^^)

 そういえば衣装。なんとなく納得できないのですが上着?丈が中途半端なのか、ウエストマークしたらすっきり見えるのか…?
 シフォン生地にしてもっと袖ウエスト回りをふわっとさせたらどんどん牛若丸に近づいて言っていましますよね汗。
 衣装も変更の可能性有のようなのでどう変わって行くかも楽しみです。

早く見たい

  1. 2015/06/17(水) 01:48:19 |
  2. URL |
  3. ハンナ
読み応えのある考察記事、ありがとうございます。

このSportiva記事やインタビュー等を見て、改めて「あー、この人はすごいな」と思っている今日この頃です。
そして、これは最初になんとなく想像したものより、もっと奥の方に本人の意図や覚悟があるプロなのかも、と思いました。
自分が全部見た時に、何を感じてどう思うのか、ますます見るのが待ち遠しくなりました。

本人も挑戦と言っている新シーズン、思い通りに演技できるように、整ったコンディションで臨める試合(ショーも)が続きますように!!

考察楽しきことかな

  1. 2015/06/17(水) 02:43:07 |
  2. URL |
  3. KAO
うえ〜〜ン、こんな面白い記事に気づかなかった!『血で血を』に気をとられてたよ〜〜(TT)

...今更ですが、皆様のご意見、ミートゥー ミートゥー。
朱里さんの意見もなるほど〜。

そして神無月さん、
>しかし私は「SEIMEI」を「生命」だと思った瞬間、なんというかもう「晴明」とか文字通り吹っ飛んじゃったんでwww

同じくです。
DOI初日見たおかげで、曲もわからない まさに白紙状態で、「ヤマトタケルか?」とか思いつつも
杳としてすごいものの断片を垣間見たような気がしてたんですよ。。。
→で、直後に『映画の陰陽師』と知って「ん?直接的?」とちょっと軽い違和感あったんですが→ご紹介のインタ記事観て合点がいったというか。

...うん、晴明は単なるサイン。
日本文化を継承している野村萬斎さんや市川染五郎さんも大好きでリスペクトしてますが(ジョニー♡ほどじゃないけど)。
今回はYUZURUオリジナル、素でいけますね!

アアアァ~ッ♪もあるけど、鼻歌で歌える曲じゃないよね...メロディというよりビートを感じます。
和のビート!命の鼓動!

うーん、私が書くと うっすいwww あ、ローリングのお供は私もしますよーーまぜてまぜて!

追記!BSフジ DOIは全選手放送だそうですね!やったねボレロ♪
(じつは真面目に見ちゃった。もうエノケンとかに畏敬の念をもつレベルでした。)

今は楽しみ

  1. 2015/06/17(水) 05:30:10 |
  2. URL |
  3. ごまだんご
最初は結構ネガティブだったんですよ。
「なんだかなぁ~」って阿藤快状態。

1.また映画音楽
2.狩衣姿は以前からコラ画像でよく見たし、待ち望んでたファンも多いだろうけど、何だかそれに迎合してない?
3.「僕にしかできない」…確かにそうでしょう。
  でもジャズ、タンゴ、フラメンコといった外国人選手でも演技可能なジャンルで「同じ土俵」で勝負して欲しかった。
4.「能や狂言を見て参考にした」と聞いて、「見ただけ?」「ちゃんと指導受けないと"なんちゃって"にならないか?」と心配。
5.衣装が今ひとつピンと来なかった

でも神無月さんと皆さんのレポでの好評価で「…期待していいのね?」と思うようになり、
スポルティーバのインタで考えもわかり、今は楽しみです。早くこの目で見たい!

4に関しては、じゃむしさんも書いてらしたように、忠実に再現するから良いってもんじゃないな、と思いつつも、一つ一つの所作には意味があるだろうからそれが変な風にならないように一度専門家の人に助言を仰いでほしいなぁとは思いますけど。
とらりさん仰るように野村萬斎さんに弟子入り…とまでいかなくても、対談希望です。

あと、ルカさん書いてらしたようにテレ朝で陰陽師のドラマやるって事で、タイアップっぽくてちょっとモヤモヤはしますが…
決してそうじゃないんだろうけど、テレ朝は嬉々として番宣に使いそうだし、色々言う人もいるだろうし。
でも、そんなこんなも全て「乗り越えろ!なぎ払え!!」って気持ちです。
(あ、SEIMEI衣装、なんとなくクシャナっぽくもあるような)

