佐渡裕指揮 BBCフィルハーモニック ピアノ・辻井伸行 浜松公演

神無月



※演奏についてのレビューは全くありません、ご注意を。


というわけで浜松に来ています。


先日まで寒い(正確には寒かった)東京にいたこともあり、しかもフィギュアの国別観戦をしたその足で浜松なので、足元がショートブーツでとにかく暑くて仕方がなかったです。最近のお天気は全く旅人に優しくありません。ええ、替えの靴を持ってこなかった私が悪いんでございますよ!


さて19時から行われたこの公演でございましたが、休みが被りまくってもめたのを強引に休んだ甲斐がありました。というか、私は2月から言ってあったわけなんですがね。 結局のところ、皆様それぞれ譲れない用事があるわけでございますから、言おうが言わまいが譲れないものは譲れないわけであります。というわけで私はもう言わないことにしました、だってこんな無駄なことないもんね!


さてさて、アクトシティの大ホールで行われたわけですが、目の前のホテルに泊まったくせにいささか迷ったわけであります。なぜこっち!と選んだ方向がことごとく間違っているのかさっぱりわかりません。これがげに恐ろしき方向音痴…。海外にツアーでもいいから一人で行くべと目論んでいるものの、自由行動が怖くてなかなか行けない理由であります。


席は3階席でございました。高所恐怖症の私は怖くて下が見れませぬ。下を見ている自分を想像しているだけで脂汗がじんわり出てくる始末です、全くどうしようもねえな…。 服装が実はちょっと怖かったのですが、なんと正々堂々とジーパンで来ている人発見!勇気をもらいました。なあんだジーパンでもいいのね!でもさすがにジーパンは無理だわ。


クラシックのコンサートは初めてなので、それこそフィギュアスケートよりも凄まじいにわかなので、ホールの様子だけでも写真に撮りたかったのですが…パシャ!なんてやっている不届きものは誰ひとりいませんでした、勇気をもらったと思ったのは気のせいだったみたい…撮れませんでした。


さて開演。最初に佐渡さんから挨拶がございました。その中で笑ったエピソード。震災の募金についての話。


「神戸では80万円集まりました、という話を長野でしたら120万円集まりました。嘘のような本当の話です。次に甲府でその話をしたら140万円集まりましたんで浜松の皆さんには期待しております」


ちょwwwww


なに皆様、張り合ってんのwwwww


ですがこういう張り合いならいいですね!結局のところ、浜松ではいくら集まったか知ることは私たぶんないと思いますが記録更新に乞うご期待!


ちなみに演奏自体のレビューですが、私、プログラムも買いそびれたあげく、曲名は第二部で行われた「新世界より」しかわかりませんので語れるレベルじゃありません。語れるレベルになるのはいつになることやら…。 だから一人旅カテゴリに放り込んであります。ただ一つ言えることはなんであろうとやっぱライブはいいですね!ということだけだ!(ドヤ!)


時間はちなみに2時間半というところでしょうか、長すぎず短すぎずいい感じです。オペラとかになると…いつかは行ってみたいんですが、フィギュア優先だとなかなか行けないかな。クラシックコンサートも年に1回くらい行けたらいいんですがね。


ところで比べるところでもないんですが、休憩の時にですね…出口に近いこともあって私即効でトイレに行ったんですが、なんというかフィギュアのあの怒涛のトイレダッシュを知っているだけに少し拍子抜けだったんですね。 もしかして、皆さんあんまりトイレ行かないのかしらん、とか思ってすっきりして出たら、なんと!凄まじい行列が!できてるじゃ!ありませんか!


なんてこった!


たとえ行列になろうとも!


曲が終わると同時にトイレにダッシュするというそんなはしたないことはしないと!


そういうわけなんですね!?淑女のみなさん!?


マジレスすると第二部開始までに確実に帰ってくれるという確信があるからこそできることだと思いますので、特に気になさらなくてもいいと思います。でも少し、ほんの少し…驚いたんだ…ほんと…。


おわり!

スポンサーサイト
Posted by神無月

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply