フィギュアスケート語りブログ。男子シングルを羽生選手中心に応援しています。

フィギュアスケートと他の何か


遅ればせながら…と言ったところですが、自分の中での再確認も兼ねて…ということで。

では本日も他力本願でツイッターから。




燦然と輝くロシアと中国の1枠よ…。頑張ってくれたまえ!としか言い様が…。スイス枠なしかー。ランビ以来いまいちですねー女子もですが…。
しかし日本は3枠でも厳しいという現実。本当、これからどんどん試合が入ってきますが、結果に一喜一憂することになりそうですねー。というか実際なってるわw町田選手も近畿選手権で4回転を2回加点付きで決めたそうです。他のジャンプがグダグダだったみたいですが、他のジャンプも決めてくると怖いわ~。


ではアイスダンス。




日本1枠ゲットおめでとう!
弟のクリスくんが膝を痛めながらも頑張ったようで、本当におめでとうございます!
そしてこれで日本は団体枠を確保しました。




男女ともシングルが超優秀な日本は事実上団体戦出場が決定してるようなものだと思っていいかも。メダルは…厳しいかもしれませんが。
団体戦には色々と考え方があって、たとえば金メダル候補がいるものの団体戦がまず不可能なスペインやら韓国やらは個人戦に集中できる分いいやねwとかもありますしねえ。昨年の成績だけみるとカザフもそれに当たるかしらね。

まあとりあえず団体枠は確保したぞ!ということでこれから先の話は、五輪出場選手が決定してからでも遅くないですね。まだまだ先は長いわけで、こうやってあれこれ想像してる時が一番楽しいのよお~。祭りは準備が楽しいのだ、本番は楽しさと緊張感が入り混じってしまうからな!楽しさだけを追求できるのは今この時だけなのだ!
ですからまったりと色々想像しつつにまにましてようじゃありませんか。


ところで羽生くんまだあ?











スポンサーサイト
テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(一般)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

日本男子は戦国時代!
わかっちゃいましたが、ネーベルホルン杯の結果を受けてさらにそれを実感しました。というか織田の殿がいるからといって、現代日本に戦国時代を再現しなくてもいいんですよ!

というわけで織田の殿こと、織田信成選手、262.98で見事にぶっちぎりの優勝を果たしました。プロトコルをご覧いただければわかりますが、実に素晴らしい演技でした。
でも4Tが3Tになったりしてるんですよ、この点数で…。ここが予定通り4Tだったら、3Aコンボを3Tをつけて3連にできたと思いますし、(←これは間違い。これをやるとザヤるみたい)スピンも一つレベル3があります。ステップは…4とるのが希ですから言及するのはやめておこう。

エッジエラーもないし加点の嵐。

ただ殿の場合、これが大舞台でできるかどうかが重要なのよね。ほんと勿体無い…、はっきりと傾向的に好みではないんですが、あのジャンプは惚れるぜえええええ!羽生くんとはまた違った素晴らしいジャンプだもんなーーーー!!ほんともったいないよ…。

ところで衣装が随分すっきりしてたけど、あれが正規衣装なのかしらね…。もっと冒険してもいいのに…。

あと4Tが3Tになったとき、今季一発目のザヤを期待してしまってごめんよw










テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(一般)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


今、男子フリーの真っ最中ですねー、ネーベルホルン杯。テレ朝チャンネル2をつけたら、去年のGPFのEXやってます。羽生くん…と思ったが、確か具合悪くして出場してないんだった(´;ω;`)

コルピたんが生き生きと滑ってたんだぜ…切ねえなあ…。だがこのカメラワークはどうなんだ。

さてソチの五輪枠、女子編。




他力本願でツイッターから。

コルピたん…。もうこの結果は怪我した時点で詰んでたとしか言い様が…。まあ他の選手にとってもらった枠に乗っかるっていうのも、しかも1枠じゃ余計に申し訳ない気も…とか思っちゃうのは日本人だからなのかしらね、やっぱり。

しかしあくまで五輪枠です。世界選手権にはきっと出てくれると信じてる!ですから怪我が治りますように!しかし本当に怪我は怖いね。

羽生くんの元リンクメイト、グルジアのゲデヴァニシヴィリ選手は無事獲得しました!よかったね!
ところで言っていい?韓国の3枠ってはっきりと無駄……おっと誰か来たようだ。




次はペア。




話題のイルハンはあかんかったか…。そんでもって我が日本もあかんかった。だが結成して1年経ってない急造ペアですからね、まだまだこれからです。ただ、補欠1番目なので出場決定組に何かあれば出場できるかもしれません。
怪我の他にどうやら国籍問題とかもあるらしくなかなか複雑なようです。もともとなるみちゃんもトランと組んで世選で銅メダルとった時にかなり国籍問題が話題になったものね。

まあいずれにしても現時点でアイスダンスの結果次第ですねー団体戦は。逃せば残念だが決まれば喜ぶ、そういう至って冷静な感じなので大人しく結果を待ちます。今は殿の結果が気になるね!











テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(一般)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

お腹がすいてるんですけどお預け中なんですよね。
そろそろ大好物が食べられると思うんですけど…でもその前にちょっといいものを食べちゃおっかな!って…。
っていうかずっとお腹がすいてるんですけど、その前にちょこちょことおやつは出てたので、それはそれで美味しかったし少しお腹が膨れたんですが、消化されちゃうとやっぱりお腹がすいてきちゃうんですよね…。

分かってます分かってます。
早くくれ!お腹がすいた!って騒ぐから「これでも食ってろ」と投げ与えればとりあえず食べるものの、

「美味しかったけどこれだけじゃ足りない」
「もっと!」
「もっとちょうだい!」
「お腹がすいた!」

本当に手間がかかりますよね…。そして「じゃあ、まだ支度中だけど、味見でも…」と差し出せば、

「なんか思ったのと違う…」
「こんな味付けじゃない…」
「もう少し違う味がいい。これ前も食べたし!」

とか。「出されたもん食ってろや!」と言いたくなりますよね…分かります分かります。

とりあえず大好物はそろそろ食べられそうなんですが、ちょっと空腹がMAXです。美味しそうなものを見つけたのでそれを食べたかったんですけど、「これはここでは取扱しておりません」ようで結局食べられそうがありません。




羽生くんの話ですよ、もちろん。












テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(羽生結弦)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


羽生萌えばかりではなくたまには真面目に語ってみましょう。


マスゴミは美姫たん美姫たんうるさいですが、はっきりとぶっちゃけ彼女個人の事情で大変なだけで、ファン以外はさほど注目するようなものでもない、と私は思うわけなんですけどね。

ちなみに女子シングルで注目してるのは、ロシアのラジオノワ選手とフィンランドのトゥルッキラ選手ですね。ラジオノワ選手は有望株らしく、どこまでやれるのか…というところ。トゥルッキラ選手はフィンランドのオリンピック出場権がかかってるのでちょっと注目。本来はここにコルピ選手だったわけなんですが、彼女は怪我で欠場。そしてそこに安藤選手が招待という形で滑り込んだ…ということらしいですが。

安藤選手に関しては応援してるか、と言われれば「いまいち」としか言い様がないですが、3人娘に思い入れが強いのでね、ですがここまで戻してきたのには素直に感嘆します。出産半年ですよ?そこだけは本当にすごいと思うね。

男子シングルは出場枠の話なども交えて別枠で話したいので割愛。

ペアは日本から高橋なるみ・木原龍一組が出場しています。アイスダンスはキャシー・リード/クリス・リード組が出場。この2組はこの大会で五輪出場権をかけて争うことになります。
そしてこの2組が出場権を取れるかどうかが、まず団体戦出場の第一関門になるわけです。この2組のどちらかが五輪出場権を決める。
男女シングル・ペアアイスダンス各1組の、GPFまでの1大会最大獲得ポイントの合計で上位10カ国に入る。
もしペアが出場権を獲得してポイント合計で上位10カ国に入った場合、アイスダンスもミニマムスコアさえクリアしていれば団体戦に出場できる。

ということらしいですが、頭が混乱してきますね。細かい規約を見るともっと混乱してきます。
要するにペアとアイスダンスに注目せよ!ということを言いたいだけなんですが…。

この文体で書くの疲れたんでちょっとここからもっと自然に書きます。やっぱり真面目に書くの疲れちゃう!