私もサラさん同様、手のひらクルーで、バーティゴ、ドヤーズよりも神戸では新プロが見たい!
藍おばあちゃんはお手紙書いたのかしら?いつの間にか27歳になってますがwww

グリーン・デスティニー

  1. 2015/06/17(水) 06:25:11 |
  2. URL |
  3. USB
初日に新プロを見た瞬間、頭の中にビビビ!!と出てきたのは

グリーンディスティニー

2000年に公開された映画。内容すらも覚えていないけど確か見た記憶はある…
映画の壮大な場面が急に私の中に振って降りてきて、

グリーン…えっとえっと何だったけ…と一人で悶々としておりましたww

DOIの記事のコメントにも書いたんですが、
羽生くんが、会場全体に風を起こして疾走しているような…そんな錯覚に陥りました。

気になったので検索してみたら…ふふふ

私このシーンのことが蘇ってたんだわ…と一人で笑っちゃいました。
https://www.youtube.com/watch?v=hK9kKKvaI6A

竹林戦だって。今見るとワイヤーアクションもちょっと笑えちゃうけどww
イメージはこんな感じ。(誰かと戦っているわけではないんだけどね。)

彼が滑った後に背景が見えてくる…不思議。
羽生くんの動きの1つ1つが時空を行きかっているようにも思えてきました。

誰かを演じてると言うよりも、彼の持つ魅力そのものが際立つそんなプロに見えました。

チラリズム

  1. 2015/06/17(水) 09:55:42 |
  2. URL |
  3. s.k
国営放送のインタを見て、マスコミあしらいのクールさとともにカメラの向こうのマダム達に向かって「もちつけ、おまえら!」とビームを飛ばしてるように感じました。

3分クッキングなら材料紹介しただけ
ストリップなら踊り子さんがでてきただけ

海千山千のマダム達をチラリズムで翻弄する恐ろしい子です。
早く全部脱g…じゃない!見たい!

パンがないならお菓子をたべればいいじゃない。
チケットとれないなら観戦ツアーで海外へいけばいいんでない?

などど叶わぬ妄想にひたるしかないわね!

  1. 2015/06/17(水) 17:56:23 |
  2. URL |
  3. ぽけっと
前記事では半端なコメントをしてしまってすみません。
内容的にちょうどいいので、続きはこちらに書かせていただきます。

日本の曲で滑ってほしいと思っていましたし、ご本人の雰囲気にも合っていて、個人的には気に入ったものの、陰陽師という存在とその根底にある日本独特の世界観(自然や生命に対する考え方-SEIMEIは生命だと思いますよね、やっぱり-)を表現するのかなと思ったときは、外国の方にちゃんと伝わるのか少し心配になりました。
でも、少し考えて、そんなに難しく考えず、そのような世界観を持つ者の生き方や佇まいみたいなものを見せることで感覚的に伝わればいいのではないかと気づきました。そのための陰陽師なのだと。心配してしまった自分が恥ずかしい…。

私が今、羽生選手の滑りに重ね合わせているイメージは、祈る心、邪悪なものを退ける力、月の光のような神秘性や繊細さ、研ぎ澄まされた刃のような鋭敏さや美しさ、吹きぬける風のような潔さ…などでしょうか。外国の方にも伝わるイメージだと思います。
あれ?陰陽道の世界観やSEIMEIはどこへ…。外国の方のことを心配している場合ではありませんね…ショーの放送や今後のインタビュー、試合などを通じて、羽生選手が表現したいものを理解していきたいと思います。

今回のプログラムには、抑制された美の魅力を感じます。それも日本らしいと感じてもらえる部分かもしれませんね(今はそうでもないのかしら…?)。勢いよく感情があふれ出るプログラムも好きですが、こういうのもすてきですね。色気とは違う方向性の、大人のプログラムだなと感じました。残りの1分半はどんなふうなのか楽しみです。そこでは感情があふれ出しているのかしら。盛り上がるところがあるというお話でしたし。
そのときは、神無月様がきちんと関連づけてくださった陰陽道の世界観に当てはめて、火の激しさか金の輝きだと思うことにしますね(どちらだと思うか、または、他のどれかだと思うのか…)!
ご本人の実際の思惑がどうあれ、五行を当てはめるならこの部分がこれ、などと考えながら見るのはおもしろそうです。紅天女の課題を思い出しました(あちらはたしか4種類でしたけれど)。

