フィギュアスケート語りブログ。男子シングルを羽生選手中心に応援しています。

フィギュアスケートと他の何か


横浜はFF祭りやってた…。
しまったああああああああ!!バハムート降臨とかアアアア、あ、この日じゃないですけどね、見ておくんだったわーーー。

というわけで本筋いきましょう。
3回目かな?確か。行ってきましたよー。落合博満講演会。
今回も最高に面白かったですw

最初、出てきたときに落合さんは

「一人で8時半まで持たせないといけないんですよ、題材があればいいんだけどね…」

とか言っていたのに、終わってみれば1時間オーバーというね

よかった、ホテルとっておいて本当によかった…。
もう、私は夜始まるのはどんなに近くてもホテルとる。ジャンル違い2連発で予定時間オーバーとか洒落にならんw
と固く誓った講演でもありました。

で、内容なんですけど、なにしろ面白いんですが、脱線具合も半端じゃないので…これをうまくまとめられるかどうか…。まあさすがにこの記事には風紀委員は出没しないと思うので、とりあえずメモを参考に適当にまとめていきたいと思いますw

ここの読者で中日のGM時代のごたごたを知ってる方は多くないと思うんですが、落合さん自身もそこの暴露を求められてるのを感じてたのか、でも話せないと言っていましたね。

「ゼネラルマネージャーをやって内部のことを知りすぎた」
「守秘義務というものがあるので中のことは語ってこなかったんですよ」
「10年後くらいになら話してもいいかなと思ってます」
「10年後も生きてるつもりなので」


そこを5年くらいになんとかよろしく!
かなりのバッシングを喰らっていたので、なんか言いたいこともあると思うんですけどね、擁護とか一切言わないとこがステキ♡

でもレコードはいい…。

いえ、なんか知りませんけど、昔レコード出した話になりまして、「おれ、こうみえてもプロだもん、レコード10枚出してるんだから」と自慢なんだかわからんことを仰ってました…。
その間の私は(あなたのお話は大好きだけど歌はどうでもいいの…)と、一人じれじれしておりました…。
正月明けにディナーショーみたいなことする話してましたけど、来年はショーないと思うので行けなくもないんですよねー。いこっかなあ…。でも延々歌聞かされたらどうしましょ…。さすがにそれはゴーモン…。まだ真壁の自慢話の方がマシだろw

○野球協約に書いてない。
ロッテ時代に移籍を直訴したとか書かれて、落合トレードか!?という記事で47日スポーツ紙の1面を張ったと自慢しとりましたwwが、大事なのはそこじゃないwww
実際は直訴してないとかなんとか。その理由が「野球協約に書いてない」からだそうですw
監督時代にもルールを熟知して、そのルールを駆使しながら戦うようなところありました。オレ流とか言われてましたけど本人的には「ルールにないことはやってない」のだそうで…。これ私的にはけっこう面白かった。
本人的には特にはずしたことをやってるつもりはなかったのだろうなーと。

昔のパ・リーグの話聞くと隔世の感がありますね。ロッテはドラ1が入団拒否されまくり、とかwww
今もまあありますけどね、ちょっと趣が違うような気がする。

そして落合的豆知識・一千万円の新札の束の厚さは8センチ!貴重な豆ですよ!庶民にゃ知ることはまずないでしょうからね…うふふ、あはは。

メモを見返してると全て書いていたらシリーズになってしまうので、税金の話とレコードの話と明菜に息子を可愛いと言われた話はすっ飛ばします!
そうやって話があっちこっちいくくせにいきなり

「だからといって、GMになった時に給料下げたわけじゃないですよ」

とかいきなり禁断のGMネタぶっ込んでくるから冷や汗が出るwww
あくまでルールも守る、法律も守る、社会的信用は大事。
だけど、自分がやりたいことはやる、的な。けっこう高度だと思う、コレwww

マスコミへの愚痴とやりたいこと、もすっ飛ばします!
ほんと盛りだくさんでしょ!
本当は全部書きたいんですが、一応「他の何か」もあるブログとはいえ、さすがに延々と落合ネタやってたらブーイング来そうなので、フィギュアに置き換えてもいいような話だけピックアップしますwww

○打撃には答えがない。
ちょうど荒木さんが二千本安打を放った直後くらいだったので、この話になりました。
打撃には答えがないけど守備はやればやっただけ答えが出る。「練習はうそをつかない」それを体現した選手だと。
落合さんが監督になった時、まず守備のチームを作ろうと思った、というのはその筋では有名な話ではあると思うんですが、というのも打撃は水もので、必ずほぼ7割は失敗するのだと。なので勝とうとするなら打撃のチームではだめなんだ、という主旨の話ですね。
この「答えがない」というのが非常に興味深かった。勝つためにはこの「答え」が出るものが必要なのか、と思って。これ、今のフィギュアでもあてはまる話だよなあ、と思いましたね…。

答えがないと言いつつも、打撃について細かく話をしてましたが涙をのんで割愛…。

○指導者は大事
こちらも打撃の話になるんですけども。
本質を分かってない人にいくらアドバイスをもらっても無駄、だそうで…w
そういう意味で指導者は大事、なんだそうです。
断定する指導者はあかん、とも言ってたな。なぜならば「答えがない」からだそうですwww
でもその一方で、知らないからこその何気ないアドバイスがためになることもあるとか。
打席に立って構えたときに向こう側に見える景色が前と違う、とか。いつも見ている人だからこそ、そういう気づきに出会うこともある。
自分では変わってないつもりなので、言われるまでわからないんだと。客観性を持つのは難しいですよねえ。
そういう意味で見てくれる人は必要なのだ、と言ってました。

中日の選手たちの話はさすがにコアすぎるので省略ね…。
荒木さんの話が主でしたが、ただ、その話の中で「必要なことは練習じゃない」という逆説的な話www
人がやっているからやっているのではだめ。理屈があってやらないと。やることにはちゃんと理由があるのだ、と。
人真似ではだめってことですよね。これってけっこうトップになるために重要なことだと思う。特に日本では。

鑑定団の話とか…、あ、これね、価値のある人はいくらでも出すけど、いらない人はタダでもいらないって話ね。でも、面白いことに他人が欲しがってるからこそ、の価値を求める人っていますよねwww

とりあえずはしょりまくってこんなものかな?
8割くらいは書いてないですよ、これwwwそれでこの量だものなwww
さすがにこの辺になると私も時間が気になり、司会者の方も切りたそうだったんですが、そこで巨人が超連敗中でその途中経過とか言っちゃうし、中日が勝ってるって話もしちゃったものだから

「ピッチャー誰!?」
「他は!?」
「調べて!」

とか始まってワシ白目よ…。よかった…ホテル取っておいて本当によかった…。だってまだこれから質問タイムと抽選会があるのを知っていたのでね…。
マリンスタジアムの特徴とか語り始めるしwwwいや、面白かったけどwww

質問タイムのトップバッターにはワシは戦慄したね。

「あの…」
「荒木さんのことは凄く褒めてらっしゃったんですけど…」
「あの…」
「井端さんは…」
「井端さんのことには触れていない、というか…」
「その…」


カタカタカタ(((;゚;Д;゚;)))カタカタカタ


説明しよう!
井端さんは落合GM時代に年俸でもめて巨人へ行った、という経歴があるのだ!
なので、この質問者は察するに「もめたので井端さんは褒めたくないんですか?」と聞きたかったのでしょう!
それに対する落合さんのお答え。

「何言いたいかわかるからちょっと黙って」
「だって、井端、二千本打ってないじゃん」

仰る通りで…。
ちなみにはしょりましたが練習量は荒木・井端が群を抜いていた、と話していたんですけどねえwww
井端さんは二千本打たずに引退しましたからね、ちょうど二千本打った荒木さんの話になったのは時期的に当然ですし、井端さんが打っていたらそこにも言及したかもですが、確かにアライバの二遊間は神レベルでしたが、あくまで二千本の話なら井端さんを出す必要性はないわな。
言う通り打ってないからねwww

ちなみにこれも豆ですが、落合さんは荒木さんが二千本打った時に、3紙にコメントを出してるんですよね。スポニチと報知と朝日だったかな?コメントを求めに来たこの3紙のために、3紙別々のコメントを寄せたそうです。2紙しか確認してないけど確かに違いましたね。こういう気配りがなかなか世間には伝わらないのよな。

でも、この、「人が何言ってようがしらなーい」的なところがたまらなく好きなんですがwww
というかもっと言えば「野球知らない奴は興味ない」的な、この、えげつなさが…。さらに、さらに言えば「野球知らない奴に何言われてもどうでもいいし」的なwww
それがもろ分かるから嫌なんでしょうねえ…アンチは。私、落合さんのこのふてぶてしさとえげつなさが大好きなんですが、一方でアンチが嫌う理由もわかるのよwwwというかアンチがかわいそうになるの。だって、ほんとに、どうでもよさそうだから…。近くにはいてほしくないです。というか私が好きなタイプはみんな「近くにいたらいや」というタイプばっかり…。
憧れは遠い方が幸せなんですわ…ええ…。

そうそう、大事な話。
野球は数字だと言ってました。スポーツは大抵数字。
私はデータ、という言い方もできるかな、と思いますが、両方かな。
勝負事は単純な方がいいのかもしれない、とも言ってましたが。確かに勝つことを追求するとその内容って割とシンプルかもしれない。でもシンプルだとつまらないのよ…。この折り合いをどうつけるかって感じかな。
なぜかというと、スポーツに観客はどうしたって欠かせないわけですから。
まあ、スポーツだけでなく、需要と供給の折り合いかもしれないな。

ちなみに今回も抽選は当たりませんでしたよ…。
フィギュアより競争率低いはずなんですけどね…。
話の中で「くじ運もね、最後に抽選会ありますけど、こんなところで運を使わなくてもいいとも思うんだけどね」とか言ってましたけどね。


私はサインボールが欲しいです!


次は当たりますように!
サインバットは持って行くのが大変なんでいいです…。


※読みかえしてないのでちょっとくずれてるとこあったらごめんなさい!
もう…げ…ん、か…い!


パタ!






スポンサーサイト
  1. イベントレポート
  2. / trackback:0
  3. / comment:14

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

神無月

Author:神無月
超にわか。記事内でジャンプの間違いをすることもしばしば。間違いは優しく指摘してくださると嬉しいです。

→ このブログについて

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ツイッター

コメント

データ取得中...

月別アーカイブ(タブ)

カウンター

備忘録


フレンズオンアイス

楽天オープン

カーニバルオンアイス