フィギュアスケート語りブログ。男子シングルを羽生選手中心に応援しています。

フィギュアスケートと他の何か

ようやくブログ更新できました。本当勘弁してください。残業は一日二時間までですよ!人を減らしても残業代で負担になるだけだと思うんですけどね!全く金があれば暇がなく暇があれば金がない、社畜って辛いですね…。まあ自分のスペックの低さを呪えってやつですか、いやいや五体満足で生まれてあちこち美しいものや人を観に行けるだけで十分です。立派に勝ち組です、勝ちか負けかは人が判断するんじゃありません、自分が満足かどうかなんです。横から見て勝ちか負けか判断するなんてとっても巨大で余計なお世話ってもんですよ!6月に入るとアイスショーラッシュがあって羽生くんをこれでもかと観られるかも(チケットとれたら)しれないんですよ!ファンとしてはこれ以上ない幸せじゃありませんか!万歳三唱しちゃいましょう、ばんざーい!ばんざーい!ばんざーい!


※別に酒は入っておりません、念のため。


しかし、ここ数日は辛かったのは確かです。せっかくブログのネタも考えてたのに旬が過ぎたので今更感が強くお蔵入りにならざるを得ませんでした。無良ネタとか無良ネタとか無良ネタとか。ネタにするなんて最低よ!羽生くんがそうなったら気持ちがわかるわ!なんていう無良ファンの方もおられるかもしれません…。そんときはそんときで受け入れる準備を整えておくためにネタにしようとしたんですけどね、できなかったので…あ、すみません、羽生くん、できたら、でき婚は勘弁していただきたいな、と時代遅れのおばさんは思うわけでありまして…あ、知ったこっちゃないと…そうですか、ま、そうなんですけどね……分かりました、その時が来たらネタにして祝福できるように心を整えておきますね。長谷部さんの本買っておこうかしら。


そうそうようやくDOIの公式来ましたねー!やっと…!やっと…!やっと…!ただチケット取れるのかしら…心配です。浅田選手と高橋選手の出演情報はないので少しはチケット争奪戦が楽かもしれませんが、ところでなぜにこのお二方は出演なさらないの?小塚選手は分かりますが、誰かおせーて!…ってまあ別にいいですね、どうでも。なんか事情があるんでしょうからね。




ふう、前置き長くて申し訳ありません、タイトル目当てで飛んできた方焦れて立ち去られたかもしれませんね、残っている方!お待たせしました!!


 4月30日と5月1日の二日間で東北に行ってきました。タイトル通り北上展勝地・角館・弘前公園です。ちなみに”展勝地”って全然変換が出なくて焦れました、んもー。公園が一発目公演になったのはそら、あなた、自業自得ですよ。


関東はあっと言う間に満開になったものですが、東北はやはり寒くてなかなか開花情報が…やばい…これは数年前の二の舞に…と恐れていたほどです。


そう…実は二回目なのです。前に行った時は5月6日でした、しかし寒くて全然開花していなくて全てに置いて全滅でした。北上ではまさに”一輪を探して”という何かハーレクインのタイトルにありそうな言葉だけは雅な、しかし虚しいことを1時間する羽目になったのであります。


角館でも全く咲いていなくて、しかも寒くて雨降ってるし、「寒いからどっか入ろうぜ!」なんつってもろこしの店に入ったり…あ、もちろん売上には貢献しましたよ、友人が。大量に買ってたので大丈夫でしょう、その節は私の分まで売上に貢献してくれてありがとう、友よ。やはり持つべきものは友達ですね!


弘前でも似たような行動を…ただ弘前城のお堀の部分の桜は咲いていたので一生懸命撮っていましたが、訪れるバスのでかい図体に何度も邪魔されて自分もバスで来たくせにイライラしていた思い出が…。


そしてこれらの写真はなぜか見当たらないので、ネタにするには少し惜しいというね…。たぶん、容量がいっぱいになってきて削除しちゃったんでしょうねえ、ネタにする日が来ると知っていたら削除しなかったんですが。やはり写真は迂闊に削除するものじゃありませんよ、皆さん。どんなに虚しい写真でもとっておきましょう、ネタにして笑える日が来るかもしれません。しかし、たとえ来なかったとしても苦情は受け付けませんので悪しからず!


 


では今年の話に戻りましょう、新幹線を利用しますが基本的にバスツアー。仙台で降りて(羽生くんいるのかしらー?なんて思ったのは内緒だ!)そこからバスで北上までです。北上まで新幹線使えばいいじゃない!とか思ったんですが色々あるんでしょう、金額とか金額とか金額とか。


ガイドさんには失礼なことにバスでは寝る人です。だから逆にツアーでひとり参加ってできません、だって寝てるあいだに色々集合時間とか説明されたら困るじゃない!友人たちと行けば誰かは聞いててくれるから…やっぱり持つべきものは友達ですね!


というわけで北上展勝地。5分咲きということですが、割と咲いていたようですね。しかし雨どじゃーーー!そんでもって私傘忘れてたので血の気サーーー!まず傘探しですが、ここでも友人が傘を差しかけてくれました、やっぱり持つべきものは友達ですね!でもいつまでもお世話になるわけにはいけません、まず傘を探して三千里…も歩きはしませんが、とりあえず売店へ。ですがコンビニではありません、あくまで売っているものは土産物…傘はなし。ああ、迷惑をかけてしまうわ…本当ごめんなさい、とうなだれ…はしませんでしたが、あーやべーなー悪いなーばかばかばかばか!と思いながら外に出てみると、なんと晴れているじゃありませんか!!なんだ!あの土砂降りはどこ行った!!


っていうか私、やっぱり神様に見捨てられていないんだわ!そうよね!あんなに仕事頑張ってるんだもの!ディズニーのことしか頭にねえ相方に愛想振りまいて頑張ってるんだもん!やっぱり日頃の行いを見てくださってるんだわ!来年の初詣は50円に奮発しますね、神様!本当にありがとう!


というわけで北上展勝地です。


 


 


 


雨の名残がまだあります。でも本当にちょっと前まで土砂降りだったんですよ…。


 



 


奥の方まで行っている時間はなかったのでとりあえず全体の写真を撮ってみました。奥の方はあんまり咲いていないとガイドさんは言っていましたがこうして見るとけっこう咲いていたかも?


 



 


十分満開に近いと思うんですがどうでしょう?もう大満足です!我がリベンジは為せり!



ということでほくほく顔で北上を後にして角館です。お昼はその道中で弁当をかっこんで終わりです、割とこのツアー強行軍かもしれない…だから新幹線で北上まで…以下略。


ほくほく顔の北上でしたが角館…は…残念無念って感じですかね…でも私頑張って撮ったんですよ!咲いているところ。



ほら!…いまいちですね!ではこっちでどうだ!



咲いてるのが分かりますよね!?……本当にこのしだれ桜がここで一番咲いていた桜だったんですよ、しくしく。角館はリベンジならずです…。ですがこれはツアーなので「じゃ帰るべ」ってわけにはいかず、ここでなんとか時間を潰さねばなりません。友人がもろこしもろこし騒いでいるのでもろこしの店に入るのは確定として、あとはこんなこともあろうかとオプションを申し込んでいた樺細工伝承館でどれだけ時間をつぶせるかです。



ちなみに料金300円です。我々は団体料金だったので200円。暇つぶしのつもりだったんですがなかなかどうして楽しかったですよ。江戸からの技術に感動しました。機械なんてなかった時代でこれだけのものを作るとか…なんでも機械も便利ですが、やっぱり感動するのは人の手で作ったものだな…とか真面目なことを思いました。歴史を知るって楽しいし勉強になりますね!


個人的に印象に残ったのは「クラコ」とかいう昔のスケート靴でした。今の私にはストレートに心にきましたわ、昔から氷の上を滑って遊んでいたんだなあ、とか。これが今の靴の原型だったりするのかな、とかね!


あと鉄扇…。これを見たときの我々の会話。


「鉄扇って何に使うんだろうね」


「扇ぐの?まさか」


「人を殴るしか思いつかねえw」


「ばしってな!凄い威力っぽいw」


こいつらだめだめなので調べてきますか。



鉄扇 : 親骨を鉄製にした扇。鉄の短冊を重ねたもの、また閉じた状態の扇子の形を模しただけで開かない(つまり、扇子の親骨型の鉄塊)鉄扇も存在する。携帯用の護身具、または鍛錬具として用いられる。鍛錬具として用いられるものは、手馴し鉄扇(てならし−てっせん)とも呼ばれる。 ウィキペディアより


あ…いいんじゃない、殴る用で。


まあ知らなかった、という自体がだめだめなのでやっぱりだめだめだということには変わりないですねw


あと打掛とかも飾ってありましたがまあ美しいこと!着物の美しさを再認識しました。やっぱり美しいですよー。ついつい「欲しいなー」とか思っちゃいました、観賞用で…。着物ってきれいだけど自分で着る気にはなれませんの…色々大変なんだもの…。


ところで「樺細工伝承館」に入ったくせに樺細工の感想が全くないことについては突っ込まないように!いや、お土産ものの値段が最高に素敵なこととか、実演していた職人さんが割と若い方だったとかそういう感想ならなんとか…。


しかし角館についての感想がなんというかイマイチなのでとりあえず最後に風景写真でも…。



あれ?観光客メインになっちゃってる気が?あらら、少し写真の撮り方失敗した気が…3回目があればリベンジですねこれは。


さてそれでは角館を後にして岩手に戻ります。八幡平リゾートホテル宿泊です。実は岩手出身の私でして、よく冬になるとこの八幡平と安比高原のCMをよく見かけたものです。ですが訪れたことはなかったのでちょっとわくわく。


ホテルについての感想は…まあ…改めてレビューすることはないと思います。今回は場所ありきで選んだので、夕食がバイキングというのは少し拍子抜けでした。いや美味しかったですよ?種類もいっぱいあったし。でも温泉に泊まるならやっぱり和食がよかったなー。いえそこまでよく見てなかったのが悪いのでホテルに罪はありません。いや、ほんと、盲点だったわ…。


お風呂はなかなか…硫黄の匂いが凄かったですね!いかにも温泉って感じ。なんかすっごい効きそうです、ま、1回入ったくらいではどうってことないのは分かってます、こうやって現実を知り成長するものだと分かっても虚しくなるのは止められない、しかしこれも人生…ふ…。


というわけでさっさと寝て朝もバイキングです。昨日から割と食いすぎてるのでお腹イパーイ。腹八分目でやめときました。そして割とすぐに出発。ホテルの方々が見送ってくれています…加賀屋に泊まった時も思いましたが、サービス業って正確には日本のサービス業って大変ですね。「わー見送ってくれてるー」なんて感動するより先に「大変だわあ」とか思ってしまうのは擦れてしまったのか大人になってしまったのか…。ちなみにパリでは気に入らない客とそうでない客への態度が雲泥の差です、この目で見たので間違いありません。ひでー客にでも笑顔で応対するのは日本だけかもしれません、だからストレスたまるんだな…。


日本のサービス業事情はここまでにしておきまして、本日は弘前公園に向かいます。凄いバスと人でした、バスが何台も停っていましたがそのほとんどのナンバーの地名が違うというのがまた凄い、人気の観光地なんだなあと実感。試食と試飲攻めをなんとかやりすごし公園内に入ります。


ちなみに満開だと





こんな感じらしいんですが本日は


 



こんな感じでした、見てるだけで寒くなりそうな風景ですね!ここでもリベンジならず!でも私ここでも頑張りました!



ほら!



ほら!角館よりは全然咲いてます!大丈夫です!


ゆるキャラ・たか丸くんもいるし!



友人はここにしかないという黒こんにゃくを堪能して楽しそうだし!撮るなら食べる前に言いなさい!って怒られたけど!



木蓮はきれいに咲いてるし!



だからたとえメインの桜がこんなでも



さ、さみしくなんか、ないんだからねっ!゚(゚´Д`゚)゚


 


 




 


というわけでリベンジは1勝2敗ってところでしょうか、いやーほんと自然は難しいですよね。関東のあの状況を体験したときは、まさかここまで遅くなるとは思わなかったんですが…。地元の方もGWにかぶってくれないと商売あがったりで大変らしいです、この感じだと角館は危ないかもしれないですね。


我々は北上はいい感じだったので次は弘前あたりに狙いを定めた方が良さそうです。もっとも次がいつくるかは分かりませんけどね!


さてさて、観光は終了。ここから仙台まで5時間かけて移動しないといけません。だから盛岡から新幹線で(以下略)。そのバスの道中、仙台市内に行くよーって頃合にガイドさんが色々話し始めたんですよね。楽天の寮がこれなんですよーから始まって、仙台は割とスポーツが盛んでーに続いて、東北高校があそこにーなんて!


東・北・高・校っすか!!


私、なんかそわそわしちゃいました。ダルビッシュさんとかー荒川静香さんとかー。ガイドさんはおっしゃいます。ああそうね!ダルもそうね!荒川さんもそうね!でも私にとってはその二人あんまり重要じゃないのよね!でも名前出なかったからなんとなくそわそわ感薄れました。ですが油断は禁物、まだ話は続く!というかスポーツが盛んという話に戻る!


ベガルタ仙台とかー。そうフィギュアスケートとかもーそうですねー。先程もあげたー荒川静香さんー最近だとー羽生結弦くんとかー。


 


キタ━(゚∀゚)━!





そわそわ感マックス!!なんでか知らないけどマックス!!たぶん、予想してなかったからだろうなあとは思いますがwフィギュアのフの字もない花見旅行だというのに、まさかこんなところで名前が出てくるとはwwwっていうか仙台だものね、そうよね、このガイドさん基本的に仙台専門のガイドさんみたいだしそうよね。ああそうだわ、誰のファンということを友人たちにひた隠しにしてるせいもあるかもしれませんwだってアナタ、いい年したもう若くない女が10代アスリートに夢中なんて…ちょっと恥ずかしくて言えませんわwwwまあ恥ずかしがること自体が自意識過剰と言われればそれまでですがwww


落合監督すきーとかイニエスタ好きーとかシゲさん昌さん素敵ーとか、長友さあん!!とかは普通に言えるのに、結弦くーん!とは言えないのは何故なんだぜ。でも同僚にフィギュア見に行くってバレた時に「高橋大輔見に行くの?」って聞かれたので、たぶんなんというかやっぱアイドル追っかけみたいな印象持たれるのを無意識に察知しているのがあるんでしょうね。


そんなことない、私あの3Aと4Tと音ハメに惚れたんだもん!でもでも…スタイルの良い美少年じゃなかったらここまで惚れ込んだかというと…自信ないわー。私、美しいものに弱いから……。開き直った方がいいのかしら…とか思う今日この頃…。


最後、話がずれましたがとりあえず東北桜紀行は1勝2敗で終了しました。3度目のリベンジが叶いますように…。


 

スポンサーサイト

  1. 旅log
  2. / trackback:0
  3. / comment:0



※コメントについて   
◎記事に関係ないコメントはご遠慮ください。ただしフィギュアに関する情報・雑談コメントはいつでも歓迎しています。   
◎コメント返信は気まぐれに行っています。また、書きこまれたコメントは記事内で引用する場合があります。   
◎住人同士の意見交換(要するに喧嘩)は1対1でお願いします。
◎誰のものであろうとアンチコメントはお断りします。私判断で削除します。   
◎HNは必ず書き込んでください。また、HNは一つのみ。ネームと判断できないコメントも削除します。   
◎いやーんなコメントはスルーし隊の方々へ   
あまりに耐えられなかったら非公開でぐちってください。それでも耐えられなかったらコメント欄は読まないようにしましょう。   
◎いやーんなコメントは蹴散らし隊の方々へ   
火事と喧嘩は江戸の華、ではありませんが管理人も(あらゆる方法で)楽しませていただきます。土足で踏み入れるお客様に文句を言う資格はなし。聞きいれる義務もなし。

 管理者にだけ表示を許可する
 

プロフィール

神無月

Author:神無月
超にわか。記事内でジャンプの間違いをすることもしばしば。間違いは優しく指摘してくださると嬉しいです。

→ このブログについて

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ツイッター

コメント

データ取得中...

月別アーカイブ(タブ)

カウンター