震災は、人生観や人格形成に大きく影響したでしょうね…。昨年のショートのバラード1番も、ショパンの故国への想いにご自分の想いを重ねて滑っていらしたかもしれないと想像してみたりも(ピアノ曲に挑戦しようとして選曲はバトル氏に任せているので、当初からそういうことを表現しようと思っていたわけではないでしょうけれど)。バラード1番についてのご本人の発言は、技術的な点(クラシックへの挑戦とか、後半クワドへの挑戦とか、3拍子に合わせるのが難しかったとか)しか覚えがなくて、どのようなイメージで滑ったのかというお話をご存じでしたら、お聞きしたいところです。

話は変わりますが、じゃむし様の、「曲の世界観を一部借りるかたちで自分が表現したいものを表現するスケーターもまたすばらし」く、羽生選手はそのような型の表現者であるというの、よくわかります。「スケートの魅力は、自分が感じていることを滑りで伝えられるところ」(うろ覚え)というような発言を記憶しています。
「原作に忠実でない表現型である分(中略)異文化のジャッジに伝わる伝わらないを心配する必要はない」にも納得です。最初に心配しておいて何ですが、国語の読解のテストとは違い、プログラムを見て何を感じとるかは見る者それぞれの自由であり、曲との違和感のない何かを感じさせることができれば、及第点といえます。もちろん、ご本人の意図どおりに伝わるのが一番でしょうけれども。

じゃむし様以外のコメントもそれぞれすばらしくて、いちいち感心しながら読ませていただいています(いつものことですが)。とても楽しいです。ありがとうございます。

長々と失礼いたしました。

はっ。。セイメイ。。

  1. 2015/06/17(水) 20:49:18 |
  2. URL |
  3. mattyan
ハイハイ!間に合った?

セイメイと、お茶の間で聞いた時、生命?和プロ?はて?

安倍晴明。。。陰陽師?よくわからんw映画も見てないし本も漫画も見たことなっしんぐ。

いえ、正確には、なんとなくはわかっていました。
祈祷師的なイメージ、魔術的なイメージで。。ちょっとこわi

それこそ京都にハマっていた時は、安倍晴明神社に行こうと思いながら、ガイドのお写真や、解説を見ただけで神社の「気」が強そうなことに気後れてびびりまくり行きませんでしたもの。。。

なので、このイメージの曲で羽生君が舞うと聞いて『?』
から、皆さんの情報が「あんぐり」「風のよう」「竹林」「ハク?」「バズ?」などなど聞いて、もうワクワクしかありません。ステップ!ワクワク!


想像の斜め上をいってくれただけでも、成長してくれたと感涙ものです。

今回はあのインタを読んでのとおり、羽生氏が自ら考えたんですね〜。オペラ座祭りで色々思うことあったのかな〜。あと、「僕しかできない」「自分で考えた」など聞くとマッチの影響うけてるんじゃね?

和を表現したいということは、陰陽師はイメージで、やはり日本というものに対する思い入れを感じますし、主様の言う通り、大地震は影響を与えているし、彼の普遍的なテーマになってるんだろうな。。と思います。良くも悪くも。。

シェイにとっても挑戦ですよね。あんまりコミュはとれてないって自ら言ってましたが・・それこそふたりのブラッシュアップ、シェイの力量も問われますね!頼んます!!シェイ姉様♡

しかしながら、4回転3発が決まらない事にはプロとしては完成しないと思うので、、そこんとこ、よろしく!って感じですよ。転ぶなよ〜う

ルールも改正ですね。正直言ってホッとしました。だって、転倒ってプロを壊すもん。それでいいよ。色々言われずに済むしさっ。

ルール改正で、羽生さんとクリ家がどう動くかも楽しみで!!