個人の出場権獲得については応援してますが、ぶっちゃけ団体戦は……と思うのは私だけか?と国別に行ったことのある私が言ってみる。冬季の五輪は夏季の五輪と違い競技数が少ないので、競技を増やす傾向があるようなことを聞いたことがあります。まあそれはそれで構いやしませんが、フィギュアの団体ってさあ…とか突っ込みたくなるね。

金メダルが有力なのはやっぱカナダか?と思いつつ、ちょっと女子シングルが弱いしな!だし、アメリカか?と思いつつ、男子シングルがちょっと弱いしな!とか思うし。ロシアが案外目玉なのか?しかしな…となるし、こうしてみるとちょっと読めなくて面白いかもしんない。

いいんじゃないでしょうか団体戦!と言いたいが、とりあえずネーベルホルン杯の結果を待ってみようと思います。明日は男子シングルを偵察だぜ…ふふ…。














テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(一般)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


真央ちゃん誕生日おめでとう!
真央ちゃん誕生日おめでとう!
真央ちゃん誕生日おめでとう!

全国もしくは世界でどれだけの人々がこの言葉を今日言ったことでしょうね。
無駄に想像力が豊かな私はついつい自分に置き換えるわけですよ。

「私の誕生日っていつも仕事なんだよねwww」
「っつーかあんなに人数いるのにみんなスルーなんだぜ、職場の連中www」
「事務の子だけだな!おめでとう!って言って記念品渡してくれるの」

あんた嫌われてんじゃないの?とか思われてそうですねwww否定はできませんがwww今日もひとしきり怒りまくったところですし…ですがまあ大なり小なりみんなこんな感じです。っつーかまず自分が人の誕生日に興味ないから文句言えんわな。

「ああ今月誕生日だったんだーいくつになったの?」

とか会話をすることはあっても「おめでとう」まで言うことがまずないね。大人になるって無関心になることなのかしら…?切ないわー。

そんな中で今日いくつもの「誕生日おめでとう」をもらったであろう真央ちゃん。今日が誕生日なの初めて知った。
っていうか羽生くん以外の誕生日知らんわwwwあんだけランビランビ言ってて知らんwwwあっこちゃんあっこちゃん言ってて知らんwwwやっべえwwwスケオタ失格っすか、これwww

しかしさすがに全員網羅はできねーぞ。どっかに一覧表ありそうですけど、絶対誰か作ってるだろ。でもなー羽生くんならともかく、他の面子までお誕生日おめでとう更新なんてできないわー。

あ…こういうときのためにツイッターがあるのねwwwどうしようかなあ、今完全に情報収集用になってるからな、ブログに連動させてつぶやこうか…。でも面倒くせえなあ…。あー面倒くせえなあ…。でもなあ…。



当初の予定と違って何が書きたいんだか分からない記事になってしまったwww眠いせいかなwww










テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(一般)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


アマゾンたんでカレンダーランキングを見ていたら、羽生くんカレンダーはアスリートカレンダーの中では第二位の順位でした。第一位は不動のあのお方。


内田篤人 2014カレンダー内田篤人 2014カレンダー
(2013/11/02)
INC. ©J. LEAGUE PHOTOS

商品詳細を見る


スーツは男の戦闘服!
ユニフォームはアスリートの戦闘服!
華やか衣装はフィギュアスケート男子の戦闘服!

ま…華やかじゃない方もいますがねwww羽生くんは相当華やかな方で私は嬉しいよ!見ごたえありますからね!
野球・サッカーではビジター(アウェー)・ホームで違うくらいがせいぜいですから。下手したら何年も変わらなかったりしてwwwサッカーはW杯ごとに変わってるのかな、確か。まあいずれにしても頻度が少なすぎですね。所属チームのはさすがに載せられないだろうしな。
そんな中でカレンダーにするにはちょっと大変。表情やプレーだけで変化をつけるしかないわけですから。でも2ヶ月くくりなら表紙と来年バージョン含めて8枚で済むのか。これは野球・サッカーでは我慢するがいっそフィギュアはひと月くくりにしなさい。やる気になればもっといけるじゃないか、とはっぱをかけたいレベル。そうですよ、コラボ衣装とかショーでのOP衣装とか合わせれば膨大な数だぜえええええ!!もっと本気を出してもいいと思うの!っていうか出せやコラァ!!

とか買うかどうか迷ってる分際で言ってみたりする。

しかしさすがに商売人は抜かりはないね…。内田篤人というコンテンツをこれだけで済ませる気はさらさらないわけですよ。
実は内田篤人カレンダーには別バージョンがあった!!


内田篤人 等身大ポスター・カレンダー 2014 (講談社カレンダー)内田篤人 等身大ポスター・カレンダー 2014 (講談社カレンダー)
(2013/11/08)
内田 篤人

商品詳細を見る


誰やねんこれ。こんな俳優いましたか?と思わずお伺いをたてたいレベルだわwwwサッカーに明るくない人にこれ見せたらアスリートなんて絶対わからんわよwwwうっちーが格好いいのは知ってるけど、あたしゃ色々突っ込みたいよ…。
だがこれだけでは終わらない!!


内田篤人 卓上カレンダー 2014 (講談社カレンダー)内田篤人 卓上カレンダー 2014 (講談社カレンダー)
(2013/11/08)
内田 篤人

商品詳細を見る



このタレントさんはどちら様でいらっしゃるの?とお伺いをたてたいレベルだわ、これもwww
まあサッカーボール持ってるからまだマシかしら!しかしこれが一番売れ行きがよかった件。
そのことに関してはつっこみません。あちらのカテゴリにはあちらの事情がございますでしょうからね、羽生カレンダーも卓上だったら即買いだったんだけどな~と、そこの部分だけを羨ましがって終わりにしときましょう。

さてここからこちらのカテゴリに話を戻しまして、もし羽生結弦カレンダーに上のような

「こんなアイドルいたかしら」

と本来の姿を想像できないような、スーツ姿やらパジャマ姿やらちょっとコスプレ☆みたいな画像が満載だったら果たして買うのか!?ということですよ!

私は買いません。っつーか普通に引きます。

「はァ?あんた普段から萌え萌え言ってんじゃん」

とか思った方!そんなのネタだから!可愛いのは確かだけどそんなのネタだから!
フィギュアスケートあっての羽生くんです!だからファンなんですよ!フィギュアのフィの字もないカレンダーなんていらねーや!

まあさすがにそれはないだろうと思いたいですがね、でも実際発売決定されたらスルーすると思うわwwwたぶん購入派を敵に回すような毒吐きしかねんのでwww

うっちーもなー、私は外見よりインタビューとかからダダ漏れのあのマイペースな感じと、割と泥臭いプレーとか、そういうとこが好きなんでなあ…。

羽生くん?羽生くんは演技もさることながら可愛いじゃないですか!美しいじゃないですか!(氷上限定)じゃなかったらカレンダー買おうかしら…とか迷わないですよ!落合さんとか昌さんのカレンダー欲しいとは思わないもの!


…。
…。
…。



いろいろとほこたてしてきたんで突っ込まれないうちに終わりにしときますわwww













人気ブログランキングへ


テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(羽生結弦)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


少し前、アマゾンたんがメールをよこしました。

「あのね、カレンダー欲しくない…?えっと、可愛いカレンダーとか…そうだ!羽生結弦くんのカレンダーもあるんだけど…」

とまあ最初はこんな遠慮がちな感じだったんですが、私がスルーして削除したら少し豹変したんですよね。

「あんた、羽生結弦カレンダー欲しいんでしょ!?わかってんのよ!!」

みたいな。
しかしそれ以来パタっと来なくなりました。他のやつをポチるためにアマゾンたんを訪ねたら、一時的に在庫切れのようですね。ふ…アマゾンたんったらほんと調子がいいんだから☆

で。

結論で言うとまだ買ってないですwwwいやー欲しいんですよお。写真が神!という話も聞いてるんで、そしてちょっとサンプル画像を引っ張ってきたんですが。※画像はサムネイルになります。

blog13-9-19-4.jpg

確かに神!
こっ、これを、部屋に…部屋の壁には…はるとか…!玄関開けて真正面の壁にはったら、羽生くんがお出迎えしてくださるわけですね…!

