フィギュアスケート語りブログ。男子シングルを羽生選手中心に応援しています。

フィギュアスケートと他の何か

期限間近の土曜日になんて行くもんじゃねえ!!


強くそう思った本日でありました…。しかもですね、これ、3月からやってたんです。そしてね、私、チケット、前売りで買ってたんですよね…。さあ、皆さん!あざ笑う準備はいいですか?いいんですよ、遠慮しないで。だって私自身がばかじゃねwwwって強く思ってるんですからね!


 


あーもーやだ!!




おかげさんで鑑賞するどころじゃありませんでした。混んでる混んでる。しかも着メロずっと鳴らすばかはいるしよお。そういうのってさ、入館前にマナーモードか電源切っておくものじゃないの?さすがに係員の方が注意してましたがね…。




では気を取り直して…。







学生以上なら誰でも見たことがある絵だと思います。「大公の聖母」


これがメインだったようで、この作品の前は人だかりでした。おかげさんでじっくり観られなかった…。本当にもっと早く行っておけばよかったー。ルーブル美術館展ではこの愚は犯さないぞ。少なくとも土日は避けちゃる。


ところで上記の写真を撮り終わり(他にも何名か撮っている方あり)さて中に入るかと歩き出した時に、すれちがったおばさまが


「こういうの、撮る人いるのねえ」


などとおっしゃりましたわよ!


うるさいよwwwなんなのその「理解できないわー意味ないんじゃない」的な上から目線発言www別に何を思ってもいいけど今言うなwww家に帰ってから連れ合いか子供かランチ仲間に言えよwww私もこうなるかと思うと今から欝だわwww頼むから年をとりたくないと思わせるような言動は控えなさいよwww


考えすぎwwwとか思ったそこのあなた!あるでしょ!?発音の雰囲気とかさ!そういう感じだったんですよ!…っていうか記念に撮っておこうとか思わないのかしらね…しかも初上陸だというのに。まあ別に色々な人がいるからね、そんなのは人の勝手ですからね。では気を取り直して中に入りましょうか。


チケット買うのにも並んでましたが、私は持っているのでそのまま入場…はいいけれど、15分待ちだそうな。


大丈夫!ツタンカーメン展に比べたら!あれは平日に行ったのに入場時間を指示されたからなwwwしかも13時過ぎに行ったのに16時から並んでね!って券渡されたからなwwwディズニーのファクトパス的な感じだったからなwwwしかも近隣はどこも混んでて暇つぶしにも苦労したからなwwwしかも16時から先も長かったからなwwwディズニー以上に苦痛な待ち時間を味わうなんて思わなかったからなwwwしかも黄金のマスクあんのかと思ったのになくて肩透かしだったしな!




あれに比べたら15分待ちなんてノープロブレム!!どう考えても15分以上待ってたが、それでもノープロブレムなんだぜ!




では中に入りますよ!


とは言っても上に書いたとおりとにかく混んでらっしゃる。そりゃそうだよね、しかし人だかりで見えねえ状態じゃもうどうにもこうにも…。パリのルーブルでもメインどころの前はこんな感じでしたが、ただあそこは写真が撮れたので…撮ったら後ろの人に譲る的な暗黙の了解システムがあったのでそんなに苦痛は感じなかったんですが。ベルサイユ宮殿とかも私が行った当時は写真が撮れたので、押し合いへし合いでしたがやっぱりそんなに苦痛は感じなかった。


日本だと写真が撮れないからアイシャッターするしかないので、混んでてしかも前にいる人がなかなか移動しないというのがあります。ただ写真が取れる場合(ルーブルなど)、まず作品は保管ケースに入っていてしかも距離がけっこうあるという場合がほとんどです。(特に歴史的&芸術的に価値が高い有名作品)逆に今回の場合、撮影はできませんがかなり近くでしかも遮るものなく作品を鑑賞できるというのがあります。あれはマニアにはたまらんだろう…ミーハー鑑賞者の私だってやっぱり感動しますからねえ…。筆のタッチとかもよく分かる。ですからどちらがいいのかは賛否両論分かれるところじゃないでしょうか。