語るの楽しい〜♪あ、ローリングは一緒に私もしまっっっす。

戦略

  1. 2015/06/18(木) 14:57:13 |
  2. URL |
  3. hana
神無月さんの深い考察、すばらしいです。
そしてみなさんも言われるSEIMEI=生命、すべての原始から表現しようとしているのではという解釈、同感です。

私初めて速報画像見た時、「よくできたコラだな…」って思ったんですよ。
でもガチだと気付き驚きました。

これ系のコラはあったし、少なくない人々が望んでいたジャンルであって、そのことは羽生くんもNHKインタビューで、「和物を望むお手紙も来る」と言われた通り認識した上での選択ですから、自分に似合っていて、みんなも喜ぶと分かって選んでるわけですよね。

私はこの考え方が以前トリノの頃に荒川静香さんがTVの密着系でお話しされていた内容を思い出させたのですけど、荒川さんは、「イナバウワーを好きだと言ってくださるファンの方達の声があって、それは点数的には重くないんだけれど、私らしさ、私らしい美しさの表現として、点数とは別の意味で入れておきたいと考えました。」というようなことを言われてたと思うんです。

羽生くんも顔の見た目とか印象からくる和風な自分らしさが、陰陽師を演技する自分の武器になると知っていて選択してるんではないでしょうか。
直接的な点数以外の、ジャッジが受ける印象から出される芸術点を高めるための戦略的チョイスでもあると思うんですよね。

彼は非常に高い感受性を持って、自然のこと、命のこと、ふるさとのことを考えてSEIMEIを創り出したのだろうと思うのと同時に、彼が勝つ為の戦略として技術点ではない部分で徹底的に考えたのではないかと思います。(←ほめてます)


あとまたレイバックイナバウアーかよと言われる向きもいらっしゃいますが、
私は羽生イナの右足脚線美に参ってる者ですからこの際言わせていただきますと、
歌舞伎でいえばエビぞりは女形の被虐美の定番でもあるわけです。
ハイドロは男性的=陽
レイバックイナは女性的=陰
つまりこれこそ、ザ陰陽師コレオ!
だから今回ばかりはゆるしてぇ~~

許さんっ!ガハハ

  1. 2015/06/18(木) 21:45:18 |
  2. URL |
  3. USB
hanaさん
イナバウワーいらんわwwと書いたうちの一人なんですけど、
ホンマあのプロのあの場面でパッカーンと両手を広げるイナは合わん…と思ったんすよ…
せめて手の使い方を工夫してほしい…かな。

ゆづも荒川さんのイナバウワーに影響を受けてこだわりを持ってイナバウワーを入れ続けているようなんですが…

入れるタイミングと長さ(この長さが結構大事だと今回思った!)が結構大事で、
今回何がイタダケナイんだろうと考えてみたら
とにかくイナバウワーを入れたいからコレオのこの隙間にぎゅぎゅっと
入れちゃっえ!!って感じで入っちゃってるんですよ…

だったら省けよ!!的な?┐(-。ー;)┌ヤレヤレ

ゆづのイナバウワーは綺麗なのでロミジュリで長くたっぷり
タメの入ったようなのは、音楽の盛り上がりと合っていて
とても効果的だったなぁと思ったんですけどね。

ということで今回は入れるなら使いどころと、
手の使い方を変えてほしい!が希望です^^/

hanaさんがこうやって書いてくれたから、楽しんで書きに来ました!おおきに。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/06/18(木) 23:00:01 |
  2. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/06/18(木) 23:31:48 |
  2. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます

難解です

  1. 2015/06/19(金) 04:00:09 |
  2. URL |
  3. あんふみ
いや、この記事を読んだ時に難しくて何回か読み返しました。
床をローリング、お伴します。

えっと、SEIMEIですが、私も生命と安倍晴明だと思いました。
あとは生と使命の命。
生命を二つに分ける時、いろいろな意味になるんですね。
生きる事、命のありがたみや使命、天命。

震災の影響なんですかね、やっぱり。
まずは生きる事。そして使命を果たす事。
変な風にとらわれないといいなと常々思っています。
羽生選手はお利口さんで器用かなと思います。だからこそ空気を読んで、思考を先回りして…。
別に1人でしょいこまなくていいのに。頑固者ですからね〜σ(^_^;)

まあ、勝手に新プロに震災なんて絡めて考えるのはマヌケな私ぐらいですね。
失礼いたしましたm(._.)m

曲の盛り上がり部分、楽しみです!
今回嬉しい事に地上波で仙台放送が頑張ってくれるみたいで、ヤッタァですよ!
佐藤君も見れるかなと思います!
羽生選手のSEIMEI、楽しみです。

わーお♪

  1. 2015/06/19(金) 20:04:52 |
  2. URL |
  3. hana
USBさんがお返事してくれた(///∇///)
しかも許さんって

まあジャッジのみなさんも同様な感じでしょうね…たぶん

でもきっと!
短縮ショーバージョンじゃない、フリーのシークエンスでは、印を結びながらのイナとか、これがなくっちゃしまらないわねと思わせてくれるんじゃないかと夢見てるんです(*´ω`*)

夢見る乙女より

使命、天命etc

  1. 2015/06/20(土) 14:04:44 |
  2. URL |
  3. ぽけっと
あんふみ様、鋭いです。
被災地訪問のニュースを(動画で)拝見しました。
笑顔になってもらえて、羽生選手も喜んでいらっしゃいましたね。
被災地の方々を励ますこと、被災地への復興支援をとぎらせないように働きかけることを、せずにはいられないのですね。

一方で、イヤホンのお店にもいらしたみたいですね。
そういう話題を聞くと、ほっとします。
したいことをする時間も持ててよかったです。
(被災地訪問も、したいことではあるのでしょうけれど、ちょっと意味合いが違いますよね。)
いろいろなことを栄養にして、元気に活躍していただきたいです。

DOIの地上波放送、もうすぐですね。
仙台放送が頑張ってくださるとのこと、おめでとうございます。

Re: 非公開イニシャルKさん

  1. 2015/06/20(土) 21:29:13 |
  2. URL |
  3. 神無月
はじめまして!コメントありがとうございます!
返信遅くなって申し訳ないです。

羽生くんの表現について全く同感です。
ニースのロミオは恋するロミオではなかったですよね。羽生くんは誰かになりきるのは無理だと思うのです。個性が強烈すぎるので。
だから曲をそのまま表現するか、それとも全く別の解釈で気持ちをこめるか…の方がいいと思うんですよね。

ファントムじゃないとかw色々言いますが、本当にいいプロなら正直そんなの関係ないんです。不満があるから「ファントムじゃない」とか言われるわけで、それがたとえファントムじゃなくても素晴らしければ「ファントムじゃないけどそんなの関係ないくらいいい」となるわけですから。

ニースのロミオは「ロミオじゃなかった」ですよね。でも最高のプロだったと思います。
とにかく来季は楽しみです。

あと、場を乱すとか気にしないでください。
普通に「こう思う」ということを書いてるだけなら、違う意見でも全く平気ですよ。たまに議論になりますがwww

そういう風に仰る方で実際に迷惑なコメントをした試しはないですよwww
本当に迷惑な人は自覚ないから何度もやるしwww

ここのコメンテーターの方は、異なる意見も大好物だと思うので今度はぜひ公開でコメントなさってみてください。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2015/06/20(土) 23:51:53 |
  2. |
このコメントは管理人のみ閲覧できます


※コメントについて   
◎記事に関係ないコメントはご遠慮ください。ただしフィギュアに関する情報・雑談コメントはいつでも歓迎しています。   
◎コメント返信は気まぐれに行っています。また、書きこまれたコメントは記事内で引用する場合があります。   
◎住人同士の意見交換(要するに喧嘩)は1対1でお願いします。
◎誰のものであろうとアンチコメントはお断りします。私判断で削除します。   
◎HNは必ず書き込んでください。また、HNは一つのみ。ネームと判断できないコメントも削除します。   
◎いやーんなコメントはスルーし隊の方々へ   
あまりに耐えられなかったら非公開でぐちってください。それでも耐えられなかったらコメント欄は読まないようにしましょう。   
◎いやーんなコメントは蹴散らし隊の方々へ   
火事と喧嘩は江戸の華、ではありませんが管理人も(あらゆる方法で)楽しませていただきます。土足で踏み入れるお客様に文句を言う資格はなし。聞きいれる義務もなし。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

神無月

Author:神無月
超にわか。記事内でジャンプの間違いをすることもしばしば。間違いは優しく指摘してくださると嬉しいです。

→ このブログについて

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ツイッター

コメント

データ取得中...

月別アーカイブ(タブ)

カウンター