「ああ疲れたー」
「くそっ!むかつく、あの野郎…!」
「ちったあ、仕事しろ!○かが!」
「やめてやる!あんな会社!」
「ふぁっ○!ふぁっ○!」

とかデスオーラ漂わせて帰宅した私を羽生くんがお出迎えしてくださるわけですね…!そりゃ癒されること限りない!

「ごめんね、羽生くん」←別に謝る必要はない
「ちょっと苛立ってただけなの…」←別に言い訳する必要はない
「許してくれる…?」←別に許しを乞う必要はない

一人ツッコミも甚だしいですが、まあササクレだった心を癒す効果はありそうです。まあ演技を観るのが一番なんですが、写真をみるたびに

「ああそうだわ、GPFは大変だったよね」
「世界選手権だって…」
「あのときの羽生くんに比べれば」
「これくらい大したことはないよね」

とか自己反省もできることでしょう。カレンダーの使い方を完璧に間違ってる気がしますが、うまく使えるならばそれでいいのです。
というのもですね…私がカレンダーを買うことを躊躇している理由というのは、実はまあ…その…カレンダーを有効活用したことがほとんどないからであります。

卓上ならいいんですよ。壁掛けは…うん、今も、去年の、カレンダー、そのままだったり、するんで…!
カレンダーは無印良品のミニミニ卓上カレンダーで十分だったりするんですよね。

私は今までも数多くのはまりものを作ってきました…。まあそれはヴィジュアル系からゲーム、アニメとさまざまですが、今もその記念品がそこらに転がってたりします。これが使えるものならばまだいいのです。中には「これどうすっぺwww」「うわ…ムダムダムダムダァ!」とかいうものもあったりします。

ですから私は決めているのです。必要な消耗品以外は買わんと…!一時の情熱には踊らされんと…!だがDVDは絶対買うと…!

カレンダーというのは無難っちゃあ無難ですが、先程も上で白状しているとおり去年のカレンダーがそのままの分際で本当に必要なのかと。美しい羽生くんを毎日帰宅一番で見たいと!そんな間違った用途のためにカレンダーを買っていいのか!?後悔しないか!?表紙のノートルダムのままで一年過ごすはめにならないか!?

自問自答は続きます。とりあえず在庫切れのようなので、もう少し悩むことにします。










人気ブログランキングへ















テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(羽生結弦)
  2. / trackback:0
  3. / comment:2


最近なんかツイッターからネタ持ってくるのが多いな!とひとりで突っ込んでみる。時間がないときの小ネタには手軽なのよね…。
というわけで、ある日の中村健人さんのツイート。



クリケットがポケモンに汚染されたか……!

羽生ファンは羽生くんが広めたのかしら!とワクテカするような内容ですが、さて真偽は謎ですね。そもそも羽生くんが元ならもっと早く広まっててもいいような気がするんだがね…。
それに家で黙々とひとりでやってるようなゲームを好む感じがしてならない。なんとなく、ええあくまで個人的な見解でございます。

まあ別に羽生くんがポケモンやってても特に違和感はない。プーさんを抱っこしてても違和感ないんだぞ、ポケモンやってるくらい通常装備。問題はハビさん。

blog139-19-1.jpg   +   blog13-9-19-2.jpg

どうしよう…キスクラでピカチュウのぬいぐるみ抱いてたら…。
シュールゥ!シュールゥ!シュールストレミングゥ!
と思ったが案外彼がぬいぐるみを抱いてるのは通常装備だった…問題なかったな!

blog13-9-19-3.jpg

ところでハビさんがフィギュアを始めたのは、羽生くんと同じくお姉さまの影響らしいです。こういう共通点があると仲良くなるのもわかるわーと思ったり。












人気ブログランキングへ







テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(一般)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


先日の旅博の記事でANAブースにはさすがに羽生くんのパネルとかはなかったわよ!とか書いていたわけですが(2013旅博レポート)、なんと同じ会場では正々堂々とこんなことが行われていた!



美しいコルピたんを表紙にした特別紙……!釣る気マンマンやんけえええええ!!!
ちなみに彼女はフィギュアスケート女子シングルのフィンランド選手です。念のため。フィンランドブースは割と混んでいたのでほぼスルーだったのですが、こんなものを配っていたとは……。

使えるものはなんでも使う!

というフィンエアーの心の声を聞いた気がしたんだぜ…。フィンランドではすごく人気があるって聞いたので、まあこれだけ美しければ無理もないですが…というかモデルとしても活躍してるみたいなので、特に驚くことではないのかもしれない。

だからANAの機内誌がいつか羽生くん表紙になってもおかしくないと思うのね!

要するにこれが言いたかったんですがね。でもどうなんだろーなー、所属って形になってますからね…イメージキャラクターとかじゃないから。自社所属の社員を表紙に飾るとかしないと思うのね。
でも宣伝効果狙ってスポンサードしたんだったら、ここは割り切ってやっちゃってもいいと思うの!特に無事にソチ出場を果たして、メダル取っちゃったりとかしたら全然問題ないと思うの!

表紙+羽生特集やっちゃってもいいのよ!もしやってくれたらJAL派な私だけど、来年1年くらいはANA使ってあげてもよくってよ!釣られちゃってあげるわよ!

え?一人じゃ足しになりませんか、そうですか…。







人気ブログランキングへ



テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(一般)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


今日、衝撃的な事実を知ってしまった…。
あたしの情熱は羽生くん一人だけに向けられていると…そう信じていたんです。でも…でも…今日、その情熱が違う人へ向けられてしまったの……!!

これはきっと吊り橋効果に近いのかもしれない。ううん、ちょっと違う。困難であればあるほど萌える…!違う!燃えてしまった…ってただそれだけなのかもしれない。

今日の朝、久しぶりに朝のニュースをつけて台風情報を追いました。次から次へともたらされる台風の被害。そしてあたしにとって恐怖の情報が…!

総武線全線運転見合わせ!

どうすればいいの!ここからは総武線じゃないと行けないわ…!
とりあえずツイッターの情報を追い、そこで開演時間を遅らせる方向で検討しているとのこと…。でも…台風が関東を通過するのはお昼頃…。そしてここからは最短で1時間はかかる…。

途方に暮れました。頭の片隅で悪魔がささやきます。

「諦めなさい…」
「電車が動いてないんじゃどうしようもないでしょう…?」
「空席ができるとか気にしなくていいのよ…」
「あなたはよくやったわ…仕方ないわ…自然災害には勝てないんですもの…」
「さ…下のカフェでお茶でもしましょ…」
「羽生くんを見ながら…ね…?」


かなりよろめきました…。正直…かなり…。でも、こんなツイートを見つけてしまった…。




行けるの!?ヒロくんとシゲくんに会いに行けるの!?
そうよ!最短距離で行こうとするからだめなんだわ!遠回りでもいいから、ここから上野を回るんじゃかなり遠回りだけど、そうよ!諦めちゃダメ!方法はいくらでもあるんだわ!

台風なんかにヒロくんとあたしは引き裂けないわ!待ってて!今行くわーーーーーー!

そこからは上野まで乗り換え乗り換え乗り換えの嵐…。そして上野から京成上野に移動し…すると京成もやはり電車は遅れているよう。駅員さんに一番早いのはどこかを聞き、無事に京成上野を出発しました。1度の乗り換えを経て千葉中央駅に到着。ダッシュで階段を降り、タクシーに飛び乗ります。
この時点で時計は15時を回っていました。タクシーで移動するあいだもツイッターを追います。もしかして…もう少し遅らせてくれているかもしれないと希望を持ちながら…。

ですがそのような都合のいい情報ただのひとつもなく、15分過ぎに千葉文化会館に到着しました…。扉から入ろうとすると拍手を受け止めて登壇するヒロくんの姿が…!

よかった!間に合ったわ!よかった!なんとかギリギリ…!!
もちろんそのままヒロくんのお話を楽しんだけど、ちょっと驚いているんです…。あたし、最愛は羽生くんだと思っていたけれど…他の男性にもこれほどの情熱を発揮できるんだわ…って。
これって浮気なの…?それとも本気なの…?自分で自分の心がわからないわ。ただ一つ分かるのは紛れもなく、今日のあたしの情熱は全てヒロくんに注がれていた、ということだけ…。

え?ヒロくんって誰かって?