ただ人ごみに慣れてない私は疲れたwwwもうだめだwww


かなりなハイスピードで鑑賞し(もはやほとんど鑑賞ではない)ミニ図録買ってそそくさと後にしました。で、ホテルで茶しながら図録鑑賞wwwお前何しに行ったのwww状態


そうですね、絵画鑑賞のレポートらしきものを真面目にするとしたら、私は「エゼキエルの幻視」の方がお好み…。



ラファエロらしくないんですけどね、表情とか立体感がすげえwwwしかも圧倒される感じが凄い好み。あれ?私、実はこういうのが好みなのかしら?でもミケランジェロのピエタとか好きなんだけど。あれは絵画じゃないから同列にできないかw


「聖ゲオルギウスと竜」



一言で言えば竜退治をモチーフにした作品。そういえば西洋では竜(ドラゴン)は邪悪なも生き物だったな…とこれを見て思いました。東洋では神聖な生き物・水の神というイメージが強いので「あ、そっか」とか改めて思いました。やっぱり東洋の龍の方がお好みだわあ。


「聖ステパノの殉教」



動物でも人でも聖母でも神でも表情に惹かれるみたい…私。ちなみにこれはタペストリーです。


ラファエロの下絵もさることながらこの織りの技術ぱねえwww以前も書きましたがやっぱり感動するのはこういう職人芸なんだよなーと再認識。ところでこれ何してるのって感じですけど、石打ちの刑されてるところね…。よりによって石打ちとかマジヤダ。でも聖ステパノの魂はもう地上にない感じ。天上にいる神しか見えてないな、コレwwwというのを芸術に疎い私でも感じるんだから凄い。


「嬰児虐殺」



こちらはラファエロの作品ではありません。


マルカントニオ・ライモンディ作、しかも版画ですが…。ど真ん中の女性の表情に強く惹かれまして…。見境ないかもしれませんが、いいものはいいのだよ…。


ざっとこんなものでしょうか。なんか物足りないな、と思ったら「ベルヴェデーレの聖母」と「三美神」がないわ!ぐぐってみたらなるほど…イタリアにないのね。「ベルヴェデーレの聖母」はどっかで見たはず!と思ったらウィーンでした。記憶ってほんと薄れる…それを思うと写真ってやっぱ素敵なアイテムだわ…。


しかしこうして見ると芸術の発展には強く宗教が関わっていますね。音楽しかり。こうしたのを考えると宗教いらねwwwと単純に思えないんですが、要するに使い方がだめなのね。ばかとハサミは使いようって言うもんね。え?違う?


以上で簡易で不親切にもほどがあるレポート終了です。ここ美術専門ブログじゃないですからwww一人旅カテゴリに放り込んであることで察して許してください。ミーハーのここ行ったんだぜ!ブログですから!よし、これだけ言い訳しとけば苦情コメントは来ないだろwww


 


そういえば今度ミケランジェロ展をやるそうですよ!これも行かないとな。ただ今回の愚は犯さないようにしないと…。


 


さーて明日もArtだぜ!スケートだけど!


 






最後に追記として。


一番上の画像以外は全て拾った画像になります。万が一不都合がありましたら確認の上、速やかに画像を削除しますのでその旨お知らせください。


 



スポンサーサイト

  1. イベントレポート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0



※コメントについて   
◎記事に関係ないコメントはご遠慮ください。ただしフィギュアに関する情報・雑談コメントはいつでも歓迎しています。   
◎コメント返信は気まぐれに行っています。また、書きこまれたコメントは記事内で引用する場合があります。   
◎住人同士の意見交換(要するに喧嘩)は1対1でお願いします。   
◎いやーんなコメントはスルーし隊の方々へ   
あまりに耐えられなかったら非公開でぐちってください。それでも耐えられなかったらコメント欄は読まないようにしましょう。   
◎いやーんなコメントは蹴散らし隊の方々へ   
火事と喧嘩は江戸の華、ではありませんが管理人も(あらゆる方法で)楽しませていただきます。土足で踏み入れるお客様に文句を言う資格はなし。聞きいれる義務もなし。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

神無月

Author:神無月
超にわか。記事内でジャンプの間違いをすることもしばしば。間違いは優しく指摘してくださると嬉しいです。

→ このブログについて

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

ツイッター

コメント

データ取得中...

月別アーカイブ(タブ)

カウンター