落合博満前中日ドラゴンズ監督ですが、何か?

まあおふざけはこの辺でやめましょうかねwwwキモいwww自分で書いててキモいwww自分でよくわかってるからお願いですから「キモい」とかコメントしないでくださいねwww
さすがにここからは落合さんと呼びます。これが浅尾きゅんの話だったら最初から最後まで浅尾きゅん、拝啓から敬具まで浅尾きゅん、羊水から墓まで浅尾きゅんで通す自信はありますが、さすがに落合さんをいつまでヒロくん呼びはできませんwww

上の話ですがもちろんノンフィクションです。いやー頑張った!本当に頑張りました!少し東京の路線図に明るくなった気がします。うまくいけばこういう経験って得難いですよね、うまくいけばねwww

さて前置きが(また)長くなってしまったので、詳細は続きからにしましょう。大丈夫!少しは真面目にやります!




  1. イベントレポート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


台風直撃でどうなることかと思いましたがなんとか無事に行ってくることができました、ビッグサイトです。

blog13-9-15-1.jpg

晴れてくれてよかったですう~~。ですが実はこちらはついででして、明日は(私にとって)本イベントがあるんですよ。こっちの方がよっぽどやばいwwwが、こちらの心配は明日起きてからすることにしまして、まずはこちらのレポートを進めますか。

blog13-9-15-2.jpg

私は前売りでチケットをとったんですが、っていうかそれで正解。チケット売り場は超混雑してました。私が目撃した限りで3箇所は売り場があったんですが、どこも混んでいました。まさか入場するのに並ぶんじゃないんだろうな…と思ったら、さすがにそれはなかったのでよかった。

そして中に入りますが中も超混みねwまあ歩けねーってほどじゃあない。中はヨーロッパとか中東とか北米とか各エリアごとに分かれており、その中でさらに国ごとに分かれています。その中で航空会社のブースとかもあります。

blog13-9-15-3.jpg

フィンエアー。他にもあるのになぜこれをチョイスするかって?そりゃあアナタ、ここは基本的にフィギュアしかも羽生くんメインのブログですから…。




ちなみにこちらのツイート見てから密かに気になってるのよ、フィンエアー。色々やってるみたいですしちょっと興味あるなあ。オーロラみたいよ、オーロラ。キノコ狩りはいいっすw

blog13-9-15-5.jpg

ついでなのでANAもw別に羽生くんの等身大パネルとかそういうのはないからご安心くださいまし。もっともそんなのあったら、「あーやだやだ釣ろうっての?」と文句言って盛大に釣られて写真を撮る。綺麗事だけじゃあ生きていけないのよ…。

blog13-9-15-4.jpg

これどこだっけ…。ブルガリアたぶんブルガリア。うん、ブルガリア…。どこの国だか見てなかったよ…。でもブルガリア。
そういえば今回ブルガリア物販なかったなあ。前はあったんだけども。というか全体的に物販が少なかったような?別のところに物販スペースがあったからだろうか。いろいろなところでやたらとコーヒーだけは振舞ってたけれども。ホテルブースも少なかった。やたらとワインの物販は多かった…。

そうやってブラブラしてパンフレットもらいまくって抱えて歩いてイランブースに行ったら、おじさまが紙袋をくれました。ありがとーおじさま。イラン色々大変だけど頑張ってね…。あとおばさまがバラの香水を塗ってくださったよ、こちらもありがとー。私の中でイラン株が急上昇!

あとイエメンブースでお茶をいただきました、苦くてちょっと刺激的な飲み物。何かに似てるんだけども、なんだったかなあ…。あとウズベキスタンブースで洋梨をいただいた。見た感じ硬そうだったからそのつもりで噛んだら、柔らかくてびっくりしたんだぜ…。たぶん面白い顔してたと思うの。

blog13-9-15-10.jpg

色合いが綺麗だったので撮ってみた。
この近くにアメリカブースがあったんですが、めっちゃ広くてスケールの大きさを感じたんだぜ…。っていうか写真撮ったつもりだったんだが本当につもりだったらしいwwwない。しかしその気合にUSAコールだ!

USA!USA!USA!

その反対に気合を感じられなかったのがフランス。フランス目当てだったのにぐるぐる回っても見つからない。あれ、と思ってパンフ確認したらねえよ!チームヨーロッパの一員として名前はあるけどな!
ちょっと!イタリアとかスペイン頑張ってるのにどういうことよ!あードイツもイギリスもなかったな!そりゃ宣伝しなくても来るだろうけど、そんなのアメリカだって同じ!少しはアメリカ見習わんかい!

USA!USA!USA!

そしてこっちも凄い気合!

blog13-9-15-7.jpg

タイ。派手wwwド派手wwwまあ寺院も派手だからwww通常運転なのかもしれないが、しかし気合ぱねェ!
そして少し恐怖を覚えたのがこちらのチラシ。

blog13-9-15-9.jpg

エジプト。おとなの女の一人旅…だ…と…。
無理無理無理ィ!!!狼の群れにうさぎが紛れ込むようなものじゃないの!そんな恐ろしいこと勧めないでくれる!外務省!!ちょっと!これ厳重注意案件やんけえ!仕事してよ!
とかぶるってたら、よく見たら「映画で行く」って前置きがあったわね…。中身見たら映画の宣伝でした、あー怖かった。
エジプトは今ちょっと行ける状態じゃないですものね。まあ1回行ったのでいいです。見事に下痢ピーになって死にそうになったのでもう行けないっす。無理っす。本当にすごかったんだから!あんなの初めてよ!こんな初体験いらなかったわよ!

個人的に行きたいのはやっぱトルコ・ギリシャ・北欧・中東(無理だろうけど)・中欧(プラハとかね)・中国の九寨溝とかもいいけれど…高山病が…絶対なると思うの。だってペルーで見事になったから…。あーあとカナダの東側!モントオールとか!秋のメープル街道行きたいなあ!
まだまだ行きたいところはいっぱいありますが、とりあえずちょっとお預け状態ですね。今は羽生くんに全金力を傾けてるから…いや、そこまではいってないな…8割くらいかしらね。
ちなみに本日の戦利品↓

blog13-9-15-8.jpg

そこはかとなく好みが表れとるなwスタンプラリーとかもやってたけれど、私はやっておりません。だってスタンプ押すのに並ぶんだもの!そこまでしてやるもんじゃないわよ!というのが個人的見解です。

さあて、あとは明日だ明日!
明日…電車…動いてね…お願いだから…。













  1. イベントレポート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0



9月某日。関東のどこか。


「審議を始める」
「議題は」
「羽生結弦が博報堂のアスリートイメージ調査の「爽やかなアスリート」で第5位に入った」

ざわ…ざわ…。

「なんと…」
「それは…しかし…」
「うむ。確かにあくまで”イメージ”ということならば…だが…」
「ああ、だが…あまりにも…」
「そもそも爽やかの意味とは…そこから始めねばなるまい。そこの君、答えたまえ」
「は。爽やか…とは1 気分が晴れ晴れとして快いさま。さっぱりとして気持ちがよいさま。」「2 はっきりとしていて聞きやすいさま。」「3 思い切りのよいさま。」「4 きれいで鮮やかなさま」goo辞書より引用)となっております」
「…」
「…」
「…」
問題ありませんな」
「うむ、案外問題はない」
「ぴったりである」
「かけ離れているような気がしたが」
「さっぱりしてそうですし」
「ねちっこくはなさそうじゃ」
「はっきりしていますからな」
「もう少しオブラートに包んでも良いとたまに思う」
「思い切りは良いですな!」
「ブレーキを設置したくはなりますなあ」
「きれいで鮮やか…ま、これは…」
「イメージではありますが、ま、雰囲気はありますな」
「では皆さん、この度の議題「羽生結弦が博報堂のアスリートイメージ調査の「爽やかなアスリート」で第5位」これは是か否か…審議は…」
「是!」
「是!」
「是である」
「是じゃ」
「是です」
「満場一致で是のようですね。もう少しもめるかと思いましたが、どうやらスムーズに議決できたようです」





羽生結弦さんは爽やかなアスリートで問題なし!











テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(羽生結弦)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


昨日の日経に載っていたようですが、今日も載っていました。以下↓

五輪で最高の演技を 羽生、3伯楽と充実の日々

昨日の記事と違うのかよくわからないんですが、なんか拾った情報と一致しているような気もするし…???って感じですが、4ページに渡った特集記事で、あ、コラムですね、コラム。まあいずれにしても読み応えがあります。

良かったわ、報われたぜ…。

え?いやー昨日この情報を拾って会社帰りに買ってこうかーとか思ってたんですが、見事になかったのですよ。読売・朝日・産経・毎日はみた。東京新聞もみた。スポーツ新聞に至ってはおそらく全紙見たと思う。だが日経だけがないのだ…!

いつだったかも求めるものだけなかったわねー。この界隈に羽生ファンが大勢いて軒並み買ってるってこたーないだろう、いくらなんでもwww

んで昨日は寝こけたので、本日の朝、会員登録して読もうかなーと思ったら、この記事に遭遇したわけです。いやーよかったよかった!

実は前から日経定期購読しようかどうしようか迷ってるんですよね、もっともあんまり新聞読んでる時間ないんだけれどwはてネットの有料会員になったほうがいいのかとか悩んでます。今朝の記事で余計に悩みが深くなった。

しかしこれから出かけねばならないのでもう少し悩むことにします。とりあえずこういう記事があったよーってご報告まで。

テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(羽生結弦)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


続々!なんてことにならないように祈ります…。こればかりは書いてみないと分からない…。

前回の続きです。

ブライアン・オーサーについて

羽「精神的なものをコントロールする、そういうところがすごくうまいです。」



技術的なものはもちろん…という前フリがあってのセリフ。クリケットを選んだのは切磋琢磨できるライバルがいること。そういうライバルを鍛え上げたコーチがいること。この2点で選んだということ…。
ところでこれお録音してあるんですけど、途中ちょっと切れちゃってんでるんですよねー!どうせなら違うところで切れればいいものを……!完全版を聞かねばならぬ。
このライバルというのはもちろんハビエル・フェルナンデスのことだよね…。なんか頑なに…かどうかは知りませんが名前出さなかったけど。まあ言わなくても分かりますがw

メンタル面のコントロールがうまい…というのはなんとなくわかる気がしますが…。その選手にとって何が必要か、というのをすごく理解してくれる感じのコーチな気がする…。ハビはもうね…性格よすぎて困るわー。なんかおっとりしてる感じwwwマイペースというか、割と羽生くんも反対方向にマイペースな感じなので釣り合い取れてるんだと思います。羽生くんタイプがもうひとりいたら多分無理だったろーなーとは思います、ハイ。

葉「練習できることの何%くらいが本番で発揮できると思ってますか?」
羽「僕の理論は練習で120%なんですよ。で、本番で100でいける」
葉「そうだよね」
羽「本番は80%でいいだとか、そういう風に言われることもあるんですけれども、僕は本番で100%出さなきゃ意味がないと思うんですよ。だけれども練習でも100%つっちゃ成長がないじゃないですか。その100%が限界なのであって。その限界を超えることが練習だと思うんですよね。その限界をどんどんどんどん超えてって、で、その限界値をただ本番で出せばいい」




熱い…!熱風が吹き荒れとる……!
「羽生結弦練習理論で荒ぶる」このまま記事のタイトルにしてもいいくらいだ。
そりゃあ練習が全てですもんね…。二人とも話していましたが、ガムシャラにやればいいってものじゃない。でも練習は必要で、しかし時間は有限。ということは効率よく効果ある練習をしなければいけないわけで、熱く語ってしまうわけはよく分かります。
でも仙台でいた頃はあまり時間が取れなかったということもあって、そういう経験がすごく逆に生きてると思う。というか、だからこそこういう「いかに効率よく効果的に練習をするか」ということに熱くなるのか…。練習できる時間があまりなかったから、その時間内に何をしようかっって考えるものね。
若いうちの苦労は買ってでもしろって言いますがつくづくそれを体現していますねえ。
でも18歳だよね?やだ…本当に怖いわ、この18歳。

葉「トロントにいるときはどんな一日なんですか?」
羽「僕、インドア派なんですよ。すっごい。~中略~僕の中でゲームするっていうのが凄い大事なんで」



やっぱ息抜きはゲームなのね。しかも凄い大事ときた。でもそういうリラックスの時間って大事ですよお。傍から見ればどんなに無駄なこととかでも本人にとってはすごく大事なんですよね。私も東京には1時間ありゃ行けるくせに、出て行く時は絶対1泊以上は泊まったりします。傍から見ればお金の無駄かもしれないけれど、大事なリラックスタイムなんですよね、私にとって。こういうときも過ごさないと欝になっちゃうわ。
それにしても最近ゲームはご無沙汰なんですけどしたくなってきたなー。やろうかしらね、乙女ゲーだけど。

羽「ナイアガラもすごくトロントから近いと思うんですけれども、1年たってるんですけれど行ってないんですよ」



葉加瀬さんもこの後言ってましたが近くにあると思うとそんなもんですよねえ。特に観光地とかだとそうだったりすると思う。ジモティー(死語?)からすれば「はあ?あそこのどこがいいの?」ってなることもあると思うんですよ。案外ナイアガラの近くのジモティーは、

「ナイアガラ?ただの滝じゃない、大きいだけで」
「そうそう。別になーんも変わんない」
「もっといいところがあるよね」
「観光客に紛れて自殺者が来るのはまいっちゃう」
「っていうかうるせーし」
「まあお金落としてくれるならいいんじゃない?」

などというアサヒ生ビールな会話を交わしてるかもしれない…。アサヒはスーパードライなんだぜ!
羽生くんは英語が…なのでお外にはあまり出てない、ということ。ということはいくら近いナイアガラとは言っても、一人では行くのは案外困難かもしれない。そこで地元の友達とかに…

「ナイアガラってさ近いよな。行ってみたいんだけど」

とか例えば言ったとしても。

「えー?行ってどうすんだよ」
「行くだけでいいんだって!」
「わざわざ行くところじゃないって。それよりこっちがいいよ!」
「へー」
「ナイアガラ行くならこっちがいいって。どうせ近いからいつでも行けるし、先にこっち行こうぜ!」

とかいう会話を交わしててもおかしくない。ジモティーほど地元の観光地に対する視線は冷たいからな!そしてもっといいところを知っている率も高い!
まあ、ナイアガラ観光経験者の意見としては、まあ…1回行けば十分じゃないかと…拠点を替える前に一度行っておけばいいと思います。何度も行くところじゃないwwwまあ楽しかったけどwww滝壺には行っておいてね!

羽「今度試合でパリに行くんでノートルダム大聖堂には行ってみたいな、と自分の中では思ってます



ちょ…そんなこと言っちゃったら、ノートルダム大聖堂の周りをうろつく日本人がなんかたくさん…とかいう事態になっちゃったりとか…。
まあそうじゃなくても混んでるんで大丈夫かw

せっかくなので画像をどうぞ。10月21日からの旅行だったので大体季節的にもあってるかな?あー私もパリ行きてー。パリは最高だったんだ…。
画像はサムネイルです。クリックすれば大きな画像が出ます。

blog13-9-9-1.jpg

外観。
まあ上の画像を見ればお分かりかと思いますが混んでますw

blog13-9-9-2.jpg


ちょっと嬉しかったのでw

blog13-9-9-3.jpg

日曜日だったのでミサの真っ最中でした。しかしこの状態でもわんさか観光客はいるという…。そして写真を撮っているという……。まあもう慣れっこなんでしょうけどw

blog13-9-9-4.jpg

ノートルダム大聖堂のあるシテ島とパリ本土の市街地をつなぐ橋。
ひゃー懐かしい。3年前のでした、これ。3年前までは毎年海外旅行に行っていたんですよね。まあ今はその金をフィギュアにつぎ込んでるわけですがwww

我々は観光目的で行っているわけですが、羽生くんは試合目的で行ってるわけですもんね。そりゃな色々な国に行ってても観光はなかなかできませんよね。行けるといいですね~、ノートルダム大聖堂。エッフェル塔には興味ないのかしらw

葉「日本人は米食ってなんぼでしょ」
羽「トロントでコシヒカリ炊いてます」



日本は世界一!とか言ってたけどほんと誇張じゃなくてそう思うよ…。海外行くと本当にそう思います。三日も経つと味噌汁飲みたくなる。ミソスープでもこの際許す。日本食万歳!コンビニ万歳!トイレ万歳!
ところでひとめぼれじゃなくてコシヒカリなのね、羽生くん。

葉「生だと凄い迫力だよね」



それは私も凄い思ったな~!一番最初のアイスショー行ったとき、高橋先輩の着氷の音にすっごいびっくりした。ドン!ってそ、そんなに音するの?とか思ったんですが、殿の着氷はあんまり音しなくて、猫脚着氷って言われてるわけがよく分かりました。念の為に言っておきますが先輩をディスってるわけじゃないですからね!過敏反応しないようにね!
会場じゃないと分からないことがるって羽生くん言ってましたが、ほんとその通りだなーとそして現地観戦にはまってしまうのね。テレビはテレビでやっぱり面白いんですけどねー。

「リンクの氷の状態っていうのが全く違いますね。柔らかかったり、硬かったり」
葉「はー」
羽「表面だけ柔らかかったりとか、あとは特設会場なんかだと特にですけれども、体育館の上に作ったりすると、氷を張ったばかりなんですよね。するとしまってないっていう感覚がよくあったりします」
葉「はー」


葉加瀬さんの反応が面白いwwwめっちゃ聞き上手ですよね。これだけ反応してくれると喋ってる方も楽しいだろうねえ。そりゃ大体は台本で決まってるだろうけど、細かい反応まではさすがに指図されてないだろうからな。

さてやっぱり氷のコンディションにも割と左右されるらしいですね。ちなみにPチャンは日本と色々相性がよくなかったりしますよね。あとはソチで行われたGPF。ここはもろに影響を受けてた気もしますがどうでしょう?
あと、水にも軟水とか硬水とかあったりするじゃないですか。水の質とかはどうなのかな…とかも思いますね。って思ったらその次で喋ってたwww

羽「水の質の感覚も相当ある」
葉「そうだよね。水が違えば凍り方変わるもんね」
羽「はい。そこに合わすしかないんですけれども。だからこそわがままを言いたくないっていうか。自分の実力をしっかり高めていきたいっていう風に考えます」



これすっごい同感なのね。

別にスポーツに限った話じゃなくて、環境に左右されるって結局それだけのものしかないってことなんじゃないかと自分は思うんですよ。これが違うから、あれが違うから、とかそういう言い訳する前に、それに合わせる対応力を見につけろよっていうね。スポーツに言い換えればそれが実力とか技術になるわけですけれども。
おーい、聞いてる?サッカー日本代表のみなさーん。デコボコピッチにもいい加減慣れようぜ!

羽「本番始まる前に6分間練習っていうのがあって、6分間全力でやるんですよ」
葉「体温める?」
羽「はい。で確認したいものがたくさんあって、僕らジャンプが6種類あるんですよ。ジャンプの他にもスピンだtかステップだとか色々やらなきゃいけないんで、そう考えるとジャンプに使える時間が5分間くらいしかないんです。で本番がはじめの方だとすると、休む時間がないんで、すると4分間しか使えないんですよ。ってなるとすっごい大変ですね」



一般的には2番目か3番目がいい…らしい…。個人的には3番目がよさそうだなーとか思ったり。去年は最終滑走引きまくったね…羽生くん。今季はそれらが懐かしい思い出になるような順で滑れればいいねえ。

葉「さあて今年の冬、ロシアのソチ!」
羽「はい。やっぱりソチオリンピックっていうのが大きいんで、自分の中では。オリンピックっていうのはちっちゃい頃っからの自分の夢だったんで、その夢を叶えるためにものすごく頑張ってきたと思うんで、本当に出たいなって思ってますし、そこでいい成績がとれればって思ってます」
~中略~
羽「今の日本男子、激アツなんで。3人しか行けないかって思いますね」
~中略~
羽「あまりオリンピックだけに捕らわれずに一つ一つ全力でやりたいなって僕は思ってます」



ほんとファンは大変よ…。すごいよ…修羅と羅刹がわんさかよ…。
有力候補が6人だもんなあ…。GPSが始まったらもっとすごいだろうね。まあファンは信じて応援するしかないわけですが。
しかし最後のセリフに若さが滲み出ておるwwwいいなあ若いって。自分も確かに若い時があったわけなんですけど、もう忘れちゃったよ…そんな若さなんて…(遠い目)。











終わったどー!
危ない危ない途中でくじけて3記事目行きそうになりました!なんとか2つで終わらせてやったぜ!最後の方若干手抜きがにじみ出ててる気がしますが、キニシナイ。


それもこれも羽生くんの話が面白いから悪いのよ!まあ本人もさることながら葉加瀬さんの聞き上手っぷりが、こういう面白い会話になったのかもしれないな。聞き上手フリ上手だと会話弾むもんね。いやーいろいろ興味深く楽しませていただきました。
しかし記事に起こすのは大変でした!これでも相当抜粋してるんですが!半分くらいですよ、たぶん。
はーなんだろう…このひと仕事終えた充実感よ…まだまだ書きたいことが控えてるのにね。
明日はスポーツ男子が来るし…。

あれ、密林の商品検索反応しないんだけど、使えねーな!んもう、面倒くせーな、じゃ終わり!

ここまで読んでくださった皆さんお疲れ様でしたー!!










人気ブログランキングへ









テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(羽生結弦)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


2020東京五輪決定しましたね~。発表の瞬間はジリジリしてました。もっとも仕事始めの時間だったので、スポナビの実況を追うのが精一杯でしたが。テレビで見たかったかな。

とはいえ冬季ほど興味はないんですけれども、決まれば決まったでやっぱり嬉しいし、見に行こうかな~とも思っています。しかし普段でも東京は混んでるというのに、この期間はもっと凄まじそうだが…いかに東京といえどもこの時期はさすがに宿確保が難しそうだなーとかまだ先の話なのに考えてたりw

個人的にはイスタンブールかなと思ってたんですけど。イスタンブールは大変魅力的な都市!一度でいいから行ってみたい都市の一つです。ただ色々タイミングが悪かったな…。中東圏はなかなか難しい。でもこの地域で初開催するとしたらトルコ以外は考えられないので、次回もまた頑張ってほしいものです。あーでも次回はパリが有力みたいですね。じゃ、その次…うーん、でもその次はアメリカっぽいな…。色々思惑が絡むから難しいね。

それにしても6月に羽生くんを見に招致応援の一環でオリンピックコンサートに行ってきましたが(2013オリンピックコンサートレポート)、そのときの記事には「どうせイスタンブールだろw」とか書いてるなwwwそのとき応援のコメントを書いて、ピンズをもらったんですがいい記念になりそうでよかったです。


blog13-9-8-1.jpg

写真ボケボケはお許しを。




テーマ : 今日の出来事    ジャンル : 日記
  1. 雑記
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

このブログのタイトルを「羽生結弦と他の何か」にした方がいいんじゃないかと思う今日この頃。一応男子シングルメインですが、他ももれなく好きなんですけどねー。なにしろ毎日更新できる環境にないんで、取捨選択していくと「羽生くんと他の何か」になってしまうのですよw

いや、しかし!まだ!まだ足りない!タイトルを変えるにはまだいまいち愛が足りない!愛より睡眠、愛より食事、愛より風呂、愛より金が勝るようじゃ、まだその資格はない!

さて、というわけで8月31日に放送されたラジオ「ANA WORLD AIR CURRENT」の感想です。とりあえず言い訳しておきますけど、やたらと遅くなったのはめちゃくちゃ長くなるからです…。レビューはもうね…極端に短くなるか極端に長くなるかどっちかなんですよ、要するに下手なの!それと同じ理由で先日発売された2冊の感想もなかなか手が出せないのであります。ぜってえ長くなるのがわかる…。

では始めますが、勇敢なチャレンジャーの方…ご武運を祈ります!くじけないで!











まずしょっぱなのストーリーに心底萎えた…。こんなんで「どっかいきたーい」「すてきー私もー」とかなるような純粋培養のお嬢さんがいるのか?「あ、これが恋なんだ…」とかなるより先にまずロックオンしてからメンバー決めるんじゃないのお?とか思っちゃう私は枯れきってるな…。小説とか漫画とかなら「ないないw」とか思いつつ読むくせに、なぜこういうのは鼻で笑うし。

それより早く羽生くん出せや。巻いて!


自分も巻くか。



さてこのラジオ、トロントまでのフライトをごいっしょします…との設定らしい…。本気で機内で収録すれば面白いのに…っていうか生で!生放送で!無理かwww国内の試合ですら生じゃねーからな、え?それとは違いますかwww

葉「えーそもそもスケートを始めたきっかけは何歳の時なんですか」
羽「僕は4歳の時から始めました。姉が家のすぐ近くのリンクで始めてて、自分、けっこうお姉ちゃん子っていうか、姉についてってて」
葉「いくつくらい離れてるの?」
羽「4歳半くらいなんですけど、姉が自転車乗ってたら僕が3輪車で追いかける(笑)そんな感情の流れでスケートをしたくてやったわけではなくて」
葉「お姉ちゃんといたかったっていうのが大きいんだ」



ここの話はすでに既出の話ですがゆづオタのスケオタからは一斉に

「姉さんグッジョブ!」
「よくぞスケートをやってくれた!」
「ある意味奇跡!」

などという感嘆の声があがったに違いない。というか一部では確かに見た。ここでお姉さまがお人形遊びをするようなお子様だったらまず起こりえなかったことですからね…。まあ羽生くんのお姉さまだから、身体能力高そうだしなー。少なくとも私が姉ならまずスケートなんぞ選ばないぞ。そういう風に考えると色々人生というか運命って不思議なもんですね。
しかし兄弟っていいですねえ。一人っ子な自分は憧れですわwそういうとけっこう「どこが?」と言われるんですが、羽生姉弟はそういうことはなさそうだな。

葉「一回もやめたいって思ったことない?」
羽「いや、僕…すっごいありますよ。あははっ!」



これは皆さんそう言うね。やめたいって思っても実際はやめないところがミソなんだろうな。思うだけですんじゃうというか。うまくいかなかったりすると「あーやめてー」「なんでこんな思いしてやってんだろ」とかそりゃ思うよね。もっとも「思うだけー」じゃないとこのクラスまであがれないだろうけれど。


葉「逆に言うとやめなかった理由もわかる?自分で明確に」
羽「今はわかりますね。結局スケートが好きでした」



スポーツ選手が実はドMなんじゃないかと思うのがこういう瞬間。

だってさ、辛くてやめたい!とか思うわけでしょ!?うまくいかなかったりとかさ!そういうのをそもそも好きだと思えるのが私には分からないわ!うまくいくから楽しいんであってうまくいかなかったら楽しくないじゃない!スキーなんて1回しかやったことなかったけどこけまくりで、もうやだ!とか思ったけどうまく滑れるようになったら「もう1回くらいやってもいいかな///」って思ったもん!

まあ世界トップレベルのお方と運動音痴の思考を合致させようって方が間違ってるんですけけどね、こういう心理ってちょっと理解できないけど、でも分析は楽しそうだな…。他のサンプルと一緒に研究してみたいです。

羽「難しいことってやればやるほど達成感っていうのがものすごくあって、それをできたとき、もちろんジャンプだとかそういうのが明確に飛べた飛べないっていうのがあると思うんですけれども、一つ一つ自分ができるようになっていく感覚がものすごく好きで、僕が一番スケートが好きな理由なんじゃないかなって思います」



できるからでしょ!?
っていうか根っこの部分で「できる!」って信じてると思うんだよね!
できる!と思ってるから頑張る→頑張ってできるようになる→達成感→やっぱスケートって好き!という正の連鎖!
やっぱできねーわ→できないと思うから諦める→やらないから一生できない→スケート?うまくできないから嫌いっていう負の連鎖!
自分は間違いなく後者です!でも私は身体能力が低いので、その判断は間違ってないと思う。そういう風に考えると、性格・能力・精神力とか色々併せ持たないと、世界トップレベルまでいかないんだろうな、とも思うわけですよ。つくづくどこかで諦めて「野球にしよ」とか思わなくてよかったです、羽生くん!

葉「誤解を恐れずに言うと、たとえばさ、ロールプレイングゲームってやつでさ、きついとこくると…燃えるじゃん」
羽「そうです、それはあります、レベルあげとか」
葉「レベルあげ、がーっとやって、そしてクリアしたときに「よっしゃあ」みたいな」



レベルあげが燃える…だ…と…。
変態よ!ここに二人も変態がいるわー!!
あんな萎えるものはねえだろうがアアアアアア!!!!特に後半LV33超えたあたりからのひたすらレベルあげなんて辛いなんてもんじゃない!もうつまんない!
戻るに戻れず、っていうか戻ってもモンスターレベル低いから足しになんないし、かといって同じとこでぐるぐるぐるぐる回るのってちょー疲れる!
短気でこらえ性のない私はついつい攻略本を見て、あと幾つでレベルあがんのかな…とか確認して「…やめよ」となるパターンがほとんどでした。
え?攻略本見なきゃいいじゃんって?最近のゲームは無駄に難しくて攻略本がないと私は無理!でもそうすると早くクリアしすぎて後半レベル足りなくなってひたすらレベルあげになってつまらなくなってやめる、というパターンに何度も突入しました。まあ馬鹿なんですけど。

いつか羽生くんに質問したいな。

「攻略本見ますか?」
「レベルあげそんなに楽しいですか?自分で変態だと思いませんか?」
「お好きなモンスターいます?」
「FFシリーズはどれが好きですか?」
「19歳になったらエロゲー解禁ですか?」

最後のはやめとこうな。
RPGをやったことあるならドラクエとFFはやったことあると思うんだけどなあ…。あーでも年齢的に…古いかwww。イメージ的に格ゲーやってそうだけど。個人的に最近はオンラインが多くてちょっとやだ。ああいうのって好きな時間に没頭してやりたいよね。

まあいずれにしてもこういうのを楽しめる変態だから、このお二人は大成できたりするのね…。変態すぎて私には理解できないけれど…好きな人を理解できないって辛いわー。
ところで誤解を恐れずにってなんの誤解でらっしゃるの?誤解なんてこれっぽっちもしてませんわよ。あなたがたふたりは変態だと正しく認識いたしました!全く誤解はしておりません!

羽「ちっちゃい頃から学芸会だとかそういうもので主人公になりたいタイプで」
葉「はははっ!けっこう目立ちたがりやだったんだ。小さい時から」
羽「はい。フィギュアスケートってあれだけ大きなリンクで一人だけで滑れるっていうのがあるじゃないですか」



サッカーだったらFWタイプかな…。でもまず選ばないね。なぜならばサッカーは一人が目立つってあんまないし。GK目立つけど、やたらとテレビで映るときは猛攻撃受けて大ピンチなときという理不尽なポジション!勝ってる時は映らず目立たず影薄い!
GKはないな。
サッカーやる羽生くんは全く想像できませんが、少なくとも羽生くんのようなメンタルならば「俺が決めてやる!」的なFWになれるだろうな。少なくともゴール前でパスはせんだろう…。ちょっとメンタルわけてあげてください。
まあ最近は代表の攻撃陣も変わってきたけれども。

羽「やっぱりそうやって自分が色々できなくなった状況を知ることによって、練習の大事さっていうか、練習がこんなに楽しかったんだなって思えることは何回かありました」


練習がしんどくて嫌い…でも…という話からこの流れですね。それにしても言葉選びのせいだろうか…内容が18歳じゃない…。「状況を知ることによって」とかめっちゃ客観的目線で語ってるやんけ。やだ…怖いわーこの18歳。サバ読んでないよね?

葉「子供の頃憧れてた選手っているんですか」
羽「エフゲニー・プルシェンコ選手ってロシアの選手なんですけれども、今年もう30過ぎてるけど、まだ今年のソチオリンピック目指すって言ってるんで、もしかしたら戦うことになるかもしれないんですけれども、ものすごく緊張の方が強いですね、はい」



ソチのときだけプル様のこと忘れて!
まるであれだなwww昔のトレンディドラマに出てくる、あれですよ。女のいる男ともにょもにょする時に「今だけは彼女のこと忘れて!」とか言うじゃないですか。なんか気分的にはあれに近いね!


ソチの女神たん「あなたがプルシェンコのこと愛してるのはわかってるの…。でも今だけは…あたしのことだけ考えて!あたしのことだけ見つめて!じゃないと…あたし…あたし…!」


いや真面目な話だからこれ。
いつかのインタにありましたよね?Pチャンにばっかり気を取られちゃったっていう話が。凄い選手だとはわかってるけれど、特に憧れというわけでもないPチャンでさえこれですからねえ…羽生ファンは恐らくそこのところも気が気でないでしょう。
まだお互い代表は決まってませんから、まあ今から心配してても仕方ないんですけどねw「ああああやっぱりいいい」なんてことにはならないことを祈るわ…。まあ忘れるなんて無理なのはわかってるんでwwwコントロールできればそれでいいんですけどね…。うーん。

プル様がジャンプで転ばない。まず失敗しない。だから音楽とスケートが途切れない。という話をしてましたが、ちょっと興味深いな…と。というのも回転不足とかエッジエラーとかあるじゃないですか。まあ、プル様は回転不足ほとんどない(らしい)し、エッジエラー喰らう率高いフリップは今は外してるらしいですが、羽生くんはフリップエラーくらっても外さないしなーとか、回転不足より回りきってからの転倒の方が点数的には高いわけで、でも見た目とかは回転不足の方がいいから、割と観客は騙されるよなーとか。そういうところはどうなんだろう…とかちょっと疑問が。
私も過去すべてのインタや発言覚えてるわけじゃないですし、知らないこともあると思うのでそういうところの話とかしてたらごめんなさい、ですが、ちょっと気になった。







ところで「くじけないで!」とか書いといて私が最初にくじけました。1回ここで切りますね。これでもかなり抜粋してるんですけどwwwなげえよ!やっぱ!
続きは別記事になります。




やだ…これ3回くらい連載になったらどうしよう…。








人気ブログランキングへ




テーマ : フィギュアスケート    ジャンル : スポーツ
  1. フィギュアスケート(羽生結弦)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0


こんにちはYUKAです☆今日はあたしを見に来てくれてありがとう!
こんなにたくさんの人たちに会えてちょっとドキドキしてるの。それに海外旅行は初めてだし!
サハ共和国って知ってる?そこがあたしの故郷。自然が豊かでとってもいいところよ、ちょっと…寒かったり暑かったりするけれど慣れちゃえば平気!日本の皆さんもぜひ遊びに来てね!もしかしたらあたしの仲間にも会えるかも!

だけど本当にみんなあたしを歓迎してくれて、YUKA…。





マンモスうれP☆








  1. イベントレポート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

雨に降られたらどうしようかと思いましたが大丈夫でした。
というわけで上野の東京都美術館に行ってきました。


blog13-9-4-2.jpg

っていうか上野公園内で迷った私です。
毎回毎回迷う迷うってネタじゃねーの?って思いの方がいらっしゃるかと思いますが、マジでネタじゃねーの?って思うような迷い方をするのが生粋の方向音痴なのです、ご理解ください。好きで迷ってるんじゃないんだよ!

というかそもそもの始まりが悪いw西洋美術館だとばっかり思ってたんです。ところがかの美術館の前に行っても、ミケさんの紹介看板しかない(ミケさんとは進撃の人ではありませんよ!)。
あれ、やばい、どこだっけ、とチケット見たら「東京都美術館」と書いてある。どこだよ、それ!?まさか六本木…とか一瞬焦りましたが「上野公園内」って書いてあった。あーよかった、はいいものの、東京都美術館は初めてです。とりあえず園内地図を頼りに歩きましたが、見事に迷いましたとさ!このくそ暑いのにwww

まあなんとか無事についたので良しとしましょう。

混んでるかなーと思っていたんですがそうでもなかった…。というか空いてましたね、正直。まあその方がいいですw皆さんマナーのよろしい方ばっかりで、少なくとも私が訪れたときは携帯鳴らす方もハイヒールをカンカン鳴らして歩く人もいなかったし(まあ下がカーペットだったから鳴らそうとしても鳴らなかったかもしれんがw)。おかげさんでじっくり観れました。(私比で)

ただ…なんとなく小粒感が否めかったなー。過去に行ったツタンカーメン展とかラファエロ展は「これ!」というメインがあったんですが、この美術展のメインはアルテミス通称「ギャビーのディアナ」らしい…。正直知らんかった。
ルーヴルには二度ほど行ったことがありますが、少なくともツアーの見学コースには入ってなかったぞwルーブルっていったらやっぱ「サモトラケのニケ」「ミロのヴィーナス」「モナ・リザ」「ルイ14世の肖像」「7月28日ー民衆を導く自由の女神」あたりがメインかと。あとはエジプト関連ですね。

もちろん悪くはないけれど、少なくとも一般大衆は釣れないだろーなwwwというお話。マニアじゃないとちょっと…。お前はどうなのよ?って。私も別にそこまでマニアじゃないです。「ルーヴル」の4文字で即ポチっただけですのでwwwでも歴史好きなので割と楽しめましたね。ケースに入ってなかった碑文とかあったので、象形文字をじっくり見てしまったwww象形文字美しいよ…象形文字最高。楔形文字も生で見た。だがあまり美しくはなかった…。美しさは象形文字がダントツなんだぜ…。

ルーヴル美術館も全部回るとしたら1日じゃとても足らないと言いますからね。私もツアーの最短コースでメインどころをざっと回っただけですので、もちろんそれはそれでいいんですが、さすがに象形文字をじーっくり眺める時間なぞないわけです。そういう意味では逆にこういう、メインどころがなかったからこそじっくりと眺めることができたという面がありますね。

何が言いたいかというと結局行ってよかったってことだ!うむ!

一つだけ文句があるとすれば…。
出口付近でアンケート用紙を渡されたのです。反射的に受け取ってしまい「しゃーねーな」と思いながら「協力してやるか…」とペンをとったわけです。
すると何やら「モニター募集」とか「フランス8日間」とかちょろっと書いてあるじゃありませんか。これはあれか!アンケートにお答えした方から抽選で…というやつかしらね、わくわく。とか思って意気揚々とアンケートにお答えし、住所を書こうとして…ふと思った。

なぜにツアーの値段が書いてあるのだろうか、と。

抽選で当たります!ならタダのはず。値段なぞ必要ない…。なんだこれは、と思ってよーーーーっく読むとこういうツアーがあってモニター募集してます!アンケートにお答えして住所を書いてくださった方にパンフレットをお届けします!ということ、らしい…。


要するに旅行会社のチラシみてーなもんじゃねーか!あぶねーだろ!紛らわしい書き方しやがって!!


別にパンフレット送られてきたからって即決定なわけじゃないが気分の問題!っていうかパリは大好きだけど、ここで行くくらいならエリック・ボンパール杯行って羽生くん観るんだよ!!そのついでにルーブル行くの!わかったか!

あ、もちろん住所氏名は書かずに投函しました、ほんとあぶねーなwww気を付けないとな…甘い話には裏がある。世の中、そんなうまい話なんて転がっていないのです…。皆さんも気をつけましょうね…。














  1. イベントレポート
  2. / trackback:0
  3. / comment:0



この前の記事の…最後のセリフ消したいな…



やっぱ必ず…とか…絶対…とかいう言葉使っちゃいけないですよね。本当消したい衝動に駆られました。しかしそんな盗んでおいて、はい!元に戻したからこれでいいでしょ!的なことはできかねる…。それに元に戻しからと言って罪悪感は消えないんだぜ…。というわけでここはすっきり謝っておく。




すみません!嘘つきました!更新できませんでした!しかもこれラジオの記事じゃありません!もう二度とこんなことしないので許してください!え?それも嘘だろって?そんなことありません!だってもう予告なんてしないもん!




すっきり☆
そこまで気にしなくても…と思われる方もいると思いますが、更新しますよーとか書いたらここに来るじゃないですか。そんな無駄な時間を使わせてしまうのが心苦しいの…。いや本当にもう予告なんてしないわ。


というわけで本記事は続きからどうぞ。








  1. フィギュアスケート(一般)
  2. / trackback:0
  3. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

神無月

Author:神無月
超にわか。記事内でジャンプの間違いをすることもしばしば。間違いは優しく指摘してくださると嬉しいです。

→ このブログについて

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ツイッター

コメント

データ取得中...

月別アーカイブ(タブ)

カウンター